超濃厚!真っ白な硫黄泉なら「豊国館」群馬県・万座温泉

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

超濃厚!真っ白な硫黄泉なら「豊国館」群馬県・万座温泉

超濃厚!真っ白な硫黄泉なら「豊国館」群馬県・万座温泉

更新日:2015/04/28 17:28

温泉ソムリエぐっちのプロフィール写真 温泉ソムリエぐっち 源泉かけ流し温泉伝道師、温泉ライター

群馬県にある万座温泉は、硫黄成分の含有量が日本一!そして標高1800mに位置し、通年自家用車で行ける温泉としては高所日本一!
そんな万座温泉の中でも特に濃厚な温泉と評判のお湯を楽しめるのが「豊国館」。
大自然と濃厚温泉をとてもリーズナブルに楽しめるお宿です。

湯治もできるお宿

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

万座ハイウェイを登っていくと、一番最初に現れるお宿が「豊国館」。
赤い屋根に肌色の壁の木造建築の建物は年季を感じられ、とても歴史のあるお宿です。
開業は昭和2年、万座温泉のお宿では3番目に開業されたようです。

玄関を入ると、既に硫黄の香りが漂っています。
万座温泉の湯の濃さを早速感じられます。

そしてお宿の雰囲気は温泉旅館というよりは湯治宿という雰囲気です。
お部屋はバス・トイレは無しで共同になります。
そして自炊場もあり、湯治も可能な貴重なお宿です。

木の温もりを感じられる内湯

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

内湯の扉を開けると、まず最初に硫黄の香りに驚かされます。
酸性の硫黄泉ならではの焦げたような硫黄(硫化水素)の香りが充満しています。
万座温泉は高濃度の硫化水素が含まれていますが、泉源から浴槽までの間で硫化水素を抜いて安全に温泉を楽しめる工夫をされています。

湯船は木製のほぼ正方形の浴槽がひとつ。熱めの湯が滾々と注がれています。
注がれる湯は透明ですが、浴槽の湯はかなり白濁しています。
硫黄分を含んだ湯が空気に触れることにより、白い濁り湯になります。

熱ければホースで加水して冷ますことが出来ますが、湯に拘るなら加水せずに「湯かき棒」で冷まして下さい。
そうすれば、底に溜まった湯の華が舞い上がり、さらに白い濁り湯を楽しめます。

高原の景色を眺めながらの混浴露天風呂

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

混浴露天風呂は泳げそうな広さで、とても解放感があります。
眺望もよく、高原を眺めながら湯浴みを楽しめます。

浴槽の深さは約1m程あり、かなり深めになっています。
なので、立って浸かるような感じになります。
また、浴槽の内側の縁には段差が設けてありますので、腰掛けながらの入浴も可能です。

夜は晴れていれば満天の星を眺めながらの湯浴みも楽しめます。
ただ、寒い時期は湯気が立ち込めますので、温かい時期のほうが星を楽しめます。

また、タオルを巻いての入浴が可能ですので、女性の方も安心して混浴を楽しめます。

女性専用の露天風呂もございます

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

女性の皆さま、ご安心ください。女性専用の露天風呂もあります。
混浴露天風呂に比べれば小さいですが、十分な広さに解放感もありますので、混浴に抵抗のある女性の方も安心して露天風呂をお楽しみ頂けます。

お食事について

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

1泊2食付きであれば、夕食、朝食共に食事処(食堂)で頂きます。
決して豪華とは言えませんが、品数もそれなりにあり、宿泊代金からすれば十分に納得できるお料理。
ただ、折角の温泉旅行で食事はそれなりに豪華に、と思われる方には少々物足らないかもしれません。

また、こちらのお宿は湯治も出来るため、素泊まりで自炊することも可能です。
さらに「半自炊」というシステムもあり、ご飯と汁物はお宿が用意してくれるというものです。
予算に合わせて、もしくは目的に合わせて泊まり方が選べるのはとても有難いです。

白い濁り湯、硫黄泉好きな方にはとてもおすすめです

「豊国館」の湯は「苦湯」と言う独自源泉を利用されています。
この「苦湯」は万座温泉の中でも特に濃いと言われています。
ゆえ、湯に拘る方にはとてもおすすめです。

泉質は酸性かつ硫黄泉。皮膚疾患や高血圧、美肌等に期待できる温泉であると言えます。
そして、濃い硫黄泉なので、湯あがり後、いわゆる硫黄の香りが衣服にも付着してしまいますので、気になる方はご注意下さい。

【泉質】
酸性・含硫黄−ナトリウムー硫酸塩泉

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/01−2014/06/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ