金沢土産の最新事情。金沢駅「あんと」で買える人気の金沢みやげ

| 石川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

金沢土産の最新事情。金沢駅「あんと」で買える人気の金沢みやげ

金沢土産の最新事情。金沢駅「あんと」で買える人気の金沢みやげ

更新日:2017/02/16 10:36

みぃのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター みぃ 船場経済新聞ライター、旅行ライター、香美町観光大使

金沢のお土産は金沢駅にある百番街「あんと」が便利。新幹線や電車待ちの時間をうまく利用して、人気のお土産を買い求めたり、新製品のお土産探しを楽しみましょう!帰りの電車で食べるお弁当やお寿司も「あんと」で調達するといいですよ。
「あんと」の営業時間は8時半から20時まで。長く開いているので使い勝手も良く、最終日におすすめです。

抜群の安定感!定番の金沢土産

写真:みぃ

地図を見る

こちらは金沢うら田の「加賀八幡起上もなか」。金沢土産として買って帰られる方も多い人気のお土産。金沢では縁起の良い品として、出産などのお祝い事やお見舞いなどにも用いられます。
写真は北陸新幹線開業記念として販売された限定品ですが、通常時は赤い包みになっています。

中は粒あんで甘すぎない上品な味ですので、幅広い年齢層に喜ばれます。

写真:みぃ

地図を見る

こちらは落雁諸江屋の「花うさぎ」。写真は、3色の和三盆のお干菓子が15個入った432円のかわいらしいBOX(巾着)。
口にいれると、ほろほろっと溶けていく、上品な甘みが特徴です。お茶によくあいますので、日本茶好きな方のお土産にどうぞ。

最近は、ココア味の「La・Kugan」というほろ苦い落雁も人気。160年以上の歴史ある老舗ですが、新しい味にも挑戦されています。

写真:みぃ

地図を見る

涼しげな氷のような、和菓子村上の「わり氷」。カリッとした食感の外側と、しっとりとした中身のギャップはクセになりそうなお味。こちらも金沢のお土産として人気です。

夏のお菓子かと思いきや、通年販売の商品。最近ではちょこっとサイズの小袋も販売されていますので、お試しにどうぞ。

人気のひゃくまんさんデザイン

写真:みぃ

地図を見る

しょうがの風味が効いた小判型のお菓子「柴舟」で有名な柴舟小出の「三作せんべい」。こちらには石川県のマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」デザインが登場。おせんべいにひゃくまんさんがデザインされていますが、表の赤いパッケージにもひゃくまんさんが描かれています。
卵とマーガリンが使われていて優しい甘さのおせんべい。しょうがの風味が苦手なお子さんには、「柴舟」よりも「三作せんべい」のほうがおすすめです。生菓子とは違って日持ちがするので、帰宅後すぐに渡せない方へのお土産には重宝します。

写真:みぃ

地図を見る

中越の「黄金金時」は、加賀野菜の五郎島金時を使った一口サイズのお菓子。こちらにも「ひゃくまんさん」のパッケージが登場。金色のパッケージに、兼六園の灯籠や、前田家家紋の梅鉢など、金沢らしいイラストが散りばめられています。
女子ウケするデザインですので、女友達や会社の女子たちへのお土産におすすめです。

迷ったらコレ!テッパン土産

写真:みぃ

地図を見る

まめや金澤萬久では、かわいらしい「豆箱」が人気。この「豆箱」はひとつひとつが九谷の里で手描きされていて、金沢に行くたびに買い増ししてコレクションしたくなる商品。手描きのためそれぞれ微妙に違って、あたたかみがあるのも魅力です。

店頭では試食もさせてもらえますので、いろいろ食べ比べてみてください。一番人気は「みたらし」。味に迷ったら、パッケージで選ぶのもアリですね。

黄な粉チョコの「しみみ」なら、簡易パッケージでも販売されていて、帰りの電車の中のおやつにもピッタリです。

写真:みぃ

こちらはひがし茶屋街や兼六園などの、金沢では必ず立ち寄る観光スポットに店を構える箔一のこんぺいとう。箔一はあんとにも入っていますが、食料系のお土産は間違いなく在庫のある観光スポットで買っておいたほうが良さそうです。

箔一は、工芸品などに使う金箔を取り扱う会社ですが、食用の金箔がソフトクリームや和菓子などにも使われています。雅なBOXの中には金箔の「こんぺいとう」。さすが金箔やさん。けっこうふんだんに金箔が使われていて、かなりゴージャスです。写真のBOXは432円で買えますので、値段のわりには見栄えのするお土産。迷った時に助かる一品。

写真:みぃ

地図を見る

こちらは「長生殿」。言わずと知れた森八の日本三銘菓の一つ。写真のものは「小墨」という小さなサイズのものですが、普通サイズのものよりも食べやすくて、見た目もカワイイのでおすすめ。

年配の方、特にお茶をされる方へのお土産に、最後の最後まで何を買っていいのか迷ったら、「長生殿」を買っておけば間違いないです。

帰りの新幹線で「のどぐろ棒鮨」

写真:みぃ

地図を見る

最後は自分へのお土産。近江町市場の舟樂が金沢駅のあんとにも入っています。写真は「のどぐろ棒鮨」。脂がのっていて、甘味があって超美味!他には鯖、アナゴ、鮭などがありますが、やはりのどぐろが一押し。是非帰りの新幹線で金沢旅行の余韻にひたりながらお召し上がりください。

最近の金沢みやげ

最近の金沢土産は、和と洋のコラボや、老舗の新作なども登場。ひゃくまんさんのデザイン商品も人気ですので、味やパッケージ、用途に合わせた選択肢が増えています。小さなサイズのお土産も充実していますので、気軽に試せるようになったのも魅力です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/15−2017/02/11 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ