寒ぶり!のどぐろ!B級グルメも!?金沢・絶品グルメまとめ♪

| 石川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

寒ぶり!のどぐろ!B級グルメも!?金沢・絶品グルメまとめ♪

寒ぶり!のどぐろ!B級グルメも!?金沢・絶品グルメまとめ♪

更新日:2014/04/28 15:30

スズキ イチロウのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター スズキ イチロウ タビーノTV専属俳優

金沢と言えば、兼六園に金沢城公園、金沢21世紀美術館や風情ある茶屋街など、たくさんの風光明媚な見どころがありますが、日本海の新鮮な海の幸を思いっきり楽しむことができる街でもあります。しかも金沢では冬が旬の「寒ぶり」や高級魚である「のどぐろ」などを新鮮な状態で、かなりお得に味わうことができる魅惑の街♪今回は金沢を訪れたら、ぜひ食べてほしい絶品グルメをご紹介します!
※メニューは取材時のものです

のどぐろの炙りに舌鼓♪ 〜大國鮨のお寿司〜

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

まず、金沢の海の幸と言えばやっぱり「のどぐろ」!アカムツの別名ですが、口の奥が黒いためにのどぐろと呼ばれ、北陸エリアでは幻の高級魚として知られています。

そののどぐろの炙りをお得にいただけるのが、こちらの大國鮨です。

まずは何はともあれ、軽く炙ったのどぐろをいただきます。。。うーん、おいしい!

脂の乗った白身はジューシーで、炙られてパリっとした皮との食感の違いが食欲をそそります。またこの他にも白子、がんど(鰤)、穴子などもオススメ!特に穴子は江戸前に比べてネタが大きめでとっても贅沢なお味でした。

実はこのお店、あまりガイドブックには載っていませんが、知る人ぞ知る名店で、キャビンアテンダントや旅行関係者など全国の味に詳しそうな通がオススメしていたり、次に紹介する人気店「いたる」の大将も通っているなど、プロも太鼓判を押す隠れた名店。コストパフォーマンスもかなりよく、取材時はお腹いっぱい食べても3,000円に届かない程度でした。

気前のいい大将の人柄も魅力のひとつ。こぢんまりとしたお店で大将との会話を楽しみながら、おいしいお寿司をぜひ味わってくださいね♪


大國鮨(だいくにずし)
石川県金沢市西町藪ノ内通31

地元の人も通う人気のお店で海の幸を味わう♪ 〜いたる本店のぶりしゃぶ〜

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

冬の北陸に来たら、やっぱり今が旬の寒ぶりが食べたいですよね♪先ほどの大國鮨の大将に勧められて訪れたのが「いたる本店」。地元の方も多く訪れる人気の居酒屋です。

ここでは新鮮なお造りを桶に盛った「おけもり」などたくさん名物料理がありますが、ここでは贅沢に寒ぶりをしゃぶしゃぶでいただく「ぶりしゃぶ」をご紹介!

薄くそいだ切り身を出汁に何回かくぐらせて、軽く火が通ったら薬味とポン酢と一緒にいただきます。冬の時期、産卵期前のいちばん脂が乗った旬のぶりを特に「寒ぶり」と呼ぶだけあって、とってもジューシー!しゃぶしゃぶするのも楽しく、他の名物である白子の昆布焼き、のどぐろ塩焼き、五郎島金時芋の天ぷら、出汁巻きと一緒にあっという間にいただきました。

観光地に来たら旅館やホテルのお食事もいいけれど、地元の居酒屋でご当地の食材に舌鼓しながらワイワイやるのも楽しいですよね。地元でも人気店のため、来店前には予約をオススメいたします。

いたる本店
石川県金沢市柿木畠3-8

金箔入りのスイーツを召し上がれ♪ 〜懐華楼カフェの黄金ぜんざい〜

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

加賀百万石の城下町の伝統や文化を色濃く残す金沢市内には、国の重要伝統的建造物保護地区に選定された茶屋街があります。その茶屋街のひとつ、ひがし茶屋街にある懐華楼カフェでは、金箔をあしらったスイーツを楽しむことができます。

金箔というときらびやかなイメージがありますが、そのイメージを崩さないのが、その名も「黄金ぜんざい」。なんとお椀一面を金箔が覆っています。ちょっともったいないような気分でお箸を入れていくと、上品な甘さのぜんざいが溢れてきます。

もともと懐華楼とはひがし茶屋街でいちばん大きなお茶屋で、カフェはこちらに併設されています。夜は一見さんお断りのお座敷となりますが、昼間は建物を見学をすることができ、入館料とカフェメニューがセットになったお得なセット料金もあります。せっかく訪れたなら、いろりがステキなカフェと合わせて、懐華楼自体も見学してみてはいかがでしょうか。


懐華楼
石川県金沢市東山1-14-8
入館料・・・700円

金沢で愛され続けるB級グルメ〜グリルオーツカのハントンライス〜

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

ここまで金沢の新鮮な海の幸や、スイーツなどを紹介しましたが、やっぱりご当地のB級グルメも気になりますよね??

最後にご紹介するのは、昭和32年創業の昔懐かしい趣の洋食屋さんで味わえる「ハントンライス」です。

ハントンライスとはケチャップライスに薄焼き卵を乗せて、その上に魚の白身フライとケチャップ、タルタルソースがかかった、なんともハイカロリーそうな魅惑のメニューです。もともと「ハン」とはハンガリーの「ハン」、「トン」はフランス語で鮪を表す「トン」だと言われていますが、実際は白身魚のフライであり、どのあたりがハンガリーなのかはちょっと不明・・・でも見た目通りのお味で、このハイカロリー感がたまらない!

もうちょっと気楽なご飯が恋しいな、と思った時にオススメです!

グリルオーツカ
石川県金沢市片町2-9-15

--------------------------------------------------------------------------

今回は冬の食材を中心に金沢のグルメを紹介しましたが、カニや甘エビなどの海産物、治部煮や加賀麩、いしる鍋に代表される加賀料理、上生菓子など、まだまだ様々な食材、グルメがあります。北陸新幹線(2014年度末、開通予定)が開通したら、さらにアクセスもよくなりますし、ぜひ金沢の食を堪能しに行ってみてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/02/08−2013/02/09 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ