スペイン国内の移動手段 鉄道・地下鉄・バス・タクシー・レンタカー

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スペイン国内の移動手段 鉄道・地下鉄・バス・タクシー・レンタカー

スペイン国内の移動手段 鉄道・地下鉄・バス・タクシー・レンタカー

更新日:2017/06/23 16:14

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 ライター、ブローカー、ツアーコーディネイター

スペイン国内の移動手段は、主に鉄道や地下鉄、バス、タクシー、レンタカーなど。それぞれの費用やチケットの購入方法、乗り方などスペイン旅行で役立つ国内の移動手段をご紹介します。目的に応じて使いこなし、スペイン旅行を満喫しましょう!

安い値段で乗れちゃうことも!ブエリング航空(Vueling)

安い値段で乗れちゃうことも!ブエリング航空(Vueling)

提供元:Pixaby

https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8F…

スペインのLCC「ブエリング航空」。値動きが激しいのが特徴で、予約時期が早いほど安い傾向があります。
席は、エコノミーからビジネスクラスまで3クラス。食事付きのビジネスクラス「エクセレンス(Excellence)」、食事なしのエコノミー「オプティマ(Optima)」、基本はオプティマ同様で、荷物の預け入れと座席指定が別料金になる「ベーシック(Basic)」があります。

一番のおすすめは、最も安いクラスのベーシック。例えば、バルセロナ〜マドリード間の飛行時間は1時間30分、料金は44.99ユーロからです。エクセレンスなら104.99ユーロから。

チケットの購入は公式サイト、もしくは各空港のブエリング航空カウンターで。
対応言語:英語、スペイン語。

中距離移動におすすめ!アルサ(ALSA)バス

中距離移動におすすめ!アルサ(ALSA)バス

写真:道明寺 彩希

地図を見る

スペイン各地の主要都市を網羅している「アルサバス」。バスの種類は5種類あり、ゆったりシートで食事付きの「プレミアム(Premium)」から、一般的な観光バス仕様の「ノーマル(Normal)」まで、予算に合わせて選べます。

アルサバスの魅力は何といっても値段の安さ。例えばマドリード〜グラナダ間を一番安いノーマル利用なら所要時間5時間、料金は18.63ユーロから。同じ区間をイベリア航空の直行便で移動する場合はフライト時間が1時間と断然早いのですが、料金は220ユーロから。時間に余裕があって節約したい人にはバス移動が断然お得です。

また、グラナダ〜セビリア間を移動するならアルサバスを活用しましょう!2017年5月現在、グラナダの列車の駅は工事のため一部路線を除き利用不可。飛行機もこの区間の直行便はありません。アルサバスなら所要時間3時間で5ユーロから!

「15日間パス/30日間パス(ALSA PASS 15days/ 30days)」といったお得なチケットも販売されています。こちらは、指定の期間アルサバスに乗り放題。利用するには細かな規約があるので、詳細は公式サイトをご参照ください。

チケットの購入は公式サイト、またはバスターミナルにて。
対応言語:英語、スペイン語。

スペインの国鉄!レンフェ(Renfe)

各主要都市部を結ぶ、スペインの国鉄「レンフェ」。近距離を結ぶ普通列車から快速、特急や寝台列車など、日本と同じように様々な種類の列車が運行しています。

マドリードからセビリアやコルドバへの移動には「アーヴェ(AVE・Alta Velocidad Espanola)」を活用しましょう。最高速度300kmを誇るスペイン高速列車の略称で、スペイン語で“鳥”を意味します。

座席の種類は3種類あり、シートピッチや車内設備が異なります。マドリード〜コルドバ間を移動する場合の所要時間は1時間45分で、一番リーズナブルな2等(トゥリスタ/Turista)で63ユーロから。飛行機のように市街地から空港へ向かう必要が無く、バスのように渋滞の心配もないのでおすすめです。

スペイン滞在中に電車を何回も利用するなら、お得なチケットの利用がおすすめ。RENFEスペインパスやユーレイル スペインパスなど、有効期限内に決められた日数/回数で乗り降り自由なパスがあります。座席指定が必要な列車などは別途料金が必要になる場合もありますが、提示すると観光施設などで割引が受けられる特典もあるので、旅程に合わせて活用を検討してみてはいかがでしょうか?

チケットの購入は公式サイト、駅構内のチケット売り場、日本の一部旅行代理店など。
対応言語:英語、スペイン語

スペインの国鉄!レンフェ(Renfe)

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8F…

乗降場所が分かればとても便利!市バス(Autobus de linea)

ここからは近距離移動での交通手段をご紹介します!

どの町でも市内のほぼ全域を網羅している「市バス」。目的地近くまで行ける場合が多いとても便利な交通機関ですが、難点は乗降場所がわかりづらいこと。最近ではインターネット上の地図にバス停が明記されていたり、路線図の検索も可能なので必ずチェックしておきましょう。

料金は各都市によりばらつきがありますが、1回1.30ユーロが目安。バス停でバスが来たら、手を挙げて乗る意思を示します。降りる時は車内備え付けのボタンを押して、次の停留所で下車することを伝えましょう。

チケットは、乗車時に運転手から直接購入できる場合がほとんどです。ただしグラナダのLAC(シルバーのボディー)などバス停に券売機がある場所は、そこで購入します(車内での販売なし)。乗車券は地下鉄との共通券で、1時間以内であれば乗り換え無料。都市により1日券や10回券などのお得なチケットが購入できる場合もあります。

街のタバコ屋(Kiosco)で販売している「地下鉄、バス共通カード(Credibus)」を利用すると、1回の利用料金が安くなります。まず、2ユーロでカードを購入し、その場でチャージ(5ユーロから)。乗車時はチェッカーにかざすだけでOKで、複数人での使用も可能。不要になった場合返却すれば、カード代の2ユーロは返却されます。

※地域によりシステムに違いが生じる場合があります。

路線図が分かりやすい!地下鉄(Metro)

マドリード、バルセロナ、セビリア、ビルバオ、マラガ、マジョルカ島、バレンシア、グラナダ(2017年4月現在開通待ち)には「地下鉄」が整備されています。

マドリード、バルセロナ、バレンシアの地下鉄は路線が充実。各路線ごとに番号が付けられ、色分けがされています。セビリア、グラナダの地下鉄は規模が小さく、路面を走る場所も多いので、実際はトラムのような感じです。

チケットは駅の券売機で購入し、改札のチェッカーに乗車券を通して入場。日本と異なる点は、下車駅ではドアについたボタンを押さなければドアが開かないということ。なお、改札を出る時はチケットは不要です。

乗車券はバスと共通で、料金や利用条件などもバスと同様です。
※地域により、システムに違いが生じる場合があります。

日本に比べると料金が安い!タクシー(TAXI)

日本に比べると料金が安い!タクシー(TAXI)

写真:道明寺 彩希

地図を見る

日本に比べると料金が安い「タクシー」。荷物が多い、数人で乗車する、目的地に公共交通機関が通っていない、天気が悪い、夜間などには利用価値の高い乗り物です。

乗車場所はタクシー乗り場。流しのタクシーも利用できますが、一部都心部や観光地では規制があり、決められた場所以外からの乗車はできません。

料金はメーター表示式。3つの料金体制があり、平日・日中/早朝・深夜/週末・祭日と、乗車する時間や曜日によって料金が異なってきます。各都市により車の塗装は統一されており、白タクなどは存在しないので安心して利用できます。

ドアは自動ドアではないので、ご注意を!日本語や英語はまず通用しませんが、地図やメモに目的地を書き込み、それを見せればほとんどの場合はOK。ちなみにスペイン語で「ここに行きたい」は、「キエロ イール アキ(Quiero ir aqui)」。使ってみてくださいね!

自分で運転!レンタカー(Renta de autos)

自分で運転!レンタカー(Renta de autos)

写真:道明寺 彩希

地図を見る

海外での運転が苦でない人には、「レンタカー」もおすすめ。ただし、スペインは左ハンドルの右通行です。また、ロータリー式の交差点が難関!レンタカーの使用を検討中の方は、ネットなどでスペイン運転事情の予習をおすすめします。
借りるためには年齢や運転経験歴など条件があるので、こちらもあわせて事前に確認しておきましょう。

空港や大きな駅、町中の支店などのレンタカー会社カウンターにて申し込めますが、細かい契約内容を理解するためにも、日本からの事前予約がおすすめ。レンタカー会社の公式サイトや、一部日本の旅行代理店でも申し込めます。

おすすめはエイビス(AVIS)、ハーツ(Hertz)などの大手。現地の会社は大手の約半分の値段で利用できますが、スペイン語にしか対応していない場合がほとんど。トラブル対応、乗り捨てなどの利便性を考えると、大手がやっぱり総合的におすすめです。

スペインの車はマニュアル車が一般的で、オートマ車は割高になります。しかし、不慣れな土地で運転することを考えると、絶対にオートマ車がおすすめ。ナビ付きだとさらに安心ですね。
当て逃げ、盗難、事故などに備え、保険はフルパッケージで加入しましょう。

「スペイン旅行」交通機関を上手に使い分けよう!

スペイン旅行中に利用できる交通機関についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
価格競争の激しい現在、飛行機、バス、列車の価格は日々変動しています。公式サイトを上手に利用し、こまめに価格をチェックしましょう。

大都市の場合、空港や駅、バスターミナルなどのチケット売り場は大変混雑します。また、ネット上でチケットの手配が可能になっている昨今、お得なチケットや人気の席は早く売り切れてしまうもの。ネットで購入可能なチケットに関しては、時間を有効活用するためにも事前購入がおすすめです。

※記載の所要時間、料金は目安です。ルートやクラス、時期により変動があります。
※情報は2017年4月現在のものです。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ