海外旅行にビザが必要な国と取得方法

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

海外旅行にビザが必要な国と取得方法

海外旅行にビザが必要な国と取得方法

更新日:2017/05/18 09:53

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 ライター、ブローカー、ツアーコーディネイター

海外旅行でどのような時にビザが必要かご存知ですか?日本のパスポート所持者は、日本国の海外との交友関係に基づき、短期滞在で報酬を得ない渡航であれば国によっては「ビザ」が免除されることがあります。今回はこの「ビザ」に関して詳しく解説。渡航前の万全な準備こそが旅行を成功させる要です!

    ビザ(VISA)・査証ってなに?

    提供元:Pixabay

    https://pixabay.com/ja/

    ビザ(VISA)・査証とは、旅行先の国々の在日大使館や領事館の査証部、または各国の政府がが与える「入国のための事前審査証」のこと。入国の可不可は到着時に入国審査官が決定します。日本のパスポート所持者は、多くの国々への一定期間の訪問に対しビザ免除が許されています。

    しかし、ビザ免除には条件があり、観光目的、報酬を得ないビジネス、親族や知人への訪問に限定。留学や商用のビジネスにはビザ免除は適用されません。

    ビザが必要かどうかの規定は、国家関係や許可プロセスの自動化などに応じ、予期なく変更されることがあるので、渡航前の確認が不可欠。旅行会社で申し込んだ旅行先の国がビザが必要な場合、旅行会社がビザ取得の代行を行います。(要別途代行手数料)。

    ビザが不要な国々(短期の観光旅行などの場合)

    観光目的、報酬を得ないビジネス、親族や知人への訪問を目的とした渡航で、ビザ免除される国々と免除期間について、日本人の訪問が多い国々をいくつかリストアップしました。

    ■滞在期間(以下省略)180日以内:英国、オーストリア、メキシコ
    ■90日以内:マレーシア、香港、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ギリシャ、クロアチア、スイス、スペイン、ドイツ、フランス
    ■60日以内:インドネシア(バリ島など)
    ■30日以内:韓国、タイ、ジャマイカ、アラブ首長国連邦
    ■21日以内:フィリピン
    ■15日以内:中国、ベトナム
    ■14日以内:シンガポールなど

    ※日本のパスポート所持者がアメリカ入国する場合、基本的には90日以内の滞在や乗継はビザ免除ですが、VWPビザ免除プログラム(Visa Waiver Program)により、国籍、パスポート、渡航目的、適用地域、滞在日数、渡航歴、ESTA、航空会社、航空券などの指定された規定を満たす必要があります。

    条件が一つでも欠けると、入国審査官によりビザなしでは入国できなくなってしまいます。アメリカを経由する渡航時は事前確認をしっかりし、必要な場合はビザを取得しましょう(詳細は下記Memo「在日米国大使館・ビザ免除プログラム」参照)。

    ※アメリカとオーストラリアでは、電子渡航証明書ESTA・ETASが必要になります(詳細は下記にて解説)。

    ビザが必要な場合と申請について

    提供元:Pixabay

    https://pixabay.com/ja/

    留学、収入を伴うビジネス、またはビザ免除期間を超える観光旅行などの場合、ビザを取得する必要があります。基本的な申請場所は各国大使館・領事館の「領事部」。一部の国々では入国時の空港内でビザを発行していることもあります。

    申請書類の基本は、申請書(申請所備付/国によってはダウンロード可能な場合もあり)、パスポート、パスポート用写真1枚、手数料。国やビザの種類によっては警察証明書、財政証明書などの必要書類が追加になる場合があります。

    交付までの期間は国によって様々。早いところで2〜3日。時間がかかる場合は約1ヶ月。余裕をもって2〜3ヶ月前に申請できると、申請書類が追加になった場合なども対処できて安心です。

    ビザ免除国の落とし穴!

    写真:道明寺 彩希

    地図を見る

    ICパスポートが普及している昨今、ビザ免除の条件として、「ICパスポート所持者限定」という国々があります。自分のパスポートがICパスポートなのか、そうではないのかの見極め方は、表紙に描かれたICAOマーク(パスポート表紙の一番下にある長方形に丸が描かれたマーク)。

    このマークが付いているパスポートは、ICAO国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization)標準で定められている機械読取式旅券になっており、旅券の身分事項ページに、機械読み取り可能な個人情報などの旅券データが記載されています。

    インドネシア、タイ、マレーシア、トルコなど、ICパスポート限定でビザの免除を承諾している国があります。もし自分のパスポートにこのマークが描かれていなかったら、該当する国に渡航される際は短期の観光旅行であってもビザの取得をお忘れなく。

    どんな目的でもビザが必要な国々

    どんな目的であっても入国にはビザが必要な国々には、インド、ブラジル、カンボジアなどがあります。

    ロシアへの入国には基本的にビザが必要ですが、「船を利用したグループでの入出国」で「72時間以内の滞在」であれば、ビザが不要になる場合があります。

    ロシアの人気観光地・サンクトペテルブルクの場合は、フィンランド・ヘルシンキ〜ロシア・サンクトペテルブルクを結ぶ「サンクトペテルライン(St.Peter Line)」という夜行船の利用が可能。グループでの申し込みという条件は、予約時にグループとして申し込み、同じ乗船客と団体で港〜市内間の送迎バスで移動することにより条件はクリアできます。

    アメリカとオーストラリア渡航で必要な「電子渡航証明書」

    提供元:Pixabay

    https://pixabay.com/ja/

    アメリカとオーストラリアへの90日以内の観光旅行には、「電子渡航証明書」が必要になっています。「電子渡航書」とは、インターネットで申請できるビザに代わる「入局許可証」のこと。

    アメリカで必要となるのが「ESTAエスタ(Electronic System for Travel Authorization)」。申請方法は、「米国大使館公式サイト」にアクセスし、入力フォームに名前、生年月日、性別、パスポート番号、メールアドレスなどの情報を英語(ローマ字)で入力。いくつかの質問に回答します。
    アメリカ政府公式サイトから申請する場合、承認までかかる時間は最大72時間。手数料は一人当たり14米ドル。支払いはクレジットカード限定です。

    オーストラリアで必要となるのが「ETASイータス(Electric Travel Authority System)。申請から発行までの手続きはアメリカの場合と同様「豪州政府公式サイト」から申請します。登録後すぐにETASの可否が表示されます(稀に12時間保留になることがあります)。手数料は一人当たり20豪ドル。支払いはクレジットカード限定です。

    どちらの「電子渡航証明書」もペーパーレスで、登録完了と同時に各国の移民局のホストコンピューターに情報が登録されます。
    ※旅行会社やESTA・ETAS代理申請サイトなどに依頼する場合、申請手数料は異なってきます。

    渡航の際ビザの手配は余裕をもって準備をしよう!

    海外渡航に必要なビザについて、いかがだったでしょうか?最近ではインターネットの普及に伴い、各国政府のビザ発給制度も電子化に移行される動きがあります。

    アメリカのESTAは渡航認証の許可を受けた日から2年間が有効期限。オーストラリアのETASは1年間が有効期限。どちらも有効期限以内1回の渡航が3ヶ月以内であれば、1つの電子許可証で複数回渡航する事が可能です。ビザの有効期限は国やビザの種類によって様々です。

    知っておかなければならないのは、有効なビザがあり、そのビザを取得したパスポートの期限が切れてしまうケース。アメリカの場合はビザありの旧パスポートと新パスポートの両方を持っていれば問題なく有効なビザを利用できますが、オーストラリアの場合はパスポートが切れたら その時点でビザも失効してしまいます。
    国によって対応が異なるので、該当する場合はこちらも要チェックです。

    パスポートの更新は失効まで1年を切ると行えます。ビザだけでなくパスポートの有効期限もしっかりチェックしましょう。

    また、国によって条件は様々ですが、パスポートの残存期間が帰国日よりも6ヶ月以上なければならなかったり、査証欄余白ページが3ページ以上なければならない国もあります。この点も見落とさずにチェックが必要です。

    最後に、ビザとは別に渡航に際しては予防接種が義務付けられている国もあります。自分の体をまもるためにもこれらの接種も忘れてはならない条件ですね。

    ※記載事項は2017年5月現在の情報

    掲載内容は執筆時点のものです。

    - PR -

    トラベルjp<たびねす>

    トップページへ戻る

    事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ