東京観光はコレ! 専門家おすすめ 外国人にも人気なスポット30選

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

東京観光はコレ! 専門家おすすめ 外国人にも人気なスポット30選

東京観光はコレ! 専門家おすすめ 外国人にも人気なスポット30選

更新日:2017/02/02 12:41

たびねす編集部 トラベルjpナビゲーター たびねす編集部

2020年東京オリンピックが近づき、外国人観光客が急増中の東京。そんな外国人にも大人気の定番観光地「浅草寺」、何かと話題のスポット「築地」、新ランドマーク「東京スカイツリー」などの見所を、旅の専門家・トラベルjp<たびねす>のナビゲーターが解説。

観光スポットが多すぎて、旅行先に迷う東京観光。今回は江戸&東京の新旧文化も体験できるおすすめ観光スポット30選をご提案します!

目次閉じる

もっと見る

東京観光で絶対行きたい新ランドマーク「東京スカイツリー」

撮街 夜人

どこから見ても絵になる東京スカイツリー。その姿を美しく収める撮影ポイントは?by 撮街 夜人

地図を見る 地図を見る

東京観光の新ランドマークといえば、高さ634メートルの「東京スカイツリー」。
展望台が2つあり、購入したチケットで入場できるのは地上350メートルの場所にある「東京スカイツリー天望デッキ」。3層に分かれていて、カフェやレストラン、観光名物のガラス床などがあります。
さらに100メートル上の「東京スカイツリー天望回廊」へ上るには、チケットを追加購入するかセット券を購入しておきましょう。最高到達点451.2メートルの「ソラカラポイント」へは、スロープ状になった回廊を歩いて向かいます。この写真の記事を見る ≫

月宮 うさ

東京観光を煌びやかに彩る「東京スカイツリー」の夕景・夜景by 月宮 うさ

地図を見る 地図を見る

東京の展望台と言えば、東京タワーや六本木ヒルズなど数多くありますが、絶対オススメの展望台はやっぱり東京スカイツリー。展望台から見える景色は、眼下に関東平野を一望できる大パノラマ!どこまでも続く街並みの向こうには、富士山の姿も望むことができます。茜色に染まってゆくビル群の風景が美しい夕方、光り輝く絶景夜景など、いつ観光に訪れても美しい景色と出会えるでしょう。この写真の記事を見る ≫

安藤 美紀

すみだ水族館「江戸リウム」がパワーアップ!〜幻想的な金魚が揺れる江戸の夏祭りも開…by 安藤 美紀

地図を見る 地図を見る

東京スカイツリーが建つのは、商業施設とオフィス施設で構成される「東京スカイツリータウン」。商業施設「東京ソラマチ」には飲食店やファッションモールの他、観光土産が購入できるお店もたくさん。プラネタリウムもあるんですよ!
子供連れでの観光なら「すみだ水族館」がおすすめ。都会らしいお洒落な展示や企画を次々と生み出している水族館なので、大人もたっぷり楽しめますよ。
この写真の記事を見る ≫

「浅草寺・雷門・仲見世通り」これぞ東京の観光名所!

安藤 美紀

「浅草寺」ここだけは押さえておきたいスポット Best5!by 安藤 美紀

地図を見る 地図を見る

浅草観光といえばやっぱり「浅草寺」。1400年の歴史を持つ見所たっぷりのお寺で、外国人観光客にも大人気の観光スポットです。

仲見世通りを歩いていくと正面に見えてくるのが「宝蔵門」。裏側に回ると500kgもある大きなわらじがありますので、見逃さないでくださいね。浅草寺のシンボルタワーでもある五重塔の高さは53.3m、夜になるとライトアップされるのでデートスポットとしても大人気。本堂内部は拝観できませんが、夜間は参拝客も減るのでゆっくり観光することができますよ。
この写真の記事を見る ≫

鮎川 キオラ

東京スカイツリーを眺めるホテル「THE GATE HOTEL 雷門 by HUL…by 鮎川 キオラ

国内外から観光客が集まる浅草は、いつも賑わいと活気に溢れている町。特に「風雷神門」、通称「雷門」は撮影スポットとして観光客に大人気です。
ちなみにこの雷門、慶応元(1865)年に火災で炎上してしまったものを、昭和35(1960)年に松下電器(現パナソニック)の創業者、松下幸之助が再建したということをご存知でしたか?大提灯には「松下電器」のプレートが取り付けられているんですよ。
この写真の記事を見る ≫

高橋 樂

浅草寺周辺お勧め甘味・食事処はここ!牛鍋からあんず飴まで名物もり沢山by 高橋 樂

地図を見る 地図を見る

雷門から宝蔵門まで約250メートル続く「仲見世通り」は、土産物屋や和菓子店などが軒を連ね、いつも観光客で大賑わいです。
お手軽スイーツから老舗名店まで、おいしいものがたくさんの仲見世通りでの観光のお楽しみはやっぱりグルメ。浅草名物の人形焼きはいくつかのお店で取り扱いがあるので、食べ比べて気に入ったものをお土産にするのがおすすめ。「きびだんご あづま」や「亀十のどら焼き」など人気店もお忘れなく!この写真の記事を見る ≫

「浅草花やしき」はミシュランも認めるレジャースポット

牡丹餅 あんこ

良縁に玉の輿!?「浅草花やしき」は知る人ぞ知る開運スポットby 牡丹餅 あんこ

地図を見る 地図を見る

「浅草花やしき」は、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』第4版(2015年)にも掲載された、東京を代表する観光名所です。
その歴史は長く、江戸時代末期嘉永6(1853)年に造園師である森田六三郎氏により、牡丹と菊細工を主とした花園(かえん)として誕生。明治5年頃からは遊戯施設が置かれ、その他にも珍鳥や猛獣の飼育、西洋あやつり大写真や山雀の芸等でたちまち人気観光地になったと言われ、当時は大正天皇もお忍びでお越しになられたそうです。この写真の記事を見る ≫

牡丹餅 あんこ

良縁に玉の輿!?「浅草花やしき」は知る人ぞ知る開運スポットby 牡丹餅 あんこ

地図を見る 地図を見る

昭和28(1953)年に設置された、日本現存最古のコースター「ローラーコースター」。
その乗車時間は1分半、時速はたったの42km/h!・・・とはいえ結構スリリング。やっぱり花やしき観光に来たら、「ローラーコースター」は外せないアトラクションです。レトロな乗り物やノスタルジックな雰囲気・・・そして、浅草らしい下町の情緒や温かさを感じられる素敵な観光スポットですよ。
この写真の記事を見る ≫

戦後の復興を支えたユニークな商店街「アメ横」

つか じん

エンジョイ「アメ横」…独特な歴史を歩んだ個性あふれる商店街by つか じん

地図を見る 地図を見る

「アメ横商店街」とは、JR御徒町駅からJR上野駅手前まで、架橋の脇とガード下、約500mの間に400店舗ほどのお店がひしめく商店街のこと。「アメ横通り」「ガード下ウェルカムモール」を中心に、買い物客から観光客まで国際色豊かに、常時人波が絶えることはありません。
アメ横通りにはとにかくいろんなお店が並んでいます。生鮮食品・衣料品・装飾品・スポーツ用品・雑貨などなど…。また、交渉術によっては、いろいろな品物がとってもお安く手に入ることも、アメ横の大きな魅力のひとつです。
この写真の記事を見る ≫

つか じん

エンジョイ「アメ横」…独特な歴史を歩んだ個性あふれる商店街by つか じん

地図を見る 地図を見る

アメ横通りのみならず、ガード下「ウェルカムモール」にも舶来商品を含め、万年筆・時計・バックル・ジーンズ・ジャンバー・靴・化粧品などなどの小さな専門店がぎっしり。アメ横といえば“舶来品”というイメージを根強くもっている年代の方も多いのでは?それもそのはず、戦後、アメリカ進駐軍の払い下げ物資を売っていたのは「アメ横」だけだったのです。
アメ横にしかないものを探しに、観光に出かけませんか?この写真の記事を見る ≫

大宮 つる

開運勝利のパワー、アツすぎ!上野アメ横「摩利支天 徳大寺」by 大宮 つる

地図を見る 地図を見る

JR御徒町駅の北口より徒歩2分の距離にある「摩利支天 徳大寺(まりしてん とくだいじ)」。江戸時代初期の寛永年間(1624-1645年)に創建と伝えられる、400年近い歴史をもつ日蓮宗のお寺です。
徳大寺の際立つ特徴としては、なんといってもアメ横の商店街の上に鎮座しているということ!“神聖なお寺”と“賑わう商店街”の対比が何とも特異な雰囲気で、実に興味深い観光スポットです。
この写真の記事を見る ≫

「上野恩賜公園」は動物園以外にも見どころたっぷり!

すがた もえ子

パンダだけじゃない!一日楽しめる東京都・恩賜上野動物園の楽しみ方by すがた もえ子

地図を見る 地図を見る

1882年開園の日本最古の動物園「恩賜(おんし)上野動物園」は、JR上野駅(公園口)徒歩5分、京成電鉄上野駅(正面口)徒歩10分の、上野恩賜公園の中にあります。
上野動物園にはパンダを始めとした約500種・約3,000点の動物が飼育され、世界三大珍獣(ジャイアントパンダ、オカピ、コビトカバ)を一度に楽しめるのも観光の見どころ。
広い園内は「東園」と「西園」に分かれており、両園を結ぶモノレールに乗車するのもおすすめ。もちろん歩いて移動することも可能な距離ですよ。
この写真の記事を見る ≫

光井 一矢

東京「上野恩賜公園」で歴史を感じるスポット5選by 光井 一矢

地図を見る 地図を見る

上野公園のシンボルといえば“西郷さん”こと「西郷隆盛像」。上野での待ち合わせ場所としておなじみの観光スポットですね。
西郷隆盛像へのアクセスは、JR上野駅不忍口を出て横断歩道を渡り、商業ビル「UENO3153(上野西郷さん)」へ。ビルの屋上が上野公園に続いていて、建物を出ると真正面に「西郷隆盛像」が見えてきます。
この写真の記事を見る ≫

奈良山 鹿子

「これ以上落ちない」合格祈願で人気!東京「上野大仏」by 奈良山 鹿子

地図を見る 地図を見る

観光名所がひしめく上野に、大仏様がいるのをご存知でしょうか?正確にいうと現在は“顔面部だけ”ですが、100年前までここには大仏様が鎮座していました。
度重なる受難により倒壊し、ついには顔面部だけになってしまった上野大仏。降りかかった幾多の災難から“これ以上は落ちない”としてメディアなどでも紹介され、いまや知る人ぞ知る東京の合格祈願のパワースポットとなっています。
この写真の記事を見る ≫

世界遺産登録のあの建物も!上野公園「ミュージアム」巡り

和田 明子 (リバティデザインスタジオ)

世界遺産登録!ル・コルビュジエ作品としての「国立西洋美術館」を堪能しようby 和田 明子 (リバティデザインスタジオ)

地図を見る 地図を見る

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの建築作品群が世界文化遺産に登録され、その中のひとつに、日本唯一のル・コルビュジエ作品である「国立西洋美術館」も選ばれました。

美術館はもちろん美術作品が主役ですが、その名画の数々が収められているのが、世界文化遺産のル・コルビュジエ建築とその弟子である前川國男が手掛けた空間、という点が国立西洋美術館の大きな特徴です。観光の際にはぜひ建物鑑賞もお楽しみください。
この写真の記事を見る ≫

鮎川 キオラ

「東京・ミュージアムぐるっとパス」でお得にアート旅 Vol.1上野公園by 鮎川 キオラ

地図を見る 地図を見る

明治5年創設の日本最古、最大の博物館「東京国立博物館」をじっくり鑑賞するなら、1日では足りません。所蔵している美術品や考古資料は11万点ほどで、常時3千点を展示。観光のたびに新しい発見ができる博物館です。
まずは、正面にどっしり構える「本館」をご覧ください。縄文時代から江戸時代の日本美術を時系列で解説展示しており、国宝を間近で鑑賞することができます。
この写真の記事を見る ≫

和田 明子 (リバティデザインスタジオ)

ル・コルビュジエの弟子・前川國男の名建築、上野「東京文化会館」「東京都美術館」を…by 和田 明子 (リバティデザインスタジオ)

地図を見る 地図を見る

国立西洋美術館の向かい建つ「東京文化会館」は、ル・コルビュジエに教えを請うた日本の近代建築の雄、前川國男の代表作である“音楽の殿堂”で、建築好きはぜひ観光しておきたい場所。会館の4階にある音楽資料室は全国でもめずらしい音楽専門の図書館で、クラシックのみならずジャズや民族音楽、舞踊など音楽に関する書籍を幅広く所蔵。音楽好きにもたまらない観光スポットとなっています。
この写真の記事を見る ≫

「根津神社・神田明神・亀戸天神社」東京の名刹・古刹を観光

Naoyuki 金井

徳川将軍ロード!文京区・本郷通りで華麗なる江戸絵巻を堪能しようby Naoyuki 金井

地図を見る 地図を見る

「根津神社」は、日本武尊が文京区千駄木の地に1900年近く前に創始したといわれる古社で、1470年頃には太田道灌が社殿を建てています。1705年、第5代将軍徳川綱吉の世継ぎに家宣が決まった祝いに現在地に社殿を建立し、千駄木から遷座されました。権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存している貴重な神社で、重要文化財に指定されています。
更に境内には、6代家宣の産湯井戸(非公開)や庚申塔などががあり、随所に将軍家の面影が見られます。
この写真の記事を見る ≫

Kaycom D

神社・カレー・古本!東京「神田神保町」で下町情緒を味わおうby Kaycom D

地図を見る 地図を見る

「神田明神」はおよそ1300年もの歴史を持ち、江戸時代には“江戸総鎮守”として江戸城の鬼門と江戸の町を守り続けてきました。神田明神で行われる「神田祭」は、裏鬼門にあたる日枝神社の「山王祭」と共に天下祭と呼ばれ、江戸三大祭としても有名です。

全体的に鮮やかな朱色で塗られた国登録有形文化財の御神殿や造詣がダイナミックなえびす様尊像、銭形平次の碑など、観光の見どころたっぷりとなっています。
この写真の記事を見る ≫

渡部 洋一

東京一の藤の名所!「亀戸天神社」の藤まつりはGWに超おすすめ!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

東京下町で、学問の神様・菅原道真を祀る「亀戸天神社」。17世紀の創建以来、「江戸の天神様」として人々に親しまれています。

関東三大天神の一つにも数えられるこの神社が特に賑わうのが1〜2月の受験シーズン、そして4月と5月、鮮やかな紫色の藤の花が咲く季節です。実に100株以上の藤が咲き乱れ、4月下旬から5月上旬にかけて「藤まつり」も開催。GWには多くの観光客で賑わう、まさに東京一の藤の名所です。
この写真の記事を見る ≫

「両国国技館」で一生に一度は見てみたい大相撲

金長 たぬ子

東京「両国国技館」へ日本の国技「大相撲」を見に行こう!by 金長 たぬ子

地図を見る 地図を見る

大相撲の本場所は年に6回行われていますが、「両国国技館」では1、5、9月場所の3回が開催されています。期間外でも相撲博物館や売店でお買い物など観光を楽しむことができますが、ぜひ一度、実際に本場所で大相撲観戦をしてはいかがでしょうか?

本場所は午前10時から始まり、序ノ口や前相撲など若い力士たちの取り組みが見られます。幕内力士の取り組みは午後からですが、できれば午前からの観戦を!未来の横綱候補を探すもよし、館内を見学するもよし・・・一日たっぷり大相撲を楽しんじゃいましょう!
この写真の記事を見る ≫

金長 たぬ子

東京「両国国技館」へ日本の国技「大相撲」を見に行こう!by 金長 たぬ子

大相撲のチケットは国技館の切符売り場やコンビニ、インターネットなどで販売していますが、チケットの手配に併せて席への案内、食事やお土産も準備してくれる「相撲案内所」での購入もお勧め。「マス席」と呼ばれる4人ずつに区切られた座布団の席のみの販売ですが、マス席は土俵も近く、力士たちの熱い取り組みを楽しむことができますよ!
なお相撲案内所でのチケット購入は、電話またはインターネットでの予約となります。この写真の記事を見る ≫

カノオミツヒサ

相撲と花火と鼠小僧。江戸の文化が香る、東京・両国へ!by カノオミツヒサ

地図を見る 地図を見る

両国国技館1階には「相撲博物館」があり、見学は無料です。ただし、場所中は国技館への入場券が必要になるのでご注意を。
メインの展示替えは年に6回で、化粧廻しや番付表などテーマに沿ったものが公開されます。常設展示されているのは歴代横綱の写真で、千代の富士、大鵬など懐かしい名前が並び、写真だけでも迫力満点。古いものは浮世絵になってしまいますが、威風堂々とした姿とともに、当時の歓声まで聞こえてきそうです。この写真の記事を見る ≫

「ミュージアム」観光で東京の過去・現在・未来を学ぶ

ヒビノフウケイ

江戸東京博物館で江戸の息吹を感じる!by ヒビノフウケイ

地図を見る 地図を見る

両国国技館の隣、大江戸線両国駅の出口から徒歩1分の場所にある「江戸東京博物館」は、江戸から東京まで時代の移り変わりを知ることのできる観光スポットです。

地下1階、地上7階、延床面積48,512.95平方メートルという広さの館内には展示も充実し、常設展では1800年代前半の日本橋の原寸大レプリカや江戸の街並みを再現した模型、浮世絵、着物、古地図などを展示。ほかにも企画展や特別展もあります。広大な博物館なので全ての展示を楽しむ場合は、1日がかりでの観光を想定しておくといいでしょう。
この写真の記事を見る ≫

咲田 みつる

アシモが躍る!プラネタリウムが3D!お台場「日本科学未来館」by 咲田 みつる

地図を見る 地図を見る

東京のお台場にある「日本科学未来館」は、宇宙や地球・生命、ものづくりや情報社会の“過去・現在・未来”を学べる、見どころ満載の総合科学館。単なる展示にとどまらず大人も子どもも、科学の発展がどうあるべきなのかを考えさせられる構成となっています。
新型ASIMOの実演やプラネタリウム、国際宇宙ステーションの居住空間の様子など見どころ満載。館内にはカフェがあるので、休憩を挟みながらゆっくり観光しましょう。
この写真の記事を見る ≫

田んぼ ハタケ

知識の迷宮を探検!駒込「東洋文庫ミュージアム」で時空を超える旅に出ようby 田んぼ ハタケ

地図を見る 地図を見る

「東洋文庫」は国宝・重要文化財を含む、東洋学研究の貴重な文献約100万冊が収められている図書館。またアジア全域の歴史・文化について研究を行っている、国際的に有名な学術研究施設です。
その東洋文庫が開設した「東洋文庫ミュージアム」は工夫の凝らされた展示と、ここでしか見られない貴重な古書の数々を鑑賞することができる、本好きにはたまらない観光スポット。約2万4千冊の本が並ぶ「モリソン書庫」は必見です。
この写真の記事を見る ≫

「東京駅」がすでに観光スポット!東京の玄関口を散策しよう

鮎川 キオラ

2012年10月東京駅丸の内駅舎リニューアル 東京駅を見に行こうby 鮎川 キオラ

地図を見る 地図を見る

2012年にリニューアルされた「東京駅」丸の内駅舎。せっかく東京観光に来たらじっくり見学してみてはいかがでしょうか?
復元された駅舎は2階と3階で煉瓦の色が異なるのが分かりますが、この3階部分が新たに修復・復元されました。以前の屋根は東京大空襲で焼失した際に、創業当時のドーム型から台形に修復された戦後の姿だったとのこと。本来はこんなに優雅なドーム型だったのですね。

向かい側に立つ新丸ビル7階のテラスは、駅舎全景を見渡すことができる撮影ポイント。観光の休憩に食事やお茶もできますよ。
この写真の記事を見る ≫

撮街 夜人

ハイパーステーション東京駅! 駅舎周辺だけで1日遊べる「優れた場所」!!by 撮街 夜人

丸の内駅舎の南北ドーム天井には、大正時代から飾られている8匹の干支の装飾も見事に再現されました。高い位置にあるので見上げていると首が疲れますが、何時までも見上げていたいほどその容姿は見事です。
ただし改札に近く人通りが多いので、ゆっくり観光したい場合は北ドームに位置する「東京ステーションギャラリー」がオススメ。2階の回廊からは、真下から見上げるのとは違った風景を眺めることができます。この写真の記事を見る ≫

安藤 美紀

東京ステーションホテルに泊まってみたい!滞在が楽しめる5つのポイントby 安藤 美紀

地図を見る 地図を見る

東京駅直結の「東京ステーションホテル」。ここは、使い続けられている国の重要文化財に宿泊できる唯一のホテル。東京駅丸の内駅舎の再開業にあたり、内装をヨーロピアンクラシカルな雰囲気にすべて一新しました。

4Fのアトリウム(宿泊者専用の朝食ラウンジ)では、100年前に職人さんが積み上げた躯体を支えている赤レンガがそのまま見えているところも!ここで朝食を食べることができるのは、宿泊者だけの特権です。この写真の記事を見る ≫

内部も見学できる!「皇居」で東京の歴史と自然に触れる旅

高橋 しゅう

東京観光に断然お勧め!簡単な手続きで、魅力いっぱいの皇居見学へby 高橋 しゅう

地図を見る 地図を見る

東京観光では魅力的な場所が多くどこへ観光しようか迷ってしまいますが、皇居内の見学はいかがでしょうか。通常は皇居前広場と二重橋を眺めることが一般的な皇居観光ですが、実は事前に手続きをすれば手軽に見学できるんです。

皇居桔梗門前で受付後に敷地内に入り、見学に関するビデオ説明、その後係員が付いて団体での見学がスタートする流れとなります。コースは徒歩で約2kmを75分ほどかけて巡る内容で、すべて建物の外観の見学となります。コースでは宮殿や宮内庁庁舎等だけではなく、江戸城の面影を随所で目にすることができますよ。この写真の記事を見る ≫

旅野 道子

東京の真ん中にある緑あふれる憩いの場・皇居東御苑by 旅野 道子

地図を見る 地図を見る

皇居の一角にある「皇居東御苑」。明治維新までは徳川幕府の居城「江戸城」だった場所なので、都心にありながら将軍の城の遺構が見られる観光スポット。都心の高層ビルに囲まれながらも、一歩入ってみると樹木や花が大変豊富で、モダンな東京の中でも歴史を感じさせるコントラストが面白く、日本庭園では季節の花や紅葉は見事。
入場料は無料なので、東京観光で歩き疲れたときにほっと一息つくのに最適です。
この写真の記事を見る ≫

高橋 樂

東京1日観光の鉄板ルートはコレ!皇居〜浅草〜東京タワーby 高橋 樂

地図を見る 地図を見る

皇居東御苑の大手門を入って直ぐにある「三の丸尚蔵館」には、皇室に代々受け継がれている絵画・書・工芸品など、約9,800点の超一流の美術品が収蔵されています。展示スペースはコンパクトですが、頻繁に展示品の入れ替えが行われるので何度観光に訪れても飽きません。しかも入館料は無料!東京観光の際は、皇居見学と併せてぜひ訪れてみて下さい。
この写真の記事を見る ≫

都内屈指の桜の名所!歴史を顧みる美しい神社「靖国神社」

東京・九段、靖国神社を観光スポットとして探求してみよう!!

地図を見る 地図を見る

「靖国神社」は、東京メトロまたは都営地下鉄の九段下駅から徒歩で5分程度のところに位置しています。神社といえば古代から延々と存在しているものと思われがちですが、靖国神社は神社仏閣としての歴史は新しく、建築されたのは明治維新後の1869年。当時は「東京招魂社」として建てられていて、現在の名称になったのは1879年のことになります。

拝殿、本殿に隣接する「遊就館」は日本初にして最古の軍事博物館。本物の零戦を始めとした軍需品や資料が展示されています。
この写真の記事を見る ≫

本井 良尚

世界に一本だけのワイワイ桜!靖国神社でおススメの観賞方法by 本井 良尚

地図を見る 地図を見る

テレビでおなじみ、気象庁による東京の桜の開花宣言は、標本木のある靖国神社で行われます。靖国神社の桜は花弁の綺麗な開き方と、色みの鮮やかさに定評があるんですよ。
靖国神社へ花見に行くなら、併せて千鳥ケ淵緑道も観光してください。千鳥ケ淵緑道は靖国神社南の道路、靖国道路を挟んだ皇居西側の千鳥ケ淵に沿う約700mの遊歩道。夜はライトアップが行われ、桜のトンネルを歩いているような幻想的な風景が楽しめます。この写真の記事を見る ≫

「銀座」観光はここがおすすめ!楽しく“銀ブラ”しよう!

離島 こむ

銀座の端(橋)に注目!東京・銀座で個性的な建築巡りをしよう!あの有名建築家の建築…by 離島 こむ

地図を見る 地図を見る

東京「銀座」を象徴する建物といえば、中央通りと晴海通りが交差する“銀座4丁目交差点”に佇む「銀座和光・服部時計台」。初代の時計台は明治27年に完成し、2代目の現在の時計台は昭和7年に完成。建築はネオ・ルネッサンス様式と呼ばれ、築80年以上も経ってもその優雅な姿は変わりません。
時計や宝飾品などを取り扱う高級専門店ですが、6階には入場無料のアートギャラリー「和光ホール」があります。銀ブラの途中に観光してみてはいかがでしょうか。この写真の記事を見る ≫

Naoyuki 金井

「銀ブラ」の語源は?銀座カフェーパウリスタでブラジル珈琲!by Naoyuki 金井

地図を見る 地図を見る

東京観光で銀ブラを楽しんだら、日本最古の喫茶店「カフェーパウリスタ」で休憩はいかがでしょうか。“銀ブラ”の語源は大正時代、カフェーパウリスタにブラジルコーヒーを飲みに行くことを“銀ブラ”と言い始めたこととされています。
飲食をするとオープン時のキャッチコピーの刷りこまれた「銀ブラ証明書」がいただけるので、“銀ブラ”の素敵な記念になりますね。
この写真の記事を見る ≫

古川 和美

三井ガーデンホテル銀座プレミアの上層階で過ごす贅沢時間by 古川 和美

地図を見る 地図を見る

ミシュランガイド東京のホテル部門にも掲載される「三井ガーデンホテル銀座プレミア」。16階のロビーからは東京タワーが臨め、高層階の部屋の窓からも東京の景色を一望でき、非日常の贅沢でゆったりした時間を過ごすことができます。
新橋駅からも徒歩約5分、ショッピングや観光の拠点としても好立地。素材や健康にこだわった野菜や彩りよく盛られた朝食ビュッフェも女性心くすぐる、おすすめのホテルです。この写真の記事を見る ≫

「歌舞伎座」で日本を体感!限定カプチーノも面白い

猫乃 みいこ

東銀座の新名所!新しくなった「歌舞伎座」はチケットがなくてもこんなに楽しめる!!by 猫乃 みいこ

地図を見る 地図を見る

「歌舞伎座」と聞くと、重厚な言葉の響きから観劇の常連じゃないとなかなか近づきにくいと思われがちですが、新しい歌舞伎座はコアなファンじゃなくても楽しめる施設が充実。地下のショッピングゾーンや5階の屋上、歌舞伎座ギャラリーなどはチケットがなくても入れるので、雰囲気を味わいたいだけの方にも観光しやすいんですよ。

歌舞伎座の全体写真を撮るには、地下鉄東銀座駅の4番出口で地上に出ましょう。歌舞伎座前の道路を挟んだ側の歩道に出るので、巨大な歌舞伎座をカメラに収めるのに最適です。
この写真の記事を見る ≫

猫乃 みいこ

東銀座の新名所!新しくなった「歌舞伎座」はチケットがなくてもこんなに楽しめる!!by 猫乃 みいこ

地図を見る 地図を見る

地下2階のお土産処は、地下鉄東銀座駅の3番出口と直結しています。雨の日も濡れずに移動できるのがうれしいですね。
こちらでは、歌舞伎座らしいお土産が買えるだけでなく、歌舞伎揚げの乗ったソフトクリームや焼きたてのきんつばも買えるので、食べ歩きも楽しみです。コンビニやコーヒーショップ、お弁当屋さんやお食事処もあるので、銀座観光の途中に立ち寄ったり、待ち合わせなどにも便利に使えますね。この写真の記事を見る ≫

安藤 美紀

飲める歌舞伎!?タリーズコーヒー歌舞伎座店の限定カプチーノが面白い!by 安藤 美紀

地図を見る 地図を見る

歌舞伎座のリニューアルと同じタイミングでオープンした「タリーズコーヒー歌舞伎座店」。歌舞伎のデザインを取り入れた内装や限定タンブラーも話題ですが、ここでしか飲めない歌舞伎アートを施したカプチーノも話題!
タリーズのカプチーノは基本コーヒー+牛乳ですが、歌舞伎座店限定カプチーノは牛乳の代わりに豆乳で仕上げられ、柄はシナモンパウダーで描かれています。この写真の記事を見る ≫

外国人に大人気「築地市場」は移転前に観光しよう

やまざき にんふぇあ

いつまで見られる?東京「築地市場」でマグロのセリ見学by やまざき にんふぇあ

地図を見る 地図を見る

1935年に誕生した東京都「築地市場」。水産物を取り扱う規模は世界トップクラスであり、一目見ようと世界中から観光客がつめかけています。

せっかく築地観光へ行くならセリ見学はいかがでしょうか?見学は時間も人数も限定、しかも先着順。電話などの予約は一切受けつけておらず、大人気のため早めに行って並ぶ必要がありますが、いつまでこの歴史ある市場でのセリを見学できるかは分かりません。ぜひ、早めに築地市場へ足を運んでセリ場を見学してみてください。
この写真の記事を見る ≫

濱中 知穂

2016年11月の豊洲移転まであと少し!今の築地市場を味わおう!by 濱中 知穂

地図を見る 地図を見る

築地市場には「場内」と「場外」があり、「場内」はセリや食材運搬など働く人がメインの場所。“ターレー”という小型のトラックが荷物を載せて行き交っているので、観光の際にはご注意を。仕入れに通う食のプロたちが利用する商店街もあります。
「場外」は至る所で呼び込みの威勢のいい声が響き、観光客でにぎわう商店街。狭いエリアにお店が多数並んでいるため、地図を見ながら歩いても30分ほどで観光することができます。この写真の記事を見る ≫

道明寺 彩希

行くしかない!築地の特典いっぱい開運スポット「波除神社」by 道明寺 彩希

地図を見る 地図を見る

築地市場に隣接するように位置する「波除(なみよけ)神社」。こちらは“災難を除け、波を乗り切るパワーを授けてくれる神社”として地元の人々はもちろん、築地界隈で働く人々からも愛されている神社です。
境内には雌雄の大獅子が収められており、「獅子殿」に収められた雄の「天井大獅子」は高さ2.4メートル・幅3.3メートル・重さは1トンと日本最大。樹齢約三千年の黒檜で仕上げられています。
この写真の記事を見る ≫

四季折々の花々が美しい東京都内の「庭園」を観光

ろぼたん

金運UPのパワスポも!?「TOKYO CRUISE」は下町と都会のオアシスを結ぶ…by ろぼたん

地図を見る 地図を見る

江戸時代の代表的な大名庭園で国の特別名勝・特別史跡に指定されている「浜離宮恩賜庭園」は海水を引き入れた池を持ち、その周囲に園路を巡らせた池泉回遊式の庭園。江戸時代には将軍家の鷹狩場や別邸となり、明治維新後には皇室の離宮でもあった歴史を持ちます。

2月下旬から4月にかけての観光で楽しめるのが、約30万本の菜の花畑。春には菜の花の黄色い絨毯と桜の競演、夏には紫陽花、秋にはコスモス、冬は椿…その他多くの花々が四季を彩る美しい公園はまさに都会のオアシスです。
この写真の記事を見る ≫

渡部 洋一

六義園の桜が凄い!歴史ある庭園で東京随一のしだれ桜を味わい尽くそう!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

江戸幕府5代将軍徳川綱吉の側用人・柳沢吉保の屋敷であった「六義園」は、梅、ツツジ、紫陽花、紅葉等、四季折々の美しさを堪能できる風光明媚な大名庭園として知られ、春には桜の名所としても人気を集める観光地です。
正門から入り内庭大門をくぐると、そこに咲き誇る見事なしだれ桜。園内に数十本の桜が植えられる六義園の中でも、この1本は抜群の存在感を放ちます。その幅約17m、高さ約13mの堂々とした佇まいです。
この写真の記事を見る ≫

渡部 洋一

「旧古河庭園」は“バラの名所”だった!東京都内で楽しむ花と洋館の美しき競演!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

東京都北区に位置する「旧古河庭園」。元は明治の元勲・睦奥宗光の邸宅として造られ、後に古河家に所有が移転、現在は都立庭園として親しまれています。
都心の人気観光地である旧古河庭園が特に賑わうのが、園内にバラの花が咲き乱れる春と秋。それぞれの季節には「バラフェスティバル」が開催され、多くの観光客が集まります。特に春にはライトアップが実施され、夜のバラ観賞も大人気。東京都内でも屈指のバラの名所です。
この写真の記事を見る ≫

「東京タワー」はやっぱり東京のシンボル!観光で魅力再発見

小林 里穂

東京タワーは目の前!芝公園から最高の休日をスタートしようby 小林 里穂

地図を見る 地図を見る

東京観光といえば「東京タワー」でしたが、いまでは主役の座はすっかり東京スカイツリーに。と言ってもやはり昭和生まれにとって東京タワーは特別な場所、若い世代にもそのレトロさがウケています。

東京タワー観光ならまずは展望台からの眺めは外せません。150メートルの高さにある大展望台と、250メートルの特別展望台からは、東京の絶景が360度ぐるりと見渡せます。タワーの足元にある「フットタウン」には飲食店や土産店、人気アニメ『ONE PIECE』のテーマパーク「東京ワンピースタワー」や水族館もありますよ。
この写真の記事を見る ≫

小林 里穂

夕暮れ時の絶景は必見!改めて知る「東京タワー」の魅力by 小林 里穂

地図を見る 地図を見る

「大展望台」と「特別展望台」の2つから成る東京タワーの展望台。2階構造となっている大展望台が地上150mの場所に位置しているのに対し、特別展望台はそれよりもさらに100m高い、地上250mの場所にあります。大展望台からは人や車はまるで米粒のように小さく見えますが、同じ視線の先には高層ビルたちが建ち並びます。しかし特別展望台へと登ると高層ビルを含む全ての建物が真下に広がり、空も一気に広くなるのです。この写真の記事を見る ≫

渡部 洋一

東京タワーと桜のコラボ!「増上寺」で“東京らしい桜”を満喫しよう!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

東京タワーのお膝元にたたずむ「増上寺」は、1393年の創建と伝わり600年以上の歴史を誇る、厳かな名刹です。6人の歴代将軍が眠る徳川家の菩提寺としても名を馳せ、東京でも指折りの観光地。境内には「徳川将軍家墓所」や江戸三大名鐘の一つにも数えられる大梵鐘など、見どころたっぷりです。
桜の名所としても知られ、圧巻は何と言っても桜と東京タワーのコラボレーション!東京らしい桜風景が楽しめます。
この写真の記事を見る ≫

日本の中枢「永田町と霞が関」エリアで大人の社会見学

Kaycom D

大人の社会科見学!公官庁が集まる永田町と霞が関エリアで日本の歴史と政治を学ぶby Kaycom D

地図を見る 地図を見る

1936年に建てられた「国会議事堂」は、真っ白な御影石が使用されていることから“白亜の殿堂”とも称されます。中央の塔の部分は高さ65.45メートルもあり、さらに高台に建っているため、周辺を観光しているとその姿をあちこちで目にすることができます。

議事堂内は通常平日のみ無料で見学することができ、10人未満の少人数なら事前申し込みなしで参加可能。議事堂にまつわる興味深い話を聞きながら、参議院本会議場(傍聴席)、中央広間、前庭などを周っていくのですが、移動中に通る廊下や中庭なども雰囲気があって終始楽しめます。
この写真の記事を見る ≫

Kaycom D

大人の社会科見学!公官庁が集まる永田町と霞が関エリアで日本の歴史と政治を学ぶby Kaycom D

地図を見る 地図を見る

国会議事堂の前庭に建つ「衆議院憲政記念館」には、国会についての歴史や関連資料が多く展示されています。議場体験コーナーには、実際の衆議院本会議場の4分の3の大きさの演壇と、実際に利用されていた議席があり、参観者は議席に座ったり演壇に上がって写真を撮ったりすることができます。この記念館は特定の休館日以外は土日も開いているので、平日は仕事でなかなか時間が取れない方にもおすすめの観光スポットです。
この写真の記事を見る ≫

今村 裕紀

摩天楼のはざまに佇む江戸山王大権現「日枝神社」でパワーを貰おう!by 今村 裕紀

地図を見る 地図を見る

東京都千代田区永田町にある「日枝神社」は東側には国会議事堂、首相官邸、衆議院議員会館が立ち並び、まさに東京の中心とも言える地にある神社。祭神は、大山咋神(おおやまくいのかみ)で、大地を支配して万物の育みを見守って来たことから厄除けや縁結び、社業繁栄の神として崇拝されています。そのため、初詣はもとより、仕事始めには多くのビジネスマンたちが参拝に訪れるんですよ。
この写真の記事を見る ≫

「お台場」観光は見どころだらけ!1日たっぷり時間を取ろう

瀧澤 信秋 (ホテル評論家 瀧澤信秋事務所)

お台場に機動戦士ガンダムが!?「ホテル グランパシフィック LE DAIBA」は…by 瀧澤 信秋 (ホテル評論家 瀧澤信秋事務所)

地図を見る 地図を見る

東京の人気観光スポット「お台場」。ガンダムの実物大立像でおなじみダイバーシティ東京、大観覧車が目印のパレットタウン、お台場の歴史が残る台場公園(第三台場)、その他にもフジテレビや日本科学未来館など、観光スポットが目白押しです。

臨海副都心線や首都高速など、お台場へのアクセスは様々ですが、やはり「新交通ゆりかもめ」は定番でしょう。新橋と豊洲を結ぶゆりかもめには運転士がおらず、無人運転されています。※荒天時などに有人運転される場合もあり
この写真の記事を見る ≫

池口 英司

ミシュランにも登場!「新交通ゆりかもめ」で東京の絶景を楽しもうby 池口 英司

地図を見る 地図を見る

“夕日の名所”として知られる「お台場海浜公園」。都心から至近の地で、海、緑とのふれあいを楽しめる、都会のオアシスです。トイレや売店も設けられているので、子供や高齢者が一緒でも安心して観光することができます。
天気が良ければ、美しい夕日を楽しめるのがこの場所。レインボーブリッジのかたわらに太陽が沈んでゆく風景は、まさに絶景!デートにもぴったりの観光スポットです。
この写真の記事を見る ≫

野村 みのり

東京お台場・大江戸温泉物語で、江戸時代にタイムスリップ!by 野村 みのり

地図を見る 地図を見る

東京お台場にある「大江戸温泉物語」の暖簾をくぐったら、そこは江戸の町。お店や建造物も昔風で、皆が浴衣を着て歩き回るその風景は、まさに江戸時代にタイムスリップしてしまったかのよう。
大浴場には、百人風呂、絹の湯、寝湯、などたくさんの湯船があります。もちろん、地下1,400mから汲み上げたという天然温泉もあり、少々しょっぱいそのお湯はとてもなめらかで、身体の芯から温まりますよ。お台場観光の休憩にぜひ!
この写真の記事を見る ≫

昼も夜も楽しめる!大人の街「六本木」を攻略しよう

撮街 夜人

東京・六本木地区のクリスマスイルミネーションは必見!煌めく冬の輝きを綺麗に撮るコ…by 撮街 夜人

地図を見る 地図を見る

六本木のランドマークといえば「六本木ヒルズ」。レストランやショップ、美術館、庭園などが集まる複合施設です。
六本木ヒルズ観光で外せないのは、海抜250mの大展望台「東京シティビュー」。ただし屋内なので、もし東京の絶景をカメラに収めたい、という方はシティビューの屋上に有る「スカイデッキ」から撮影しましょう。海抜270mの屋外展望台なので、ガラス面の映り込みを気にすることなく撮影することができます。東京タワーも東京スカイツリーも眺められる、という点でもおすすめです!
この写真の記事を見る ≫

濱中 知穂

新感覚の花火大会も!「東京ミッドタウン」で夏を過ごそうby 濱中 知穂

地図を見る 地図を見る

東京の真ん中、六本木にある複合施設「東京ミッドタウン」。ホテルや美術館を併設し、ショップはファッションからインテリア、カジュアルからラグジュアリーなブランドまで幅広く充実しています。レストランも、特別な日に行きたい感度の高いものからカジュアルダイニングまで、豊富なラインナップ。また、芝生広場では四季折々で楽しいイベントが開催。デートからファミリーまであらゆるニーズを充たしてくれる観光スポットです。
この写真の記事を見る ≫

Naoyuki 金井

アートだけじゃない!六本木〜広尾の「美術館通り」でひと時のセレブ気分by Naoyuki 金井

地図を見る 地図を見る

「国立新美術館」は2007年に六本木に開館した、日本で5館目の国立美術館。特徴は、独立行政法人国立美術館に所属している中で唯一コレクションを持たず、国内最大級のスペースを生かして様々な展覧会を開催していること。

館内にはレストラン1つとカフェが3つありますが、おすすめは2階のサロン・ド・テ ロンド。巨大な逆円すいの最上にあるロンド(円形)で上質のスイーツなどを楽しむことができます。
この写真の記事を見る ≫

コンパクトだけど工夫がいっぱい!東京都内の「水族館」

中島 誠子

イルカのショーに感動!「エプソンアクアパーク品川」がイメチェンしてさらに面白い!by 中島 誠子

地図を見る 地図を見る

JR品川駅前にある人気の水族館「エプソンアクアパーク品川」のコンセプトは“音・光・映像と生きものの融合”。

大人気のイルカのパフォーマンスは、360度どこからでも楽しめる広い円形プールに光と音が効果的に用いられ、プールの上から現れるウォーターカーテンとムービングライトがより美しく幻想的な世界を作り出します。ウォーターカーテン中央から飛び上がるイルカたちの姿は美しいの一言!季節ごとのテーマや、昼夜で演出が変わるので、何度観光しても楽しめます。
この写真の記事を見る ≫

中島 誠子

大人が楽しめる!!「サンシャイン水族館」クールな見どころベスト5by 中島 誠子

地図を見る 地図を見る

池袋サンシャインシティの中にある、「サンシャイン水族館」のコンセプトは“天空のオアシス”。南国のリゾートをイメージした、都心にいることを忘れてしまうような癒しの空間です。
目玉は国内初となる地上2m30cm、直径8mのドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」です。人々の頭上をはしゃいだように泳ぐアシカたちは、まるで空を飛んでいるよう。シーズンによって、ペンギンがリングに登場することもあります。
この写真の記事を見る ≫

川田 宏樹

中学生以下無料!都内一安い「葛西臨海水族館」はペンギン天国でもあった!by 川田 宏樹

地図を見る 地図を見る

「葛西臨海水族園」の名物は世界で唯一、クロマグロの回遊を観賞することができる2200トンのドーナツ型大水槽「アクアシアター」です。2014年にはクロマグロの謎の大量死でも話題となりましたが、現在は新たにマグロが飼育され、雄大な姿を目にすることができます。
アクアシアターには椅子も用意されていて、座りながら鑑賞こともできます。観光の合間の休憩スポットとしても利用できますよ。
この写真の記事を見る ≫

若者からファミリーまで遊べる!日本の流行発信地「渋谷」

西 さとし

日本の流行発信地・渋谷を満喫!世界で人気のスポット5選by 西 さとし

地図を見る 地図を見る

流行の発信地「渋谷」は、若者を中心に多くの人が集まる東京の中心街の一つ。『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』にも掲載され、今や世界中の観光客も多く訪れています。

渋谷に観光に訪れたら必ず見たいのは「スクランブル交差点」。一度に通る人数は多い時で3000人以上、1日に50万人もの人が行き交う渋谷の一大観光スポットです。スクランブル交差点から見えるのは「渋谷109」。東京観光に来たら最新トレンドをチェックするのをお忘れなく。
この写真の記事を見る ≫

ヒーロ ユキ

かわいいがいっぱい!原宿のニコラシャールで今話題のメイソンジャーのサラダランチ!…by ヒーロ ユキ

地図を見る 地図を見る

オシャレでかわいい雑貨屋さんや隠れ家的なカフェ、レストランがたくさん並ぶ裏原宿の「キャットストリート」は、渋谷から原宿をつなぐ遊歩道。キャットストリートは竹下通りに比べて人も少なく歩きやすい上、入り組んだ脇道にも人気のお店が多く点在しています。散策するだけでも楽しめる観光スポットですよ。この写真の記事を見る ≫

櫻井 れき

アナウンサー体験もできる!東京渋谷「NHKスタジオパーク」からこんにちは!by 櫻井 れき

地図を見る 地図を見る

豊かな緑広がる代々木公園に隣接するNHK放送局。こちらには一般向けに「スタジオパーク」と呼ばれる見学コースがあり、放送に使われた小道具などの企画展示やスタジオ見学、本格的なスタジオでのアナウンサー体験コーナーなど楽しいアトラクションが盛りだくさん。
スタジオ見学でもしタイミングが合えば出演するタレントを間近で見られるだけでなく、テレビにも映っちゃうかもしれませんよ!観光の記念にぜひどうぞ。
この写真の記事を見る ≫

都会のオアシス「明治神宮」を観光してパワーチャージ

結月 ここあ

都内屈指のパワースポットの明治神宮「清正井」で開運!by 結月 ここあ

地図を見る 地図を見る

「明治神宮」は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている神社です。全国から献上された木々を10万本植樹して、70万平方メートルの広大な森となりました。都内にあるにも関わらず、緑や自然が多いことから、都会のオアシスとして訪れる人々の心を癒し続けています。
境内の至る所にパワースポットがありますが、まずは拝殿へ参拝しましょう。拝殿左側に見える大きな木は「夫婦楠」と言い、夫婦円満、家内安全の象徴とされています。忘れずにご祈願しましょう。
この写真の記事を見る ≫

鷹野 圭

人の手で生み出された至高の緑地 ―東京・明治神宮御苑―by 鷹野 圭

地図を見る 地図を見る

明治神宮は神社であると同時に、23区とは思えないほど豊かな緑を持つ都会のオアシスという側面も持っています。
とりわけ渋谷と代々木の間に位置する御苑には“明治神宮の森”と呼ばれる一際濃密な森が広がり、哺乳類から昆虫まで多様な生きものが暮らしています。この森は植物相の保全のために通常立ち入ることはできませんが、旧大名邸の庭園であった「明治神宮御苑」を観光すれば、その森の豊かさを体感できることでしょう。この写真の記事を見る ≫

結月 ここあ

眩しいほどの黄金色に染まる!明治神宮外苑のいちょう並木by 結月 ここあ

地図を見る 地図を見る

青山通りから円周道路まで、南北に300メートルほど続く「明治神宮外苑」のいちょう並木は、樹齢100年以上のいちょうの木が全部で146本。道路の両脇に2列ずつ4列に並んでいて、先の尖った円錐形が印象的です。
いちょう並木と「聖徳記念絵画館」を眺めることができる場所が、絶好のビュースポット。もし観光の際に時間があれば、重厚感の漂う聖徳記念絵画館へも足を運んでくださいね。
この写真の記事を見る ≫

「新宿御苑」は多国籍な庭園が楽しめる東京のオアシス

本井 良尚

素朴な東京観光にうってつけの「新宿御苑」!春・秋は特にオススメby 本井 良尚

地図を見る 地図を見る

東京都新宿区にある「新宿御苑」。広大な苑地に自然の景観美を追及した「イギリス風景式庭園」、左右対称、幾何学的な池配置、植栽の手入れを特徴とした「フランス式整形庭園」、そして言わずと知れた「日本庭園」で構成された、四季が美しい一大景勝地です。
四季を通して様々な景観を楽しむことができる観光名所で、春には桜園地で染井吉野が鮮やかに咲き誇り、夏には園内全体が深緑に包まれ、都内のド真ん中とは思えないほどの自然が満喫できます。
この写真の記事を見る ≫

結月 ここあ

季節を問わず楽しめる新宿御苑は、都会のオアシスby 結月 ここあ

地図を見る 地図を見る

新宿御苑は、徳川家康の家臣であった内藤氏の江戸屋敷でした。明治時代には農事試験場を経て明治39年に皇室の庭園となり、昭和24年から国民の公園として一般に開放されています。
江戸時代に完成した内藤家の庭園玉川園が御苑のルーツといわれ、池とその周囲を巡る園路を中心に作庭された、池泉回遊式の日本庭園は紅葉が見事。また、新宿門の入り口にある大銀杏付近も紅葉の撮影スポットとして観光客に人気です。この写真の記事を見る ≫

眠らない街・東京を体験!「歌舞伎町・新宿ゴールデン街」

shizu kawa

外国人観光客に人気!ミシュラン二つ星の街「歌舞伎町」by shizu kawa

地図を見る 地図を見る

東洋一の歓楽街として名高い東京の「歌舞伎町」。かつてはダークなイメージもありましたが、近年では街の様子が変わりつつあり、外国人観光客の姿が目立ちます。

街を歩くと、お店から聞こえる大きな音楽や客引きの声、老舗のレストラン、昭和の面影が残るお店、ナイトスポットの煌びやかなネオン等…。この街には同じエリアに全く異なるタイプのお店がひしめき合っています。様々な文化が入り混じり、昼と夜で別の顔を持つ歌舞伎町。歩いているだけでその独特の雰囲気を楽しめます。
この写真の記事を見る ≫

Naoyuki 金井

安心して下さい、怖くないですよ!新宿ゴールデン街の楽しみ方by Naoyuki 金井

地図を見る 地図を見る

「新宿ゴールデン街」は、新宿区歌舞伎町、花園神社の隣にある500坪ほどの区画に約200軒以上の小さな店舗が密集している飲食街。
短冊状にエリアA〜Gまでの長屋店舗に分かれ、その間を“G1通り”や“明るい花園一番街”と名付けられた通りがあるので、慣れればおおよそ位置関係が把握できます。殆どの店は10名も入れば満員の小さなお店なので、店が一杯の時は先客が後からの客に席を譲るのが暗黙のルールなんです。この写真の記事を見る ≫

さこ

海外観光客が殺到!噂の総工費100億円「ロボットレストラン」へ!新宿歌舞伎町by さこ

地図を見る 地図を見る

海外メディアCNNで取り上げられたり、国内外の有名映画監督などが来店したりと、今外国から来る観光客の間で超人気スポットとなっている「ロボットレストラン」。
ポールダンスや和太鼓合戦などのショーが繰り広げられ、圧巻は電飾ギラギラの衣装に身を包んだダンサーに操られて登場する巨大女型ロボット。レストランというよりはテーマパークのような感じで、ジェットコースターに乗ったあとのような興奮を味わえるお店です。
この写真の記事を見る ≫

「東京ドームシティ」は娯楽満載の都市型エンターテイメント

櫻井 れき

遊ぶ!くつろぐ!泊まる!「東京ドームシティ」は娯楽いっぱい都市型エンターテイメン…by 櫻井 れき

地図を見る 地図を見る

JR水道橋駅または東京メトロ後楽園駅を出るとまず目に飛び込んでくるのは、存在感のある「東京ドーム」の白い大きな屋根。「東京ドームシティ」は、この東京ドームを中心にアトラクション・天然温泉・ホテルなどがひとつに集まったエンタテインメントパークです。
このパーク内のランドマーク的存在である東京ドームは、それまであった後楽園球場を引き継ぐ形で後楽園競技場の跡地に建設され、日本初の全天候型多目的スタジアムとして1988年3月にオープンしました。
この写真の記事を見る ≫

櫻井 れき

遊ぶ!くつろぐ!泊まる!「東京ドームシティ」は娯楽いっぱい都市型エンターテイメン…by 櫻井 れき

地図を見る 地図を見る

「東京ドームシティ アトラクションズ」は、ジェットコースターなどのスリル満点のアトラクションからヒーローショーも楽しめる遊園地として、連日観光客を楽しませています。
一番人気のアトラクションは、ジェットコースター「サンダードルフィン」。世界初のセンターレス大観覧車「ビッグ・オー」の中心や「ラクーア」を最高時速130キロのスピードで走り抜けるスリルはたまりません!この写真の記事を見る ≫

櫻井 れき

都心の天然温泉!「東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア」で極上のリラクセーションをby 櫻井 れき

地図を見る 地図を見る

スパ施設「スパ ラクーア」を中心とした複合施設「ラクーア」には、温泉施設の他にもフィットネスクラブやショップ・レストランが入っており、野球観戦やアトラクションズ帰りの観光客が気軽に立ち寄れるスポット。
施設内には天然温泉の露天風呂や数種の内湯に、サウナやリラクセーションスペース、トリートメント&ビューティー店舗やレストラン・アメニティショップなどが揃っています。
この写真の記事を見る ≫

「三鷹の森ジブリ美術館」でジブリの世界に迷い込もう

牡丹餅 あんこ

東京・三鷹の森ジブリ美術館で思いっきり「迷子」を楽しもう!!by 牡丹餅 あんこ

東京都三鷹市の井の頭恩賜公園にある「三鷹の森ジブリ美術館」は、2001年にオープンして以降、連日国内外からたくさんの観光客が訪れる人気スポット。館内にある常設展示室は、アニメーションの世界をテーマにした部屋を見学して歩くスタイルになっています。

館内では、階段のある場所がフロアごとで違うため、どこへ行けば上に登れるのか階段を探しているといつのまにかフロアをグルグル回ってしまうことに。屋外にある螺旋階段を登ると、ジブリ美術館の守り神であるロボット兵と出会えますよ。
この写真の記事を見る ≫

牡丹餅 あんこ

東京・三鷹の森ジブリ美術館で思いっきり「迷子」を楽しもう!!by 牡丹餅 あんこ

地図を見る 地図を見る

こちらは映画のアイディアが生まれる部屋、「準備室」です。デスクの上には、飛行機などの設計図のような物が描かれている画用紙があったり、工具や宝箱など、この部屋の持ち主の少年が好きそうなアイテムが散りばめられたりしています。ジブリアニメの主人公の部屋がそのまま飛び出してきたような展示は見応えあり!観光はお休みして、しばらくここでジブリ作品の世界に浸りましょう。この写真の記事を見る ≫

牡丹餅 あんこ

東京・三鷹の森ジブリ美術館で思いっきり「迷子」を楽しもう!!by 牡丹餅 あんこ

地図を見る 地図を見る

“めい”と書かれたこの巨大な猫は、ジブリ作品の中でも子供たちからの人気が高い『となりのトトロ』に出てくる“ネコバス”です。
残念ながら、このネコバスは小学生以下の小さなお友達だけが遊ぶことができます。そう、トトロの作中もサツキやメイのような小さな子供にしか見えないのですから、大きなお友達はガマンしましょう。

※ジブリ美術館は日時指定の予約制です。詳しくは公式サイトにてご確認ください。この写真の記事を見る ≫

ファンの聖地「サンリオピューロランド」で童心に返ろう

根岸 早都子

25周年、益々盛り上がる「サンリオピューロランド」を楽しもう!by 根岸 早都子

地図を見る 地図を見る

東京都多摩市にある「サンリオピューロランド」は屋内型テーマパークなので、天候に関係なく楽しむことができるのが大きなポイント。遠方からの観光の場合でも、天気に左右されることがないので安心して楽しめるのがうれしいですね。
屋外のテーマパークのように天候に合わせて身支度する必要もなし、アトラクションももちろんすべて屋内のため、雨具などの小物などにも気を使うことなく、思いっきり遊べます。
この写真の記事を見る ≫

根岸 早都子

25周年、益々盛り上がる「サンリオピューロランド」を楽しもう!by 根岸 早都子

地図を見る 地図を見る

サンリオピューロランドのイチオシは「ミュージカルショー」です。各シアターやステージではたくさんのショーが行われており、出演キャラクターや内容は多種多様。
他にもサンリオの可愛い人気キャラクターたちと触れ合えるグリーティング(通称キャラグリ)や、サンリオキャラクターに癒されながら楽しめるアトラクションなど、サンリオファンにはたまらない観光スポット。女子旅にもおすすめです。この写真の記事を見る ≫

セグウェイガイドツアーも登場「昭和記念公園」を遊び尽くす

渡部 洋一

昭和記念公園の「シャーレーポピー」が凄い!東京都内の花の名所で楽しむ赤い大地!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

東京都心からの観光もアクセス抜群の花の名所、立川市の「昭和記念公園」。春には多種多様の美しい花々が咲き乱れ、毎年3月下旬から5月下旬にかけて「フラワーフェスティバル」が開催。菜の花、桜、チューリップ、ムラサキハナナ、ポピー等、春の深まりとともに移り変わる色のリレーを楽しむことのできる、観光客に大人気のイベントです。
例年5月中旬から5月下旬に見頃を迎える「シャーレーポピー」は、燃えるような赤色でフラワーフェスティバルのラストを飾ります。
この写真の記事を見る ≫

藤田  聡

本場オランダの絶景が東京に!立川・昭和記念公園のチューリップが美しすぎるby 藤田 聡

地図を見る 地図を見る

国営昭和記念公園は、世界的なチューリップの名所「キューケンホフ公園」の前園長を招聘して修景の設計施工を実施。本場オランダの絶景を東京で楽しめるおすすめの観光名所です。
昭和記念公園のチューリップは、清流、樹木、洋芝、ムスカリとコラボして夢のような美しさ。品種名も明記され、中には珍しい品種もあるんですよ。
チューリップの一番の絶景スポットは渓流広場上流で、撮影スポットとしても観光客に大人気です。この写真の記事を見る ≫

藤谷 愛 (ケレシュ)

セグウェイガイドツアーも登場!東京・昭和記念公園を子供も大人も遊び尽くすby 藤谷 愛 (ケレシュ)

地図を見る 地図を見る

昭和天皇の即位50周年を記念した「国営昭和記念公園」は立川市と昭島市にまたがる広大な公園。アクティビティーが充実しているので、ファミリーでも一日観光が楽しめます。おすすめはセグウェイに乗って園内を巡る「セグウェイガイドツアー」。2時間半のツアーには乗車講習や、実際に乗車してガイドと園内を巡る90分が含まれます。広大な園内を効率的に、しかも詳細な説明とともに回ることができるのはツアーならではですね。この写真の記事を見る ≫

ミシュランガイドにも掲載!世界一登山客が多い山「高尾山」

高瀬 真澄

豊かな自然と天狗の里〜リフトで登る東京「高尾山」by 高瀬 真澄

地図を見る 地図を見る

標高599メートルの高尾山が豊かな自然に恵まれている理由は、暖帯系の常緑広葉樹林と温帯系の落葉広葉樹林の境目にあること。そのため、たくさんの種類の鳥や樹木、草花を観賞することができるのです。
麓からゆっくりと登るのもいいのですが、高尾山の豊かな自然をじっくりと観光したいなら、リフトに乗って少し上から木々の様子を眺めてみるのもオススメ。全長872メートル、高尾山中腹にある山上駅まで12分で行くことができます。快適でちょっぴりスリリングなリフトの旅を、観光で楽しんでみてはいかがでしょうか。
この写真の記事を見る ≫

本井 良尚

混雑を避けて「高尾山」の春夏秋冬を楽しむ方法by 本井 良尚

地図を見る 地図を見る

高尾山の中で一番鮮やかな紅葉スポットは、なんと言っても山頂。高尾山の山頂は日中と夜間の寒暖差が大きく、直射日光を受け、そして一面にバランスよく太陽の光が当たるという、紅葉が鮮やかになる条件を満たしているんです。空気が澄んでいると遠く雪冠をかぶった富士山を望むことができます。
ちなみに山頂から少し陣馬山側に行った、もみじの台もオススメ。山頂より混雑が少なめなので、落ち着いて観光することができます。この写真の記事を見る ≫

鈴本 正宗

2015年の運試し!幻の氷花“シモバシラ”を見に高尾山へby 鈴本 正宗

地図を見る 地図を見る

観光でケーブルカーを利用する場合は、高尾山駅で下車して1号路を進むと「高尾山薬王院」を経由して山頂に向かうことが出来ます。
高尾山と言えば“天狗”が有名ですが、これは薬王院の御本尊様をお護りする随身として、除災開運などの利益をもたらす役割をもっています。
高尾山はもともと修験道の山。古来、山伏が山中を駆け回り難行苦行を重ねていました。深山幽谷の霊気を感じながらのハイキングも気持ちがいいですね。
この写真の記事を見る ≫

江戸&東京の新旧文化を体験できる観光スポット

いかがでしたか?東京は世界最大級の都市であるが故、高層ビルや繁華街のイメージが強いかもしれません。しかし実際に観光してみると、江戸時代から続く歴史や文化系スポットが意外と多いことに気づきます。もちろん、世界最大級のエンターテイメント都市ならではの個性的なテーマパークも東京観光の魅力の1つ。

ぜひ今回の記事を参考に、東京旅行プランを考えてみてくださいね!

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

この記事の目次