大阪観光に便利!専門ガイドお勧めの名所スポット30選

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

大阪観光に便利!専門ガイドお勧めの名所スポット30選

大阪観光に便利!専門ガイドお勧めの名所スポット30選

更新日:2016/11/07 14:30

たびねす編集部 トラベルjpナビゲーター たびねす編集部

大阪の観光地といえばどこを思い浮かべますか?大阪城や道頓堀、新世界のシンボル通天閣。人気急上昇の梅田スカイビルやなんばパークス。大阪市民に愛される四天王寺や大阪天満宮。ファミリーには海遊館やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)、天保山大観覧車など、見どころたくさん!
大阪に旅行するなら押さえておきたい観光地と見どころを、大阪を知り尽くしたトラベル.jp<たびねす>のナビゲーターがご案内します!

目次閉じる

もっと見る

世界の建築トップ20にランクイン「梅田スカイビル」

けいたろう

有名なのに超穴場!大阪のスカイビルでクリスマスに紅葉?!by けいたろう

地図を見る 地図を見る

大阪梅田にそびえるスカイビルは、1993年に開業した大阪観光の新たな定番となっているスポットです。2本のビルが頂上で繋がっているスタイリッシュなフォルムのビルで「未来の凱旋門」とも呼ばれています。

全面鏡張りで、その名の通り空と雲を映し出し、大阪のランドマーク的な存在になりつつあるこのビルは、最近では海外からの観光客が急増していて、来場者の約3割が外国人。外国人観光客が急増の秘密は、イギリスのタイムズ紙によって“世界を代表する20の建造物”に選ばれたことに由来します。この写真の記事を見る ≫

浮き草 ゆきんこ

地上173mの空中散歩!大阪 空中庭園展望台でロマンチック夜景デートを楽しむヒン…by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る 地図を見る

梅田スカイビルで必ず観光したい「空中庭園展望台」へは、きらめく大阪の夜景が見えるガラス張りのシースルーエレベーターで向かいます。

屋上は地上173mの高さから大阪市内を一望できる空中庭園。屋根がない開放的な空間で360度遮るものがない大パノラマです。北は淀川と橋を見渡す水の都大阪を、南は大阪のきらめく摩天楼を、東には話題のスポット「グランフロント大阪」を、西は遠く大阪湾を眺めることができます。この写真の記事を見る ≫

澤 慎一

大阪のど真ん中に“京都”が出現?梅田スカイビル「滝見小路」は外国人観光客にも人気by 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

梅田スカイビルの地下1階にある「滝見小路」。昔懐かしい昭和レトロの街並みを再現したレストラン街ですが、外国人観光客からは「大阪にいるのに、まるで京都の祇園を歩いているみたいだ」と意外な人気スポットに。
和食や居酒屋、串カツ専門店、鉄板焼き、寿司屋、甘味処など、“食いだおれの街・大阪”らしい名店が並びます。JR大阪駅からスグ近くにあるので、大阪観光や乗り換えの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?この写真の記事を見る ≫

ショッピングもステイも!何でも揃う「グランフロント大阪」

大阪の大型新名所「グランフロント大阪」のショップやグルメをめぐる。

地図を見る 地図を見る

JRの梅田貨物駅があった「梅田北ヤード」と呼ばれる地区を再開発して生まれた、複合商業施設「グランフロント大阪」。日本・関西初出店のお店も入る話題の観光スポットです。

グランフロント大阪の規模はとにかく大きく、大阪駅北口に隣接したAブロック、商業施設とホテルがあるBブロック、集合住宅のCブロックと大きく3つのゾーンに分かれます。多数のショップやレストラン、また「ナレッジキャピタル」という“知”をテーマに様々な体験が出来るコミュニケーション空間もあるなど、一日たっぷり観光が楽しめます。この写真の記事を見る ≫

岡本 大樹

見るだけやったらタダ!大阪梅田の無料夜景スポット4選by 岡本 大樹

地図を見る 地図を見る

グランフロント大阪の北館9Fにあるテラスガーデンはとても広く緑も多いため、ショッピングや観光の休憩にぴったりの場所になっています。ベンチなども多く設置されている場所ですが、それほど人が多くないのも嬉しいポイントですね。
9Fということでそれほど高台からの眺めとは行きませんが、夜景鑑賞もおすすめのスポット。南西方向からは左手にはルクア1100、奥には西梅田に立ち並ぶビル群を望むことができます。この写真の記事を見る ≫

市原 真麻

インターコンチネンタルホテル大阪〜大人女子に人気のご褒美ステイはいかが?by 市原 真麻

地図を見る 地図を見る

ビジネスや商業、観光地として賑わう大阪駅に直結する大型複合施設「グランフロント大阪」。その中に位置する「インターコンチネンタルホテル大阪」は、スタイリッシュなデザインと居心地の良さを兼ね揃えたホテルです。
洗練された空間の提供だけでなく、ホテル内の香りから細かいサービスまで、“贅沢”を知る大人女子の心を鷲掴みするものばかり。大阪観光では大人女子も満足させる、ちょっぴり贅沢な滞在を楽しみませんか?この写真の記事を見る ≫

世界初!ビルと観覧車が一つになった「HEP FIVE」

澤 慎一

大阪・梅田のデートに人気おすすめ!観光&グルメ&夜景&ホテルもぜんぶ楽しもうby 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

ファッションや雑貨、グルメなどのショップが揃う「HEP FIVE(ヘップファイブ)」。このショッピングモールを切り裂くように回る、真っ赤な巨大観覧車は観光客にも大人気。ビルと観覧車が一つになった建物は世界初なんだとか。

観覧車の乗降口は7階のレストランフロアにあり、冷暖房が完備されたゴンドラに乗ると、ガラス張りとなったショッピングモールの中を静かに上昇。観覧車に乗りながら、まるでウィンドウショッピングを楽しんでいるような、わくわくとした気分になることができます。この写真の記事を見る ≫

旅人間

大阪駅周辺の観光スポット&女性と子供が喜ぶレストラン♪by 旅人間

地図を見る 地図を見る

直径75m、約15分かけて1周する観覧車の中は冷暖房完備の快適空間。この大阪の景色を独占できるスイートルームは、もちろんカップルに大人気のデートスポット!
窓の外を見れば人や車がドンドン小さくなり、そして今まで見上げていた建物が下に見える様子は子供だけでなく大人もテンションUP! また、天気のよい日は明石海峡まで一望できるのも嬉しいですね。大阪駅から歩いてスグなので、観光にオススメです。この写真の記事を見る ≫

御利益満載「大阪天満宮」で万願成就を!

一灯斎 TAKEZO

なにわのパワーを「天神さん」で頂き!大阪天満宮で万願成就by 一灯斎 TAKEZO

地図を見る 地図を見る

「大阪天満宮」は菅原道真公を氏神とし、日本三大祭の一つで壮大にして由緒ある「天神祭」は千年以上も続けられています。

学業成就の合格祈願はもちろんのこと、えびす祭で商売繁盛、神社のそばに「天満天神繁盛亭」という落語の小屋があるのは諸芸上達の証。また境内の北側にある「星合池」にかかる橋は愛嬌橋と呼ばれ、この上で出会った男女は結ばれるという言い伝えが残っています。
大阪の人々を見守り続け、この街のパワーの源となってきた大阪天満宮に参拝して、成功への御利益を頂きましょう。この写真の記事を見る ≫

一灯斎 TAKEZO

なにわのパワーを「天神さん」で頂き!大阪天満宮で万願成就by 一灯斎 TAKEZO

地図を見る 地図を見る

「大坂四ヶ所の清水」と呼ばれた4つの井戸は、とりわけ質のよい美味しい水が出ることで知られ、そのうちの一つが大阪天満宮境内の井戸水でした。
江戸時代には、中之島にあった諸藩の蔵屋敷に藩主が滞在する際には、ここから水を運ばせ供するという習慣があったほどで、その井戸水をくみ上げているのがこの御神水です。この扉が開かれるのは1、9、25日の月に3度だけ。観光で訪れる際にはご注意下さい。この写真の記事を見る ≫

旅人間

日本一長い!「天神橋筋商店街」で空飛ぶ鳥居と名物コロッケ食べ歩き!by 旅人間

地図を見る 地図を見る

天神橋筋商店街は、南北2.6キロメートル、約600店舗も軒を並べる日本一長い商店街で、大阪天満宮近くの縁起の良い商店街として、観光客も多く訪れます。
端から端まで商店街を観光したいと言う場合は、「ぶらり歩き申込札(無料)」をゲットしておきましょう。あとは商店街を1丁目から7丁目まで歩き、計3ヵ所でスタンプを押してもらうだけです。スタンプが3つ揃うとスタミナと努力を讃え「満歩状」がもらえます。この写真の記事を見る ≫

都会のオアシス「中之島公園」で一味違う大阪観光を

みぃ

大阪のど真ん中・中之島公園バラ園は、船からも対岸のカフェからも楽しめるby みぃ

地図を見る 地図を見る

大阪市役所のすぐそば、ビジネス街のど真ん中にある「中之島公園」は、お昼にもなるとビジネスマンが休憩に訪れ、土日はファミリーや観光客で賑わう憩いの場。

普段は中之島公園の一部の緑の敷地にしか見えない場所に、約310種、約3700株が植えられているバラ園があります。中之島公園バラ園の春バラの見頃は5月中旬〜5月下旬、秋は10月上旬〜10月下旬に見頃が訪れるため、年に2度楽しめます。入園無料で近くには中央公会堂もあり、観光にはもってこいのエリアです。この写真の記事を見る ≫

下川 尚子

中之島・北浜レトロ建築めぐり〜大人の大阪「ナカ」観光by 下川 尚子

地図を見る 地図を見る

堂島川と土佐堀川にはさまれた中洲、中之島に位置し、このエリアのシンボル的存在の「大阪市中央公会堂」。文化の情報発信源として市民に愛されてきた存在で、現在でも大集会室や会議室、レストランを利用できます。
設計者は旧東京駅舎にも携わった辰野金吾氏。その特徴はレンガ造りの外壁と白い帯、青銅色のドーム屋根。ネオ・ルネッサンス様式を基調としています。夜のライトアップも非常に美しいので、観光におすすめですよ。この写真の記事を見る ≫

たび パンダ

世界屈指の東洋陶磁が大集合!「大阪市立東洋陶磁美術館」by たび パンダ

地図を見る 地図を見る

チョコレート色の磁器タイルの壁が目印の「大阪市立東洋陶磁美術館」は、大阪キタのビジネス街に囲まれた、緑豊かな中之島公園にあります。
世界でも珍しい東洋陶磁に特化した美術館で、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』第4版(2015年)にも掲載されました。国宝・重文をはじめとする珠玉のコレクションを観ようと、国内外から多くの観光客が訪れています。この写真の記事を見る ≫

観光の目玉は桜の通り抜けだけじゃない「大阪造幣局」

礼 不二子

桜だけじゃない!大阪・造幣局と泉布観に感じる古き良き明治時代by 礼 不二子

地図を見る 地図を見る

「造幣局」は明治政府によって大阪市北区に創設され、明治4年4月4日に創業式を挙行。当時では画期的な洋式設備で貨幣の製造を開始しました。

観光で訪れる際には国道1号線に面した正門左手にある受付で名前を記入して、入門証となるバッチを受け取ります。博物館へは正門から約200m先となりますが、この道は「桜の通り抜け」で親しまれています。
敷地内には創業当時のガス灯や樹齢100年以上の藤の木が咲く藤棚など、明治時代から受けつがれているものを多数観ることができます。この写真の記事を見る ≫

礼 不二子

桜だけじゃない!大阪・造幣局と泉布観に感じる古き良き明治時代by 礼 不二子

地図を見る 地図を見る

館内はさまざまな年代の貨幣・記念貨幣などの展示のほか、千両箱・貨幣袋の重さを実際に体験するコーナー、本物の金塊・銀塊を触る事が出来るコーナーなど、お子様も観光が楽しめる内容になっています。
造幣局では事前予約をすれば工場見学をすることも可能です。空きがあれば予約なしで見学することもできますが、確実に観光する場合は予約しておいた方が安心ですね。造幣博物館の見学は予約不要となっています。この写真の記事を見る ≫

けいたろう

大阪で桜と言えば!「造幣局の通り抜け」を上手に楽しむ方法by けいたろう

地図を見る 地図を見る

大阪で桜の観光名所と言えば、何と言っても有名なのは「造幣局の桜の通り抜け」です。4月中旬という開催時期からも分かるように、造幣局の通り抜けの桜は、一般的なソメイヨシノではありません。
造幣局全体では、約350本の桜が植えられていますが、品種の数はなんと約130種類。しかも毎年のように新しい品種が追加されているのには驚き。その多くが八重桜ですので、見頃が4月の中旬頃となっているんです。この写真の記事を見る ≫

リアル関西ツッコみと大阪観光を一度に「大阪ダックツアー」

浮き草 ゆきんこ

リアル関西突っ込みと大阪観光を一度に!水陸両用ダックツアー体験!by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る 地図を見る

「大阪ダックツアー」とは水陸両用バス、通称かっぱバスに乗って大阪市内をドライブしてから、大阪市内を流れる大川に車両を乗り変えることなくドボン!そして、水上クルージングが楽しめるという大阪人が好きそうな一度で二度おいしいツアーです。

大阪城や旧大阪市公館などの観光名所・旧跡を笑い入りのガイドを聞きながら車窓見学していると、水の都大阪を堪能する水上ツアーの入り口、桜ノ宮公園に到着。川に入るときが迫力満点!このダックツアーの最大の見どころです。この写真の記事を見る ≫

浮き草 ゆきんこ

リアル関西突っ込みと大阪観光を一度に!水陸両用ダックツアー体験!by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る 地図を見る

車内は運転席以外窓がない、開放的な空間!びゅんびゅん風が吹き抜けていくので夏は涼しいですが、冬はかなり寒いので防寒対策をしっかりとしておいてください。また、雨の日ももちろん窓はなく、傘をさすこともできません。観光の際はレインコートをお忘れなく。
御堂筋を派手な車体のかっぱバスが通り抜けていくと、窓がないため、コテコテの大阪弁のガイドさんの声も筒抜け。当然、注目の的です!この写真の記事を見る ≫

大阪とともに歴史を歩んできた観光名所「大阪城(大坂城)」

小谷 結城

比類なき最強城郭、多彩な魅力は搦手にあり〜大阪城〜by 小谷 結城

地図を見る 地図を見る

大阪とともに歴史を歩んできた「大阪城」は、大阪観光で外せないスポット。
城の中枢部分、本丸の内部には主に本丸御殿と天守閣。残念ながら本丸御殿は存在していませんが、天守閣が大阪のシンボルとして立派にそびえています。
現在の天守閣は昭和6(1931)年に昭和天皇即位を記念して再建されたもので、『大坂夏の陣屏風』に基づいた豊臣時代の大阪城の外観を模した復興天守といわれています。

守りの工夫、刻印石などその見どころは多彩。知るほどに深みを増す大阪城の魅力をぜひ堪能してくださいね。この写真の記事を見る ≫

浮き草 ゆきんこ

大阪城の刻印石・石垣がすごすぎる!ツウな大阪城めぐり!by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る 地図を見る

石垣の表面にあるボコボコとした石が崩れかけているような感じが見てとれるでしょうか。刻印石広場から山里口出枡形に行く途中にある機銃掃射痕です。第二次世界大戦末期の空襲で、機銃掃射によってついた傷痕だと言われています。
大阪は8度にわたり大空襲を受けましたが、天守閣の前にある赤レンガつくりの旧陸軍第4司令部がここにあったことで、大阪城も標的となったのです。観光の際にはこういった点にもご注目ください。この写真の記事を見る ≫

SHIZUKO

珍しい梅の木『思いのまま』を「大阪城梅林」で探してみよう!by SHIZUKO

地図を見る 地図を見る

大阪城公園「梅林」は、早咲きのものから遅咲きのものまでおよそ100品種1270本もの梅の木があり、西日本有数の規模を誇る梅林です。
満開の時期を迎えると、広い梅林全体が白から紅のかすみに包まれ、遠くから眺めていてもとても美しい光景です。その年の気候にもよりますが、3月末までいろんな種類の梅の花が楽しめるます。何度でも観光に足を運んで、お気に入りの梅を見つけてみませんか。この写真の記事を見る ≫

日本最大のコリアンタウン「鶴橋」でくいだおれ

旅人間

そら美味いで♪「地元大阪人が食べに行く」鶴橋で人気の焼肉屋さんby 旅人間

地図を見る 地図を見る

コリアンタウンを中心に鶴橋駅前は韓国料理やキムチの店が多く、特に夜にかけては焼肉臭で充満する独特な風情ある街。また、ここは大阪を代表する焼肉の名所としても有名な観光地です。

鶴橋周辺の狭い路地には、赤や黄色の看板が競うようにかけられ、「焼肉」の文字が躍っているかのように目に飛び込んできます。更に店の前には従業員さんが立ち「最高級のお肉あるよ」「今すぐお席用意できますよ」など、絶えず声をかけてきます。どの店が良いのか探し歩くのも観光のお楽しみですね。この写真の記事を見る ≫

MASALA Chai

大阪ディープ・トリップ2 鶴橋 韓国食材が集まる国際市場by MASALA Chai

鶴橋駅の高架下を中心に広がる市場を観光すると、ハングルの看板やキムチの匂い、チマチョゴリの鮮やかな色に目を奪われることでしょう。
韓国食材が集まるエリアは高麗市場と呼ばれ、ここから少し離れた場所にあるコリアンタウンとともに生野区に暮らす在日韓国人の人たちが作り上げたエリアです。キムチや韓国食材、調味料を販売するお店が細い路地を埋めるように軒を連ね、観光で安く気軽に韓国の味が楽しめます。この写真の記事を見る ≫

旅人間

そら美味いで♪「地元大阪人が食べに行く」鶴橋で人気の焼肉屋さんby 旅人間

地図を見る 地図を見る

鶴橋駅前にある焼肉屋さんはどの店も美味しく、大阪観光でグルメを楽しむのにぴったりの場所です。
この界隈で最も行列しているのは「空」と言うお店。メニューが豊富で量も金額も他店の半分に設定されているので、色んな種類の部位が食べられる楽しみがあります。お肉は全体的に柔らかく、ホルモン系を食べる場合にゴムのように固いものに遭遇した経験は誰でもあると思いますが、この店ではそのような事はありませんよ。この写真の記事を見る ≫

毎月21・22日は、聖徳太子建立の「四天王寺」で縁日を!

Chiharu

毎月21日・22日は、聖徳太子建立の大阪・四天王寺で縁日めぐり!by Chiharu

地図を見る 地図を見る

「四天王寺」の歴史は古く、推古天皇元年(593)、四天王を安置するために聖徳太子が建立した由緒ある寺です。奈良の法隆寺と同じ頃にどちらも聖徳太子によって建てられているのですが、ここ四天王寺の方が創建が古く、日本初の仏教寺院であります。

また、天王寺という地名の由来は四天王寺からきているほどで、大阪庶民が信仰する大切な聖地。毎月21日は弘法大師空海の命日の「大師会(だいしえ)」、22日は聖徳太子の命日の「太子会(たいしえ)」として、檀家や参拝客がたくさん詣りに来られます。この写真の記事を見る ≫

Chiharu

毎月21日・22日は、聖徳太子建立の大阪・四天王寺で縁日めぐり!by Chiharu

地図を見る 地図を見る

大阪観光が21、22日にあたるのであれば、ぜひ四天王寺の縁日へ足を運んでみましょう。広い境内にたくさんの露店が立ち並び、早朝からお目当てのモノを探す人や参拝客で賑わいをみせます。午前8時頃からオープンしている店が多く、閉店は午後4時頃。3時過ぎに片付け始めるところもあるので早めに訪問を。
四天王寺の観光を兼ねて、レトロな雑貨や骨董や食べ物など、バリエーション豊かな露店巡りはいかがでしょうか?この写真の記事を見る ≫

人気再上昇スポット!「天王寺公園・大阪市天王寺動物園」

SHIZUKO

変わりゆく大阪・天王寺に広大な「てんしば」出現!by SHIZUKO

地図を見る 地図を見る

あべのハルカスで知名度を上げた天王寺駅を一歩出れば、目の前には「天王寺公園」があります。「天王寺動物園」を含む天王寺公園の開園は明治42(1909)年。永年に渡って市民に愛されてきた歴史ある観光地です。

天王寺公園は広大な芝生広場「てんしば」に大変身し、突き当りには天王寺動物園のエントランスがあります。天王寺動物園内はアジアの熱帯雨林とサバンナの草原の2つのエリアに分かれ、小さな檻を並べる展示ではなく、本来動物が生きている環境に近い状態での展示を目指しています。この写真の記事を見る ≫

やま かづ

人気再上昇!大阪市天王寺動物園とその周辺スポットby やま かづ

地図を見る 地図を見る

決して広くはない天王寺動物園ですが、展示方法にさまざまな工夫がされています。
ホッキョクグマ園にはガラス張りでせり出したステージがあり、興味を示して近寄ってくるホッキョクグマはなかなかの迫力。ホッキョクグマやゾウ、コアラなどの「おやつタイム・ごはんタイム」も開催されるので、観光の際には時間をチェックしておきましょう。この写真の記事を見る ≫

やま かづ

人気再上昇!大阪市天王寺動物園とその周辺スポットby やま かづ

地図を見る 地図を見る

動物園の東側にはいろいろな施設が整備されているので、起伏のある天王寺公園内を観光で散策するのも楽しいですね。
公園の中央にある「大阪市立美術館」は中国の絵画や書、陶磁器などが収蔵されている東洋美術の宝庫。美術館の北側には日本庭園「慶沢園」があり、とても落ち着いたエリアになっています。また、美術館西側に広がる河底池、茶臼山では、毎年冬期に「あべの・天王寺イルミナージュ」が開催されることでも有名です。この写真の記事を見る ≫

日本一の超高層ビル「あべのハルカス」で空と街を見はるかす

礼 不二子

日本一の超高層ビル!心も晴れ晴れ「あべのハルカス」展望台へGo!by 礼 不二子

地図を見る 地図を見る

大阪市阿倍野区に2014年3月オープンした日本一の超高層ビル「あべのハルカス」。近鉄・JR・地下鉄・阪堺電鉄の4路線が乗り入れ、観光に非常に便利です。

中には百貨店やホテル、レストランフロア、美術館、保育園、オフィスフロアなど多様な施設があります。展望台「ハルカス300」は、ビルの最上階60階と59階、58階にあり、それぞれのフロアごとの特徴を活かした三層構造。高さ300mの驚きと癒しの空間の中で、大阪の素晴らしい景色を観光で存分に楽しみましょう。この写真の記事を見る ≫

SHIZUKO

地上300メートルの空に溶け込む あべのハルカス300(展望台)by SHIZUKO

地図を見る 地図を見る

地上300メートルの展望台「ハルカス300」の自慢は、高さはもちろんですが、なんといっても抜群の開放感。
58階から60階までの吹き抜けになっていて総ガラス張りのため、本当に空の中に自分が溶け込んでいるような新鮮な感覚になれるんですよ。まさに360度の空と大阪の街を“見はるかす”ことのできる場所。観光でこんな体験が出来るのは、今の日本のビルではここだけです。この写真の記事を見る ≫

みぃ

タダが好き♪ハルカス無料フロアであべのべあスイーツと眺望を満喫by みぃ

地図を見る 地図を見る

あべのハルカスの眺望を楽しむには必ずお金がかかると思っている方もいらっしゃいますが、無料で眺望を楽しめるフロアがあります。
ハルカスの展望台の下の、オフィスロビーとなっている17階にはカフェやコンビニ、旅行会社など、誰でも利用できる施設がいくつかあり、お茶と眺望を楽しむにはぴったりの場所。16階の空中庭園は、地元の方や観光客の憩いの場ともなっています。この写真の記事を見る ≫

新世界観光の定番「通天閣」に登ってみよう

渡部 洋一

大阪新世界観光の定番・通天閣!ビリケンの待つ展望台に登ってみよう!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

大阪天王寺で開催された第五回内国勧業博覧会の会場跡地に初代通天閣が建設されたのは、明治45(1912)年。約75メートルと当時東洋一の高さを誇り、誰もが驚く摩天楼でした。

現在の塔は、昭和31(1956)年に完成した二代目。塔自体の高さ100メートル、避雷針を含めた高さ103メートルと初代を大きく凌ぐ巨大タワーです。半世紀を超えてなにわの空に奇抜なデザインで立ち続ける勇姿は、大阪のシンボルとして今なお多くの人々に愛される観光名所となっています。この写真の記事を見る ≫

渡部 洋一

大阪新世界観光の定番・通天閣!ビリケンの待つ展望台に登ってみよう!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

展望台フロアで絶景と共に必見なのが、ビリケン神殿です。「ビリケン」とは、アメリカの女流美術家が夢に見た神秘的な人物がモデルとされる幸福の神様で、大阪では「ビリケンさん」の愛称で親しまれています。
現在の3代目ビリケンさんは、平成24(2012)年に通天閣並びに新世界100周年を記念して新調。豊臣秀吉の黄金の茶室に負けじと装飾された黄金色の輝きの中でにこやかに座り、観光客を迎えてくれます。この写真の記事を見る ≫

「新世界」と「ジャンジャン横丁」でディープな大阪を観光

MASALA Chai

大阪ディープトリップ 1.新世界by MASALA Chai

大阪の「新世界」は、子供から若者、家族連れ、観光客と、休日はたくさんの人たちがそぞろ歩き、食べ歩きを楽しむ愉快な下町へと変貌しました。
新世界本通りに続く路地が有名な「ジャンジャン横丁」。レトロな喫茶店、立ち飲み屋、駄菓子屋、雑貨屋などさまざまなお店が並びます。

新世界観光ではジャンジャン横丁はもちろん、細い路地を歩いて大阪の下町を味わうのがおすすめ。ジャンジャン横丁には、新世界ならではの囲碁・将棋サロンや、懐かしいスマートボールを楽しめるお店も健在です。この写真の記事を見る ≫

浮き草 ゆきんこ

通天閣のお膝元“ジャンジャン横丁”で食べたいイキな大阪名物ベスト5!by 浮き草 ゆきんこ

地図を見る 地図を見る

通天閣といったら串カツ激戦区!中でもおすすめは「八重勝」。商店街のちょうど真ん中にあり、人が並んでいるのですぐにわかります。回転率はいいので、行列に負けずに並んでくださいね。

まずは基本の串カツ3本を頼んでください。揚げたてを網にのせて目の前にボンと置いてくれます。テーブルの目の前にある“二度づけごめん”のソースにひとくくりさせて食べる串カツは、もう絶品!大阪観光で外せないB級グルメです。この写真の記事を見る ≫

古都の U助

熱っ!?でも冷た!大阪オモシロ美味しい冷&熱メニュー3選by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

「焼氷」なる物をご存知でしょうか?明治の終わり頃に食べられていた物で、文献にはその名が登場するものの詳しいレシピは残っていないんだとか。

朝ドラにも登場し注目を浴びるようになった焼氷は、通天閣100周年を記念しそのお膝元新世界の喫茶「DEN・ENN」にて独自のレシピで再現されています。15:00以降に提供される限定メニューで予約が必須のため、観光で訪れる際には問い合わせておきましょう。この写真の記事を見る ≫

住吉神社の総本宮「住吉大社」は何でもありの庶民の神様

ナツキ

大阪人ならではのウイットと親しみやすさ。庶民に愛される住吉大社by ナツキ

地図を見る 地図を見る

全国2000社余りある住吉神社の総本宮、「住吉大社」。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が黄泉の国より逃げ戻り、あはぎ原で禊ぎをした時に海中より生れ出た3神をお祀りするこの神社は、天武・持統朝以来、伊勢神宮に並ぶ神社として20年に1度「式年遷宮」が行なわれます。海上安全の守護神である以上に“おはらい”の神様としての性格が強く、家内安全・商売繁盛・七五三・厄払いなど、何でもありの庶民の神様として愛されてきました。
参詣者は住吉大社のシンボル・太鼓橋とも呼ばれる反り橋を渡って神域に入ります。この写真の記事を見る ≫

みぃ

NHK「マッサン」大阪・住吉ロケ地へ!住吉大社へラッピング電車で行こうby みぃ

地図を見る 地図を見る

住吉大社は「すみよっさん」と親しみを込めて呼ばれ、年始には沢山の参拝者で賑わいます。
境内には第一本殿から第四本殿まで、住吉造と称される特殊な様式の御本殿があります。朱塗りで華やかさもありますが、境内にあるいくつものご神木がその華やぎを程よく抑え、神聖な澄んだ空気を作り出しているようにも感じられます。観光に訪れれば、大阪市内にこんな立派な大社があったのかと驚かされることでしょう。この写真の記事を見る ≫

たび パンダ

大阪「住吉大社」初辰まいりはご利益いっぱい!猫いっぱい!by たび パンダ

地図を見る 地図を見る

大阪「住吉大社」では、毎月初めの辰の日に4つの末社におまいりすることを「初辰まいり」と呼んでいます。
この日に参拝者に授与されるのが「招福猫」で、水玉模様の裃(かみしも)がよくお似合いのキュートな招き猫です。素朴でカラフル、独特の愛らしさ。宝船に招福猫が乗っている「初辰宝船」という土鈴もありますよ。イヌやサルもゆるかわで、猫に限らずコレクションしたくなるものばかりです。観光の記念におすすめです。この写真の記事を見る ≫

屋上庭園とイルミネーションでおなじみ「なんばパークス」

みぃ

マカロンステーションに大興奮!スイスホテル南海大阪のブランチバイキングby みぃ

地図を見る 地図を見る

大阪ミナミにある「なんばパークス」は、東京の六本木ヒルズを手がけた建築家がデザインした複合施設。地上10階、地下3階建てとなっていて、様々なショップやレストラン、映画館やアミューズメントスポットなどが揃い、1日楽しめる観光施設となっています。

3階から9階までが階段状になっており、段丘上には「パークスガーデン」と呼ばれる屋上庭園が広がります。植物がたくさん植えられ、子供たちが遊べるキッズエリアや展望スポットなども。観光の合間にホッと一息つける空間になっています。この写真の記事を見る ≫

澤 慎一

ビルの谷間に“光の滝”が出現!大阪・難波でキラキラ光の旅by 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

大阪の都心で毎年開催されるイルミネーションイベント「大阪・光の饗宴」。その一環としてなんばエリアでは「なんば光旅(ひかりたび)」が開催されます。
観光でおすすめは「なんばパークス」のイルミネーション「光の滝」。白いしぶきが流れ星のように落ちてきて、滝が流れ落ちる様子が細かく再現されています。大きさは高さ約50メートル、幅約30メートルと日本最大級。最上階の9階から流れ落ちる光の滝は壮観です。この写真の記事を見る ≫

天下の台所大阪「黒門市場」は外国人観光客にも大人気

澤 慎一

大阪が空前の観光ブーム!外国人客も喜ぶ新たな魅力ハッケンby 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

今や大阪を訪れる外国人観光客は約300万人。物価が安く、食べ物がおいしいことが大きな魅力となっています。

大阪の「黒門市場」は難波・千日前から南へ約600メートルの間に、鮮魚をはじめフルーツや飲食店など、約180店舗が軒を並べています。
約200年の歴史を持つ黒門市場は日本独自の雰囲気を漂わせ、食べ歩きが楽しめるとあって、アジア系の外国人観光客に大人気。カニの刺身やマグロ、ウニのほか、コロッケや天ぷら、和菓子やスイーツがその場で食べられます。この写真の記事を見る ≫

けいたろう

外国人観光客に人気の大阪・黒門市場で見つけた絶品グルメ!by けいたろう

地図を見る 地図を見る

江戸時代から天下の台所の呼び名でお馴染みの大阪。その大阪の台所と呼ばれ、長年に渡って食の都を支えてきた「黒門市場」。外国人観光客が増加して更に活気を帯び、メディアに頻繁に取り上げられるようになっています。
まぐろや神戸牛に次ぐ観光のお目当てと言えばフグ!高級魚の代名詞的存在のフグですが、日本国内消費の約6割を大阪が独占。その大阪でフグと言えば、真っ先に名前が挙がる一大拠点がこの黒門市場なのです。この写真の記事を見る ≫

旅人間

大阪で食べ歩きなら黒門市場!名物のたこ焼き&限定うなぎ焼by 旅人間

地図を見る 地図を見る

もし大阪観光で食べ歩きをしたいなら、黒門市場は絶対に外せないグルメスポット。市場内には鮮魚店や青果店などが軒を連ね、海鮮焼きや海鮮丼などの店も多くあり、もちろん!大阪名物のたこ焼き屋さんも市場の中に数件存在しています。
本場で食べるたこ焼きは外側がカリッ、中身がトロ〜リは言うまでもなく、やっぱり出汁が効いているのがポイント。そして中に入っているタコも大きく、プリッとした食感が絶品です。この写真の記事を見る ≫

繁華街からちょっと寄り道「法善寺横丁」を小粋に観光

岡田 征三

大阪の繁華街をちょっと入った小路、法善寺横丁を小粋に歩こう!by 岡田 征三

地図を見る 地図を見る

グリコの看板で有名な戎橋(えびすばし)の南側、歩いてすぐのところにある「法善寺横丁」。「法善寺横丁」「法善寺参道」「浮世小路」の3つの小路がまとまって一つのエリアとなっています。

焼き鳥、焼肉、寿司、お好み焼き、割烹、BAR等の様々な飲食店が並び、中には外国人観光客に人気の焼き肉店も。石畳の道と風情のある建物が並ぶ横丁は、賑やかな通りから入ると急にガラリと雰囲気が一変。法善寺横丁の脇にある浮世小路はお店等は無く、大正・昭和の道頓堀を再現したミュージアムとなっています。この写真の記事を見る ≫

岡田 征三

大阪の繁華街をちょっと入った小路、法善寺横丁を小粋に歩こう!by 岡田 征三

地図を見る 地図を見る

「法善寺横丁」「法善寺参道」と呼ぶからには、当然「法善寺」というお寺が存在します。法善寺そのものよりもそこに祀られている「水掛不動(みずかけふどう)」の方が有名で、このお不動さんの参拝が目的で訪れる観光客も多くいます。
参拝の際、願い事を祈念しながら大きなお不動さんに水を掛けるのが風習となっており、絶えず水を掛けられているので、お不動さんは全身苔で覆われているんですよ。この写真の記事を見る ≫

大阪の歴史を観光で体感できる「ミュージアム」めぐり

古都の U助

歌舞伎猫が目印!大阪・道頓堀の歴史を伝える「上方浮世絵館」by 古都の U助

地図を見る 地図を見る

大阪で独自に発展した上方浮世絵は、そのほとんどが歌舞伎の演目や歌舞伎役者を題材としています。ボストン美術館やメトロポリタンなど、世界の名だたる美術館でも高い評価を受けている浮世絵ですが、上方浮世絵を専門とした美術館は世界でもこの「上方浮世絵館」ただ一箇所だけ。
『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』の第4版にも掲載され、伝統的なクールジャパンが満喫できると海外からも熱い視線が向けられている観光スポット。年4回展示替えが行われるので、季節を変えて観光するのもおすすめです。この写真の記事を見る ≫

岡田 征三

ミシュランにも掲載!時代を逆流!体験型のミュージアム「大阪歴史博物館」by 岡田 征三

地図を見る 地図を見る

“博物館”と聞くと史料等がガラスケースに並べられているだけの退屈なものというイメージがありますが、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』第4版にも掲載された「大阪歴史博物館」は映画のセットのような作りになっていて、難波宮、江戸時代、昭和時代へタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。子供が楽しめる体験スペースもあるので、難しいイメージを持たず気軽に観光してみて下さい。この写真の記事を見る ≫

高橋 樂

外国人にも人気!「大阪くらしの今昔館」で江戸時代にタイムスリップ!by 高橋 樂

地図を見る 地図を見る

「大阪くらしの今昔館」は、地下鉄・天神橋筋六丁目、住まい情報センターの8〜10階にあります。実物大で復元された江戸時代の町並みを歩くことができ、明治・大正・昭和の懐かしい住まいと暮らしの模型・資料展示に時間を忘れ、ホッと一息つくことのできる施設です。
着物体験できるなど、外国人観光客にも大人気の観光スポット。派手さはありませんが“本物感”へのこだわり、熱い大阪愛にホッコリしますよ。この写真の記事を見る ≫

ド派手な看板にリバークルーズ「道頓堀」観光を楽しもう

旅人間

6代目グリコ看板が話題!看板ウォッチングで昼と夜の道頓堀を楽しむby 旅人間

地図を見る 地図を見る

大阪ミナミの一大観光地といえば「道頓堀」。道頓堀に来たら、たこ焼きを食べながら看板ウォッチングをするのが観光のお楽しみですよね。かに道楽のかに看板やドン・キホーテの巨大なえべっさん、づぼらやの大きなふぐ、くくるのタコ、金龍のドラゴン、だるまの大将、大きな餃子や牛の看板など見どころ多数。

中でも名物観光スポットとして親しまれている「江崎グリコ看板」は、約14万個のLEDを使用し、映像が流れるのが特徴。点灯時間は日没30分後〜午前0時です。この写真の記事を見る ≫

澤 慎一

あの看板にそんな秘話が!? 大阪ミナミを彩る代表的な看板5つの小ネタby 澤 慎一

地図を見る 地図を見る

もはや全国的に知らぬ人はいない人気者「くいだおれ太郎」は、日本を代表する動く看板ではないでしょうか?お好み焼きやもんじゃ焼、焼そばが食べ放題といったユニークな飲食店「ぼて茶屋」などが入った「中座くいだおれビル」の玄関で陽気に太鼓を鳴らしています。
1階には大阪みやげのショップがあり、一角には日本唯一のくいだおれ太郎オフィシャルショップ「太郎本舗」も。観光のお土産探しにおすすめです。この写真の記事を見る ≫

カナマル トモヨシ

ワールドカップ出場で再び注目!400年の歴史を誇る道頓堀川は飛び込み禁止。リバー…by カナマル トモヨシ

「とんぼりリバークルーズ」とは「なにわコミュニティツーリズムコンソーシアム」が運営する、道頓堀を川から眺める20分間のリバークルーズ。
戎橋などをくぐり、川面から道頓堀に並ぶ看板を見上げると、また違った風景が楽しめます。グリコの大看板前では記念写真タイムと、ガイドから乗客全員が力を合わせて行うミッションが出されるイベントがありますよ。安くて楽しい道頓堀川のクルーズは、大阪観光にオススメです!この写真の記事を見る ≫

ここは行かなきゃ!若者に人気「アメリカ村」有名スポット

池口 英司

「アメリカ村」で、元気で怪しい大阪を体感しよう!by 池口 英司

地図を見る 地図を見る

大阪の西心斎橋に広がっている「アメリカ村」。70年代初頭にアメリカ直輸入の衣類、雑貨を扱う店が集結し始めたことからこの名前が付いた一画は、今も若者向けの店が数多く軒を並べ、トレンドの発信地となっています。
かついかにも大阪らしい、個性に溢れた店が並ぶのも「アメリカ村」の特徴。観光地とも言えないけど、DEEPな大阪を味わうために、ふらりと歩いてほしい街です。この写真の記事を見る ≫

古井 きまち

ここだけは行かなきゃ!若者に人気の大阪「アメリカ村」の有名スポットby 古井 きまち

地図を見る 地図を見る

アメリカ村の中心、三角形の区画をしていることでも有名な「三角公園」。実は三角公園とは通称で、正式名称を「御津(みつ)公園」といいます。
若者たちの表現の場となっている三角公園は、芸人の卵が漫才・手品を披露していたり、ゲリラライブが行われたり、常にニューカルチャーを発信。三角公園周辺には有名なたこ焼き屋が何軒もあるので、大阪観光で外せないたこ焼きの食べ比べなどグルメも楽しめます。この写真の記事を見る ≫

古井 きまち

ここだけは行かなきゃ!若者に人気の大阪「アメリカ村」の有名スポットby 古井 きまち

地図を見る 地図を見る

ビッグステップは、衣料店・レストラン・ライブハウスから、日本でも数少ないミニシアター「シネマート心斎橋」やスポーツクラブまで備える複合商業ビルです。
地階から7Fまでが吹き抜けのユニークな空間と、巨大階段が若者達の休憩スポットとして利用され 、この階段を利用してライブやファッションショーなどのイベントが催されるなど、第二のアメリカ村のシンボルとなっています。この写真の記事を見る ≫

No1観光スポット「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)」

けいたろう

USJに新アトラクション誕生!プテラノドンに背中をつかまれ空を飛ぶ!?by けいたろう

地図を見る 地図を見る

“世界最高をお届けする”という使命のもと、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)がクリエイティブと技術力を集結させ、「ザ・フライング・ダイナソー」という、とんでもないフライング・コースター型のアトラクションを開発しました。

フライング・コースターとしては、世界最長×世界最大の高低差を誇り、コンセプト通りに、プテラノドンに背中をつかまれた状態、つまり、体も顔も下を向いた、うつぶせ状態で疾走します。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)観光でぜひ体感してくださいね。この写真の記事を見る ≫

けいたろう

USJがやり過ぎる?15周年アニバーサリーがスゴすぎる!by けいたろう

地図を見る 地図を見る

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)観光のお楽しみはパレード。シーズンごとに、趣向を凝らしたパレードが展開されます。
リズミカルな音楽と共にパーク内をパレードするフロートに加え、たくさんのエンターテイナーとお馴染みのキャラクターが大活躍のパフォーマンスは圧倒的!童心に返って一緒に歌って踊っちゃいましょう。

※写真は2016年に開催されたものです。この写真の記事を見る ≫

安藤 美紀

大阪で時空を超える!ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ…by 安藤 美紀

地図を見る 地図を見る

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)を遊び倒すなら、ゲートに最も近いオフィシャルホテル「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)」はいかがでしょう?
ホテルが追求したのはパークとの一体感。運が良ければ未来からきたタイムトラベル・コンシェルジュに会えるかも!フロアごとに年代が変わる、個性的な客室のデザインもお楽しみに。この写真の記事を見る ≫

大観覧車も日本一低い?山も!「天保山」観光は見所いっぱい

岡田 征三

ミシュランにも掲載!世界最大級の天保山大観覧車で大阪を一望しよう!by 岡田 征三

地図を見る 地図を見る

「天保山大観覧車」は大阪のベイエリアにあり、周囲一体が「天保山ハーバービレッジ」というレジャースポットになっています。大阪港を周回する遊覧船「サンタマリア号」や、世界最大級の水族館「海遊館」もここにあるんですよ。

世界最大級の天保山大観覧車は、地上からてっぺんまでの長さが112.5m!昼間は明石海峡大橋や関西国際空港、大阪市街地やその周辺を一望する事ができます。夜はライトアップされた大阪の街を一望でき、夜景スポットとしても観光におすすめです。この写真の記事を見る ≫

菊池 模糊

並んでも乗りたい!シースルーキャビン「天保山大観覧車」でドキドキの大阪湾岸空中散…by 菊池 模糊

地図を見る 地図を見る

天保山大観覧車ならではの醍醐味は、シースルーキャビン。60基あるゴンドラのうち4基は透明なシースルーのキャビン(ゴンドラ)になっています。数が少ないので、順番待ちに時間がかかりますが、料金は同じなので観光の際はぜひチャレンジしてみてください。
このシースルーキャビンは壁や床が透明であるだけではなく、座席の部分も透明になっており、まるで空中を浮遊しているような気分になりますよ!この写真の記事を見る ≫

bow

日本一低い山!?大阪「天保山」に登ってみよう!by bow

地図を見る 地図を見る

大観覧車や海遊館でおなじみの観光スポット「天保山」。地名にもなっている「天保山」と呼ばれる山がなんと実在!その標高はなんと4.53m。そんな低い山であるものの、測量となる基準である“三角点”がちゃんと存在しているんですよ。
天保山商店街で“てんぽーざん”と書かれた看板を上げているお店では、お買い物の際に希望すれば「天保山登山証明書」を発行してくれます。登頂&観光の記念にぜひゲットしましょう。この写真の記事を見る ≫

世界最大級の水槽でジンベイザメに癒される「海遊館」

ジンベイザメに癒される!8階建ての超大型水族館「海遊館」へ行こう!!

地図を見る 地図を見る

「海遊館」は世界でも5本の指に入る程の大規模な屋内水槽を持ち、ジンベイザメを2匹も飼育する大きな水族館で、大阪観光ならここは外せません。

パナマ湾、グレートバリアリーフ、太平洋など世界各地の海の中をイメージした展示がされているので、それぞれの海での生き物たちの特徴が非常にわかりやすいです。水槽を囲むように通路が配置され、ゆるめのスロープを少しづつ降りて行く構造になっているため、通路の片側に水槽があったり両脇に水槽があったり、他の水族館にはない回り方ができるんですよ。この写真の記事を見る ≫

さとう ゆうこ

こんなに近くていいの?と思うほど、海の生き物を身近に体感できる!大阪・海遊館の新…by さとう ゆうこ

地図を見る 地図を見る

ワモンアザラシの暮らしている様子が見られる「北極圏」ゾーンには、アクリルパネルがほんの数十センチほどしかない場所があります。
氷の上で寝そべったり、水槽に出入りするワモンアザラシの吐く白い息まで見えるほどの近さ。ワモンアザラシが暮らしている環境の気温はもちろん、鼻息や匂い、ちょっとしたしぐさの時の音まで感じることができます。この写真の記事を見る ≫

太陽の塔だけじゃない!自然も芸術も「万博記念公園」で満喫

渡部 洋一

万博記念公園のシンボル!「太陽の塔」は歴史と3つの顔に注目by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

大阪府吹田市に広がる「万博記念公園」。1970年に開催された日本万国博覧会(EXPO’70・大阪万博)の跡地を整備したこの公園を訪れる多くの観光客のお目当ては、有名芸術家・岡本太郎氏の傑作「太陽の塔」。観光で注目すべきポイントは、その歴史と3つの“顔”です。

万博終了後に取り壊される計画でしたが、撤去反対の署名運動等によって永久保存が決まり、日本はもちろんアジアで初めて開催された万博を今に伝えるモニュメントとして、現在も大阪の空に聳え立っています。この写真の記事を見る ≫

tomoko .x

秋風吹きぬけるコスモスの丘!大阪の万博記念公園に秋の彩りby tomoko .x

地図を見る 地図を見る

万博記念公園には日本庭園や競技場、BBQ広場などがつくられ、府民のレジャースポットとなっています。万博の出展施設だった鉄鋼館は記念館「EXPO’70パビリオン」として残され、当時の写真や資料が展示されているんですよ。
施設の中で一番広い面積を占めるのが「自然文化園」には、馴染みのものから珍しい品種まで多種多様。四季に合わせて種がまかれる「花の丘」では、秋には約30万本のコスモスが咲き乱れます。この写真の記事を見る ≫

MASALA Chai

万博記念公園は大阪府北部のヒーリングパーク。by MASALA Chai

万博記念公園観光で見逃せないのは「国立民族博物館」と「日本民芸館」です。通称「みんぱく」は世界中の民族に関する研究と展示を行っている研究機関で、日常の展示も見応えがありますが、定期的に開催される企画展がとてもユニーク。
同時開催されるワークショップも珍しいテーマのものが多く、旅好き、異文化に興味のある人に特におすすめ。併設されているレストランでは、さまざまな国のエスニックランチが楽しめます。この写真の記事を見る ≫

日本最大級の大型レジャー施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」

Ai Ueda

生きているミュージアム!「ニフレル」は五感で楽しめる大阪の新スポットby Ai Ueda

地図を見る 地図を見る

大阪で話題の観光スポット「エキスポシティ」は、ショッピングに食事に事欠かない大型複合施設。
様々な施設が林立する中、最も観光客に話題となっているのが、海遊館が初プロデュースした、生きているミュージアム「ニフレル」です。水族館でも、動物園でも、美術館でもない、これまでの常識を覆す次世代ミュージアム。コンセプトは“感性にふれる”。空間、照明、映像、音楽を駆使し、生き物たちの魅力を最大限に魅せる演出にチャレンジしていて、まるでアートを楽しむように、生き物の魅力を楽しむことが出来ます。この写真の記事を見る ≫

Ai Ueda

生きているミュージアム!「ニフレル」は五感で楽しめる大阪の新スポットby Ai Ueda

地図を見る 地図を見る

一階と二階を繋ぐ、「ワンダーモーメンツ」と呼ばれるゾーンは吹き抜けとなっており、直径5メートルの光の球体に自然の美しい瞬間が描かれ、宇宙から地球を眺めるような神秘的な空間が楽しめます。映像はとても美しく、床にも球体とリンクした映像が映し出され、映像を追いかけて走りまわったりと、子供たちも大喜び。親子で観光が楽しめる空間アート体験ですよ。この写真の記事を見る ≫

旅人間

エキスポシティで食べ歩き!大阪限定味のグルメが面白いby 旅人間

地図を見る 地図を見る

「EXPOCITY」は日本最大級の大型レジャー施設として注目され、ショッピングモールの「ららぽーと」を中心に「NIFREL」や英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」など、1日楽しめる観光スポット。
3階にあるフードコートには1970年の大阪万博で各パビリオンのホステス(コンパニオン)が着用していた制服などを展示。壁には当時の新聞記事、床には大阪万博の地図も描かれているんです。この写真の記事を見る ≫

「インスタントラーメン発明記念館」でマイ・ラーメンを

sorarium そら

予約困難!池田市の「インスタントラーメン発明記念館」では世界に唯一のマイ・チキン…by sorarium そら

地図を見る 地図を見る

大阪府池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」2階のチキンラーメンファクトリーでは、予約制で実際にチキンラーメンを作ることができます。

粉と調味料を混ぜて生地を作った後、製麺機にいれて生地を伸ばし、麺を熟成させるため時間をおきます。その間に、パッケージに自由にイラストや文字を描きましょう。
熟成後、再び製麺機に生地をいれ薄く薄く伸ばしたものを麺状にし、蒸した後に味付け、最後はスタッフが油で揚げて乾燥させれば完成です。この写真の記事を見る ≫

さとう ゆうこ

予約不要!大阪・池田市のインスタントラーメン発明記念館で自分だけのカップヌードル…by さとう ゆうこ

地図を見る 地図を見る

事前予約不要で、小学生以下のお子さんでも観光で手軽に楽しめるのが「マイカップヌードルファクトリー」。
空のカップを自動販売機にて購入し、ペンで好きなイラストを描きます。続いて、トッピングカウンターでスタッフの人が麺をセットしてくれるので、好みのスープと具材を選んでトッピングしてもらいます。中身ができるとフタをし、フィルムでカップを包装してもらえば、本物と同じカップヌードルの出来上がりです。この写真の記事を見る ≫

大滝も紅葉も必勝祈願も!自然豊かな癒しスポット「箕面」

けいたろう

大阪では、もみじを天ぷらで食べちゃう!紅葉ド定番の箕面!by けいたろう

地図を見る 地図を見る

大阪で最も有名な紅葉スポットである「箕面(みのお)」は、駅から駅北側の箕面山に向かって約2.8qの「箕面滝道」と呼ばれる遊歩道が、川に沿って整備されています。箕面滝道と周辺の山林は、昭和42年12月11日に明治100年記念事業の一環として、東京の高尾山と共に「明治の森箕面国定公園」として、国定公園に指定されました。

遊歩道最深部には、箕面観光ののハイライトとも言える大滝が轟音と共に流れ落ちています。かつて役行者が滝行を行った雄大な滝と紅葉のコントラストは見事です。この写真の記事を見る ≫

SHIZUKO

紅葉の箕面ハイキング。ちょっと足を延ばして勝負運もゲットby SHIZUKO

地図を見る 地図を見る

古くから滝と紅葉の名所として名高い箕面は、大阪市内から電車で30分。阪急電車を降りてすぐに、驚くほど自然豊かな、とても美しいウォーキングコースが楽しめるお勧めの場所です。
途中の「瀧安寺鳳凰閣」の紅葉と朱塗りの「瑞雲橋」はとても絵になる場所。「唐人戻り岩」も迫力いっぱい。いろんな見どころがありますから、楽しみながら観光してください。この写真の記事を見る ≫

Chiharu

人生の勝負時には、大阪・勝尾寺で勝運を授かろう!by Chiharu

地図を見る 地図を見る

箕面の標高400メートルの山に、あらゆる局面に勝運をもたらすという「勝尾寺」が鎮座しています。かつて、時代の名だたる将軍や武将が戦の勝利を祈願したという、古くから勝運信仰が脈々と続く勝尾寺。本堂へ向かう階段を上りきると、目の前に勝ちダルマ奉納棚が現れます。鮮やかな赤いダルマがズラリと並んだ棚はインパクト大!必勝祈願をしたい方は、このダルマを買って帰るのもいいでしょう。この写真の記事を見る ≫

とことん知恵で勝負の遊園地「ひらかたパーク(ひらパー)」

けいたろう

あのひらパーが超本気!100万球のイルミネーションは必見by けいたろう

地図を見る 地図を見る

関西でのユニバーサル・スタジオ・ジャパンの快進撃は凄まじいですが、そんな逆境の中で毎年120万人前後の入場者数を誇るのが、ひらパーこと「ひらかたパーク」です。

日本の遊園地で連続営業記録1位という長い歴史を持つひらパーは、木製コースターやフリーフォール、観覧車など定番のアトラクションが一通り揃っています。現在の好調を支えているのが、2代目となる“超ひらパー兄さん”こと地元枚方市出身のV6・岡田准一さん。イケメンとのギャップを最大限に活かすようなキャンペーンをいくつも展開しています。この写真の記事を見る ≫

けいたろう

あのひらパーが超本気!100万球のイルミネーションは必見by けいたろう

地図を見る 地図を見る

潤沢な資金が使えるというわけではないひらパーは、その分知恵の使い方がすごいです。
観光名物の一つに、突如噴火する火山があるんですが、これがけっこうな威力で噴火するのに、ナレーションも何もありません。こっそりと噴火して何事もなく終了するので、偶然見た人は「スゴい。何今の?もっと見たい」と、次の噴火も見ようとなってしまいます。その次の噴火時間が2時間後。2時間確実にひらパーに足止めになってしまいます。この写真の記事を見る ≫

けいたろう

ひらパー 150万球のイルミネーションが魅せる光の遊園地by けいたろう

地図を見る 地図を見る

関西で知らない人が居ないと言って過言でない観光スポット、ひらかたパーク。大阪の遊園地らしく、あの手この手の奇抜な広告やイベントを展開し順調な観客動員を誇っています。
そんなひらパーが本気モードで超豪華イルミネーション「光の遊園地」を開催。デートスポットとしても観光におすすめです。2月頃まで開催されるので、「年末年始は忙しくて見に行けない」という方にもぴったりですよ。この写真の記事を見る ≫

ほろ酔い気分で大人の工場見学?「サントリー山崎蒸留所」

金長 たぬ子

ちょっぴりほろ酔い気分!?大阪「サントリー山崎蒸留所」で大人の工場見学by 金長 たぬ子

地図を見る 地図を見る

京都の南西、天王山の麓の豊かな自然に包まれた山崎の地にある“日本のウイスキーのふるさと”「山崎蒸溜所」。有料の「山崎蒸溜所ツアー」に参加すれば、工場見学+テイスティングが楽しめます。ツアーは予約が必要ですが大人気のため、観光プランを計画する際には公式サイトで確認して早めに予約しましょう。

工場見学せずにテイスティングや蒸溜所の歴史に関する展示を楽しみたい方は、「山崎ウイスキー館」だけを観光することも出来ます。こちらも予約が必要ですので、ご注意くださいね!この写真の記事を見る ≫

ありのままの大阪“に触れる”観光スポット

いかがでしたか?大阪ツウと一緒に観光しているような気分になりませんでしたか?市販の観光ガイドブックもいいけれど、やはり地元人の生の声はとても貴重。「2、3回行ったことがあるよ」という場所でも、違った顔を発見することができそうですね。
また「大坂」は歴史の大きな転換期に何度も登場した場所。観光ではその長い歴史をたどる旅もまたおすすめです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

この記事の目次