海外旅行に必須!海外Wi-Fiの選び方・使い方

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

海外旅行に必須!海外Wi-Fiの選び方・使い方

海外旅行に必須!海外Wi-Fiの選び方・使い方

更新日:2017/05/10 23:12

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 ライター、ブローカー、ツアーコーディネイター

海外旅行に出かける際、あると便利なのがスマホなどの無線LAN対応機器をインターネットに接続できる「Wi-Fi」。これがあればどこでもインターネットの利用が可能です。

そこで知っておきたいのが「レンタルWi-Fi」「自分の携帯電話の海外向けサービス」「現地のFree Wi-Fi」など、海外で利用できる3つの「Wi-Fi」について。今回はそれぞれのメリットとデメリットについて解説いたします。

    安心・安さと便利さ優先なら「レンタルWi-Fi」

    安心・安さと便利さ優先なら「レンタルWi-Fi」

    提供元:グローバルWiFi

    https://townwifi.com

    安心・安さと便利さを優先させるなら「レンタル Wi-Fi」がおすすめ!これは、空港やネット申し込みなどで「Wi-Fi ルーター」をレンタルする方法です。

    メリット
    ・携帯電話会社のパケ放題料金よりも安く利用できる(事業者や滞在国により差があるが、数百円程度/日)
    ・1台ルーターがあれば5台程度までの通信機器に同時に接続可能
    ・自分専用の電波なので安全性が高い
    ・いつでもどこでも利用可能(制限エリアを除く)

    デメリット
    ・事前申し込み・引き取り・返却の手間がかかる
    ・旅行中常に「Wi-Fiルーター」を持ち運ばなければならない
    ・「Wi-Fiルーター」の充電を気にしなければならない
    ・予備の充電池をレンタルする場合はその料金も加算される
    ・使用しない日があったとしても、料金はレンタル開始日から返却日までの日数分かかる
    ・保険に加入すると、その料金も加算される
    ・利用可能データ容量に制限がある(一定期間にネットを使いすぎると、回線が停止したり通信速度が遅くなったりする。メール、LINE、SNSへの写真アップくらいであれば容量を気にする心配はなし。動画の視聴は気にする必要あり)

    安心と手軽さ優先なら「携帯電話会社の海外パケ放題」

    安心と手軽さ優先なら「携帯電話会社の海外パケ放題」

    写真:道明寺 彩希

    地図を見る

    安心と手軽さを優先させるのならば、自分が日本で利用している携帯電話の「海外パケ放題」などのサービスを利用することもできます。

    メリット
    ・申し込み不要(所定の条件を満たしている必要あり)
    ・携帯電話以外の「Wi-Fiルーターなど」を持ち運ぶ必要がない
    ・自分専用の電波なので安全性が高い
    ・1日あたりの容量制限がない(容量を気にせずにネットが使用できる。動画も好きなだけ見られる)
    ・いつでもどこでも利用可能(制限エリアを除く)

    デメリット
    ・「Wi-Fiルーター」をレンタルする場合より使用料が割高

    携帯電話会社大手3社の海外向け定額サービス利用時
    ・docomo「海外パケホーダイ」1,980円〜2,980円/日(2段階制)20万パケット(約24.4メガバイト)利用で上限料金に移行
    ・Softbank「海外パケットし放題」1,980円〜2,980円/日(2段階制)iPhoneの場合25メガバイト利用で上限料金に移行
    ・au「海外ダブル定額」1,980円〜2,980円/日(2段階制) 24.4メガバイト利用で上限料金に移行

    ※上記とは別にdocomoとauでは、事前申し込み・設定が必要な海外データ通信サービスも設けています。
    ・docomo「海外1dayパケ」980円〜1,580円(渡航先による)・30メガバイト/日まで高速で利用できる
    ・au「世界データ定額」980円/日・国内で契約のデータ容量を海外でも利用できる

    お金をかけたくないなら「Free Wi-Fi」

    お金をかけたくないなら「Free Wi-Fi」

    提供元:photo AC 無料写真素材

    https://www.photo-ac.com

    お金はかけず「Free Wi-Fi」のみを使用するという選択もあります。最近では空港・ホテル・飲食店・ショッピングモール・バスや電車の駅(場合によってはバス・電車の車内)・図書館などの公共施設でも「Free Wi-Fi」を設置しているところが増えており、それだけを利用するのも一つの選択。

    メリット
    ・無料で利用可能
    ・携帯電話などの電子通信機器のみを持ち運べば良い
    ・利用容量に制限はない

    デメリット
    ・「Wi-Fi」の電波を自分で持ち歩けないので利用できる場所が限られる
    ・電波にロックがかかっていないので安全性が低い
    ・大勢の人が同じ電波を使用するので電波が立っていても弱いことがある(場合によっては接続できないことがあったり、メール程度なら利用できても、画像など重いページは開けないことがある)
    ・場合によっては無料で使える時間が制限されていることもある
    ・ホテルなどの場合、ロビーでは利用できるが部屋では電波が入らないということも起こりうる
    ・不特定多数の人が利用する「駅・空港・ショッピングモール」などで「Free Wi-Fi」を利用する場合、メールアドレスなどを登録する「設定」が必要な場合が多い。(ホテルなど、宿泊客として利用する場合は、アクセス用のパスワードの入力だけで利用できる場所がほとんど)

    帰国後に携帯電話の高額請求で泣かないために!

    帰国後に携帯電話の高額請求で泣かないために!

    写真:道明寺 彩希

    地図を見る

    海外で自分の携帯電話を利用する際に気を付けなければならないのが、後日高額な通信料の請求が来ないようにすること。これは、携帯電話が海外で電波を受信した場合に発生する料金で、高額になることがあるので注意が必要です。

    高額請求回避のための処置は、現地に到着するまでに携帯電話を機内モードにすること。やり方は、まず自分の携帯電話などの「設定」のアイコンを押し、「機内モード」を「オン」にします。「機内モード」とは、電子機器が発する電波が飛行機の機材に影響を与えない様にするための機能。これを使用することによって、モバイルデータ通信全般が使用できなくなります。

    「モバイルデータ通信」とは、「電話の電波」「インターネット通信」「Wi-Fi」「Bluetooth」等の電波を発する機能のこと。この設定を「オフ」にすることが一番肝心です。

    「Free Wi-Fi」を利用するための設定方法

    「Free Wi-Fi」を利用するための設定方法

    写真:道明寺 彩希

    地図を見る

    「Free Wi-Fi」を利用するためには、すべての電波が受信できなくなっている自分の携帯電話を「Wi-Fi」のみ受信可能にする必要があります。そのための設定方法は、携帯電話の「設定」アイコンを押し、「Wi-Fi」を「オン」にすること。これで「機内モード」ですべての電波を受信できなくなっている機器に、「Wi-Fi」の電波を受信させることができます。

    ただし、最近では「Free Wi-Fi」エリアの電波が受信できても、その電波に「ログイン」しなければインターネット回線の利用はできないことが増えています。「ログイン」の仕方には大きく分けて2つのケースがあり、一つは「Facebook」アカウントでログインする方法。そして、もうひとつは「個人情報を入力する」方法です。

    「Facebook」のアカウントでログインする場合は、まず自分の「Facebook」アカウントがあり、承諾することで自分の「Facebook」アカウントに連動させる必要があります。

    「個人情報を入力する」場合には、「年齢・国籍・男女の選択・メールアドレス・利用するためのパスワード」などを入力する必要があります。ただし、この情報はFree Wi-Fiを設置している施設が行っているアンケートのようなもので、氏名や住所といった細かい個人情報まで入力する必要はありません。

    海外では賢く「Wi-Fi」を使い分けよう

    海外で「Wi-Fi」を利用する場合の種類とその「メリット」「デメリット」。いかがだったでしょうか?
    どれにも「メリット」「デメリット」がありますが、利用の目的などにより、使い分けることが賢い選択と言えます。インターネット利用が片時も手放せない!という方や、「マップ検索」「検索」がいつでもできると安心!という方には有料サービスがおすすめ。そうでない方には「Free Wi-Fi」だけで十分でしょう。

    また、有料サービスを利用する際も、使用容量を無駄使いしないためにも、高い容量を要する「Skype」「動画の視聴」などはホテルの「Free Wi-Fi」を併用して利用するのがおすすめ。

    ネット回線にロックがかかっていない「Free Wi-Fi」利用時には、「ネットバンクの利用」など、「お金」や「重要な個人情報」を閲覧するサイトへのアクセスは控えるなど、安全面への配慮も忘れてはなりません。

    インターネット回線があれば、世界中のどんな場所からでも「LINE」や「Skype」などで課金なしで「ビデオ通話」や「電話」も楽しむことが可能!日本にいる家族や友人などにも元気な姿を届けるられる「Wi-Fi」は活用しなくては損です。何かと便利で使い勝手のある「Wi-Fi」を賢く利用して、充実した海外旅行を楽しんでくださいね!

    ※携帯電話会社などの料金設定は2017年4月現在の情報

    掲載内容は執筆時点のものです。

    - PR -

    トラベルjp<たびねす>

    トップページへ戻る

    事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ