日帰りツアーにも最適!マレーシア「パヤ島」で海を満喫!

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日帰りツアーにも最適!マレーシア「パヤ島」で海を満喫!

日帰りツアーにも最適!マレーシア「パヤ島」で海を満喫!

更新日:2015/03/03 17:09

釜井 知典のプロフィール写真 釜井 知典

パヤ島は、マレーシア西海岸で初めて海洋公園に指定された手付かずの自然が残る離島です。美しい珊瑚礁はマレーシア西海岸随一ともいわれ、様々なアクティビティを楽しむことが可能。普段なかなか目にすることができない珍しい海洋生物に出会うことができる場所で、マレーシアに訪れた際にはぜひ足を運んでいただきたい魅惑のスポットです。

- PR -

「パヤ島」ってどんな所?マレーシアの小さな島に溢れる魅力

「パヤ島」ってどんな所?マレーシアの小さな島に溢れる魅力

写真:釜井 知典

地図を見る

ランカウイ島とペナン島の中間に位置する「パヤ島」。

高速船を利用してランカウイ島から約50分、ペナン島からは約2時間でアクセスできるのも魅力のひとつであり、日帰りで満喫できるリゾート地です。そのため、マレーシア観光の際に立ち寄られる方も多くいらっしゃいます。

また、パヤ島の水温は年間を通して28〜30度と比較的安定しており、潮の流れも穏やかなため、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツ初心者にも大変お勧め。特に海の透明度が高くなる1月〜6月の間は、観光にもぴったりです。

観光客はオプショナルツアーを利用して訪れるのが一般的ですが、アクティビティの内容によって金額は変動します。例えば、大人一人当たりのシュノーケリングの場合10,000円、ダイビングであれば12,000円前後(2015年3月現在)。日本でダイビングするのとそれほど変わらない金額で、美しい海を満喫することができます。

マレーシア西海岸の随一の透明度を誇る、パヤ島の海

マレーシア西海岸の随一の透明度を誇る、パヤ島の海

写真:釜井 知典

地図を見る

1985年にマレーシアの西海岸で最初の海洋公園に指定されたパヤ島は、その美しい自然を保護するためホテルなどの宿泊施設は島内に存在せず、ツアーでしか訪れることができません。

そのため、海はマレーシア西海岸随一といわれるほどの透明度を保っており、美しい珊瑚礁とビーチを堪能することが可能。近隣の島からより美しいビーチを求めて訪れる方もいるほど、人気のスポットとして注目されています。

高速船に乗り込んだときと、到着時の違いは一目瞭然。美しいエメラルドグリーンの海が眼下に広がり、思わずそのまま飛び込んでしまいたくなってしまいます。

サメと一緒に泳ごう!見応え抜群な海の生物たち

サメと一緒に泳ごう!見応え抜群な海の生物たち

写真:釜井 知典

高い確立でカラフルな魚たちと出会うことができるのも、パヤ島ならではの魅力。
ディズニー映画「ファインディング・ニモ」に登場した”カクレクマノミ”をはじめ、ナポレオンフィッシュ・ウミガメ・ギンガメアジなど、多種多様な海洋生物と出会うことができます。

水中の風景も見応え抜群ですが、お年寄りや小さなお子さまがいる場合でも安心。ダイビングやシュノーケリングができなくても、「プラットフォーム」と呼ばれる人工の浮き島から可愛らしいお魚たちを眺めたり、食事を楽しむことができます。

また、パヤ島には小さなサメも沢山生息しており、場合によっては餌付けをする瞬間と出会えることも。人を噛むようなことはありませんので、もちろん一緒に泳ぐことも可能です。

自分のペースでのんびりと。安らぎのリゾートはパヤ島にある!

美しい自然と豊富なアクティビティを楽しめるパヤ島。保護区のため現地の砂や貝などを持ち帰ることは禁止されていますが、思いっきりマリンスポーツを楽しむことができます。プラットフォームで休みながら自分のペースで過ごすことができますので、小さなお子さま連れの方にもぴったり。安らぎのリゾートタイムを、パヤ島で実感してみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ