【写真】花びらの数が花ごとに違う!南信州飯田「麻績の里 舞台桜」

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

花びらの数が花ごとに違う!南信州飯田「麻績の里 舞台桜」

花びらの数が花ごとに違う!南信州飯田「麻績の里 舞台桜」

南信州は桜の名木が多い地域。その中でも、樹齢約350年の「麻績の里 舞台桜」(おみのさと ぶたいざくら)は、伊那谷で最も人気の高い桜のひとつです。花をよく見ると花びらの数が花ごとに違うことに気が付きます。これは一般の桜では見られない特徴です。舞台桜は日本唯一の「半八重枝垂れ紅彼岸桜」。「半八重」と「枝垂(しだ)れる」という二重の突然変異が起こってできた貴重な桜です。

このスポットの記事をみる
トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる

- PR -