香港の下町、旺角(モンコック)を楽しめ!「女人街」と周辺スポット

| 香港

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

香港の下町、旺角(モンコック)を楽しめ!「女人街」と周辺スポット

香港の下町、旺角(モンコック)を楽しめ!「女人街」と周辺スポット

更新日:2017/07/11 19:00

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

香港のチープなショッピングエリアの代表格、「女人街」。ごちゃっとした下町のエリアに、夕暮れとともに服飾系の屋台が軒を重ねていきます。ひとたびこの通りに迷い込むと、独特の熱気が渦巻き、昔ながらの香港を感じます。
逆に、大通りを隔てた向かいのブロックには巨大なショッピングモールがあり、最新の香港トレンドを体感することができます。
さあ、夕暮れが迫ったら、こんな不思議エリアへ出かけませんか?

- PR -

夕暮れとともに下町の通りが屋台街に変身!

夕暮れとともに下町の通りが屋台街に変身!

写真:やま かづ

地図を見る

地下鉄MTRの旺角(モンコック/Mong Kok)駅の東側、北は亜皆老街(Argyle Street)、南は鼓油街(Soy Street)に挟まれ、ネイザンロードに並行して走る下町通りがあります。
正式な通りの名称は「通菜街(トンチョイガイ)」といいますが、女性物の服飾関連の屋台が多く並んでいることから「女人街(ウーマンズストリート)」と呼ばれるようになりました。夕暮れが訪れるのと前後して、「通菜街」は夜の顔、「女人街」へ姿を変えていくんです。

とにかく女性物の衣料品のオンパレード!

とにかく女性物の衣料品のオンパレード!

写真:やま かづ

地図を見る

「女人街」の名前の由来のとおり、屋台の多くは女性物の服飾関連商品を扱っていますが、衣料品の店舗が断トツです。
しかし、衣料品の大半は、有名企業のロゴをあしらったポロシャツ、日本語らしき文字がプリントされたTシャツ、原色バリバリのチャイナドレスなど、普段使いというよりは奇をてらったウケ狙いのお土産向きです。コピー商品なんかも堂々と並べられていますから、買い物を楽しむというよりは見て歩いて楽しむ方がよさそうです。

怪しい?装飾品も数知れず!

怪しい?装飾品も数知れず!

写真:やま かづ

地図を見る

衣類に次いで多いのが装飾品の屋台です。翡翠(ヒスイ)のネックレスにブレスレット、指輪、ヘアバンドなど多くは楊貴妃が好みそうな派手な代物ばかりですが、趣味が合えばちょとしたチープなお土産品が見つかるかもしれません。
ただ、品質には要注意です。せっかく値段交渉してお得に買ったつもりでも、売り子さんはセールスのプロフェッショナル、油断は禁物です。「持って帰ってみたら全然使えなかった〜」と笑って済ますことができる程度の買い物にしましょう。

実は常識!通菜街の路面店が穴場!!

実は常識!通菜街の路面店が穴場!!

写真:やま かづ

地図を見る

女人街の屋台の雑踏が表通りなら、その屋台の裏通り、通菜街の路面店が飲食スポットの穴場です。大きく軒先を広げた屋台の裏には、香港っ子の御用達、隠れた名店がたくさん潜んでいます。

小腹を満たしたいなら練り物、香港風のおでん屋さん、搾りたてジュース屋さんがあります。また、ガッツリおなかいっぱい食べたいなら麺・粥のお店、インド、タイ、台湾の小食店など、食べるところには事欠きません。

女人街の賑わいに誘われて街に繰り出した後は、屋台裏の通菜街にある路面店に注目!香港っ子が吸い込まれていくお店に入ってみましょう。

最後はココに吸い込まれる!岩の要塞、ランガムプレイス

最後はココに吸い込まれる!岩の要塞、ランガムプレイス

写真:やま かづ

地図を見る

人混みにもまれて女人街の屋台をひと通り冷やかして歩いた後は、モンコックエリアの最新スポット「ランガムプレイス(朗豪坊/ Langham Place)」に向かいましょう。
場所はネイザン通りの1本西側。MTRモンコック駅の構内を通ってE1の出口を上がれば、目の前に岩の要塞がそびえ立っています。

最後はココに吸い込まれる!岩の要塞、ランガムプレイス

写真:やま かづ

地図を見る

「ランガムプレイス」のウリは、何といっても200店以上を数えるテナントと、それらのフロアをつなぐエスカレーターがチョ〜長いこと。4階と8階、8階と12階を2基のエスカレーターが直接つないでいますが、その距離なんと合計で83メートル!下りのエスカレーターは、奈落の底に落ちていくようでかなりのスリルです。

女人街の雑貨を物色してすっかり買い物モードにスイッチが入ってしまった人、歩き疲れてちょっとお茶休憩をしたくなった人、はたまたガッツリと夕飯を食べたくなった人、全てのニーズに応えてくれるのが、ここ「ランガムプレイス」です。

施設:ランガムプレイス(朗豪坊/ Langham Place)
場所:8 Argyle Street, Mong Kok
営業:11時から23時(店舗により異なる)

まち歩きが断然楽しくなったこのエリア!

昔ながらの風情そのままの女人街、最新のファッションが集結したランガムプレイス、どちらのスポットにもあなたの期待を裏切らない何かがあります。
あなたも香港人にまぎれて、夜のモンコックで弾けちゃいませんか?

なお、「ランガムプレイス」の詳細は、下記「MEMO」をご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/05−2015/02/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ