穴場の絶景!千葉県印西市「吉高の大桜」と「小林牧場の桜」

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

穴場の絶景!千葉県印西市「吉高の大桜」と「小林牧場の桜」

穴場の絶景!千葉県印西市「吉高の大桜」と「小林牧場の桜」

更新日:2017/03/20 18:45

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

吉高の大桜(千葉県印西市)は、知る人ぞ知る一本桜。樹形が極めて美しい山桜の、圧倒的な風格に感動。満開期間が短かく毎日通う人も居る、穴場ながら人気の花見名所です。

小林牧場の桜は、吉高の大桜と併せて、印西市の2大桜名所と呼ばれます。競走馬の牧場ですが、一般車も通行可能な敷地内の道路に桜並木があり、大木なので見応え十分。「吉高の大桜」と、夜桜も楽しめる「小林牧場の桜」の絶景を紹介します!

- PR -

吉高の大桜は、穴場ながら人気の花見名所

吉高の大桜は、穴場ながら人気の花見名所

写真:藤田 聡

地図を見る

吉高(よしたか)の大桜は山桜で、染井吉野より開花が一週間遅れます。いつのまにか桜の満開が過ぎて、今年は桜を見損なったと突然気付く、忙しい方に特におすすめ。吉高の大桜なら、間に合うのです。

満開期間が2日前後と非常に短かく、満開に遭遇するのが困難なので、(遭遇出来たら)奇跡の桜と呼ぶ人も居る程。散り始めでは遅いので、満開前を狙うのもおすすめです。

吉高の大桜は、美しい樹形が最大の魅力

吉高の大桜は、美しい樹形が最大の魅力

写真:藤田 聡

地図を見る

「吉高の大桜」は美しい樹形が魅力的で、これ程形の整った山桜は滅多にありません。畑の中の日当たりの良い場所に植えられた事で、存分に成長し立派な樹形になりました。

樹齢300年を超える老木ですが、その生命力は旺盛。満開前に行くと、刻々と満開に近づいている気がします。まだパワースポットとしては知られていませんが、一本桜の生命力を実感して感動するパワースポットです。

一本桜の素晴らしさは、見た目の美しさだけでなく、人間より何倍も長生きな生命体の「生命力の実感」に、本当の醍醐味があります。
見に行くというよりは、(生命体に)会いに行くという方が、適切な気がする。それ程深く感動し、感銘を覚える、断然おすすめの一本桜なのです。

吉高の大桜は、周囲の田園風景も美しい

吉高の大桜は、周囲の田園風景も美しい

写真:藤田 聡

地図を見る

吉高の大桜の周囲には菜の花が植えられ、桜と菜の花のコラボレーションが楽しめます。さらに花桃やチューリップ、大根の紫の花も美しく、農産物の直売も行われます。

撮影場所は、写真をクリックすると地図が表示されます。Google地図上に記載されている「吉高の大桜」は少しズレているので、正しい場所に目印を付けました。
この写真のみ、Google地図上の「吉高の大桜」の場所から、大桜を遠望して撮影しました。

「吉高の大桜」の後は、小林牧場の夜桜もおすすめ!

「吉高の大桜」の後は、小林牧場の夜桜もおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

「小林牧場の桜」は穴場ですが、印西市では有名な花見名所。大木の桜並木は見応え十分。屋台が多数出て、お祭り気分も楽しめます。

染井吉野なので、山桜の「吉高の大桜」が満開の頃には、残念ながら散り始め。夜桜なら、ライトアップの照明で花が残って見えるので、十分楽しめます。

「吉高の大桜」の見頃時期は?

「吉高の大桜」の見頃は、例年4月上旬です。開花情報は印西市のホームページに写真入りで随時掲載され、参考になります。

千葉県には他にも一本桜や穴場の花見名所が多数あり、チューリップの花見も楽しめます。別記事で紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ