カメラに収める小田原街歩き!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

カメラに収める小田原街歩き!

カメラに収める小田原街歩き!

更新日:2013/03/15 15:17

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 フリーライター、カメラマン

小田原には桜の木が多く植えられており、春になるとピンクの花びらが空を埋めつくします。その中でも特に桜の名所として全国的に知られている小田原城址公園を中心に3ヶ所をご紹介。
静かで心安らぐ街・小田原に溶けこむ、さまざまな桜の表情をカメラに収めようと、春の小田原を歩いてみました。

桜の時期に訪れたい小田原城址公園

写真:佐久田 隆司

地図を見る

小田原駅は東京駅からJR東海道線で1時間15分、新幹線だと36分で着くことから、小旅行にピッタリ。都心から多くの観光客が訪れます。
そんな小田原市の観光拠点といえば、やはり小田原城址公園です。市民の憩いの場として親しませる同公園は、春には特に多くの観光客が訪れる桜の名所。
天守閣やお堀を背景に、約350本のソメイヨシノが一気に咲き乱れる光景は圧巻。市民にとっても大切な場所で、この時期は夜になるとライトアップ。露店が並び、夜になっても人々の楽しそうな声が、この公園を包み込みます。

今年3月31日には参加型企画の「きもので街歩き」が開催されます。桜満開の時期にそぞろ歩く、着物好きには見逃せないイベント。最近は若いカップルでの参加も増え、城下町の雰囲気を盛り上げています。

※小田原城址公園までは小田原駅から徒歩15分
※「きもので街歩き」は3/22まで募集 参加費¥500 着付け希望は別途¥1000で当日受付 詳しくはHPなどをご参照ください。
※小田原桜まつり3月下旬〜4月上旬まで開催 夜桜は開花から散るまで18時〜21時までライトアップされます。

西海子(さいかち)小路はソメイヨシノのトンネル

写真:佐久田 隆司

地図を見る

小田原城から海側へ徒歩15分ほどに、西海子(さいかち)小路があります。ここはソメイヨシノのトンネルで有名な場所。小田原駅近隣で必見の桜名所になっています。ライトアップはされませんが、街灯が程よく夜桜を浮かび上がらせる絶景ポイントでもあります。

西海子小路沿いには北原白秋や坂口安吾など明治から昭和にかけて、多くの文豪が訪れたとされる小田原文学館があります。本館は昭和12年、別館は大正13年に建てられたとは思えないモダンな造りで、窓枠も白く塗られベランダもあるヨーロッパテイスト。大正ロマンの要素を存分に感じることが出来ます。

小田原散策には、この時期運行される「小田原宿回遊バス」が便利です。何度でも乗り降り自由の一日¥200のリーズナブルなもの。主な停留所は、小田原駅、石垣山一夜城歴史公園、小田原漁港、小田原文学館、小田原生業交流館など観光施設を回遊するので、ぜひ利用したいですね。

※詳しくはHPなどをご参照ください。

国立印刷局小田原工場は観桜会を開催

写真:佐久田 隆司

地図を見る

JR小田原駅から東京方面一駅となりのJR鴨宮駅から、徒歩15分のところにある国立印刷局小田原工場はかつての造幣局。桜の枝が自然に伸びて咲き誇るここも、小田原の桜名所として有名。
ここの桜は小田原城址公園の桜と違って、キレイに刈り込んでいるというよりは、その桜が持っている無造作なスタイルが魅力。自由に枝を伸ばしている姿は、可憐な色合いに反して、ワイルドさを感じさせてくれる側面を持っています。
この時期は通常入れない国立印刷局敷地内部では観桜会も行われます。国立印刷局の周囲は常に出入りできますし、内部と変わらないソメイヨシノが皆を楽しませています。

※JR小田原駅(東口)から(9番:国府津駅行き)バスで20分 印刷局前下車徒歩5分でも行けます。
※観桜会についてはHPをご参照ください。

見どころ満載小田原

小田原では春の桜にはじまり、順にシャガ、藤、ツツジ、花ショウブ、アジサイ、ハスと見頃を迎えますから、この時期はまさに花の季節の始まりと言えます。

昔ながらの城下町の雰囲気はもちろん、風光明媚な場所が満載の小田原はこれからが旬の季節。名物の蒲鉾、梅干し、魚介類など味覚の点でも存分楽しめます。見て良し、食べて良し、雰囲気よしの三拍子。きっとどなたも小田原を満喫できることでしょう。
3月末には「かまぼこ桜まつり」、GWには恒例の「北條五代祭り」なども予定している通年イベントが目白押しの小田原に、一度足を向けてみてはいかがでしょうか。

※詳しくはHPを参照ください。

動画:佐久田 隆司

地図を見る
掲載内容は執筆時点のものです。 2012/04/05 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ