山形・仲野観光果樹園で可愛いさくらんぼ食べ放題!ピンク色の南陽やシェイクも堪能

| 山形県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

山形・仲野観光果樹園で可愛いさくらんぼ食べ放題!ピンク色の南陽やシェイクも堪能

山形・仲野観光果樹園で可愛いさくらんぼ食べ放題!ピンク色の南陽やシェイクも堪能

更新日:2015/04/26 16:44

野山 苺摘のプロフィール写真 野山 苺摘 グルメライター、覆面調査員、謎作家

さくらんぼの産地として有名な山形県。天童市にある仲野観光果樹園では、ぷりっとハリがある完熟のさくらんぼ狩りを満喫することができます。佐藤錦をはじめ、高級さくらんぼとして有名な紅秀峰など数種の食べ比べを楽しめます。更に山形で誕生した大粒でピンク色の南陽など、このエリアならではの品種に出会うこともでき、隣接されたカフェでとれたてのさくらんぼのシェイクも味わえます。旬の可愛い実を摘みに行ってみませんか?

可愛い完熟のさくらんぼを食べ比べ

写真:野山 苺摘

地図を見る

天童駅から車で10分ほどの場所にある仲野観光果樹園では、6月中旬から7月上旬までの期間、さくらんぼ狩りを楽しむことができます。
価格は1500円で、佐藤錦・紅秀峰・高砂・ナポレオン・南陽・紅さやか・セネカ・正光錦などを食べ比べすることができるのです。雨天でもテント付の場所で参加することが可能です。

さくらんぼは、日の当たりやすい木の上の方が完熟で美味しい実がたくさん揃っています。スタッフに説明を受けながら、脚立を使って自分の足で上まであがり、キラキラ宝石のように輝く実をGETします。
どうしても上手にとることができない方には、スタッフがいくつか上のほうになっているものをとって渡してくれます。

大粒でピンク色の南陽

写真:野山 苺摘

地図を見る

有名な佐藤錦ももちろん美味しいですが、この果樹園を訪れたら是非食べてみて欲しい品種が「南陽」です。とても大粒で、見た目はほんのり白味がかったピンクに近い色です。
まだ熟していないように見えるかもしれませんが、この種類は真っ赤にまでなることはなく、このような白っぽい色でも充分に甘いのです。

南陽は晩成品種なので、佐藤錦と比べて旬の時期は遅めです。7月初旬頃が食べ頃となっています。
この品種は山形生まれのもので、天童市産のものは大きさにも甘味にも感動できると思います。

フルーツカフェ「ルレーヴ」

写真:野山 苺摘

地図を見る

仲野観光果樹園には、果物狩りの他にフルーツカフェでのティータイムを愉しむこともできます。
「ルレーヴ」という名のカフェのコンセプトは 『山形の農家が提案する創作フルーツカフェ″』。
果物王国「山形」の農家が真心を込めて作るドリンクやスイーツを提供しています。

中でもさくらんぼの季節にオススメなのが、さくらんぼの果肉やジャムがたっぷり入った「さくらんぼシェイク」です。トップにはちょこんとさくらんぼの実ものせられています。シェイクのメニューは旬のフルーツを使用したものを常時用意しているので、訪れる季節によって味わえるフレーバーが異なります。
さくらんぼの他にも、ブルーベリーや白桃、和梨シェイク等が堪能できるシーズンもあります。

スイーツメニューは、季節のフルーツパンケーキ(980円)や、りんごのフレンチトースト(700円)など、果樹園ならではのこだわりのフルーツを盛り込んだメニューを用意し、新たなる果樹園の魅力を楽しんで貰えるように工夫を凝らしています。

おわりに

仲野観光果樹園のホームページを見ると、さくらんぼ狩り入園料のクーポンがあります。300円割引されるので、是非チェックしてみて下さい。

さくらんぼ狩りの他にも、季節によって様々なフルーツ狩りを楽しむことができます。
8月から9月にかけてはもも狩り、9月から10月にかけてはぶどう狩り、10月から11月にかけてはりんご狩りを開催しています。
秋には、山形名物・いも煮が食べ放題できる面白いイベントもあります。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/06 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ