はとバスツアーで巡る!いちご狩りとスイーツ食べ放題、世界遺産の日光散策

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

はとバスツアーで巡る!いちご狩りとスイーツ食べ放題、世界遺産の日光散策

はとバスツアーで巡る!いちご狩りとスイーツ食べ放題、世界遺産の日光散策

更新日:2014/03/18 10:18

ヒビノフウケイのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター ヒビノフウケイ ライター

はとバス、春の人気ツアーである「世界遺産の日光と大好き! いちごスイーツ」は、女性を魅了するいちご狩りといちごのスイーツ食べ放題に、世界遺産の日光山内を満喫する、大満足の日帰りツアーです。

こんなにおいしいいちご狩りは初めて!

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

栃木のいちごと言えば、「とちおとめ」。今回のツアーでは栃木県小山市の「いちごの里」でいちご狩りを楽しみます。

いちご狩りと言うと、コンデンスミルクが配られることがありますが、ここではへたを入れる紙コップのみが配られます。なぜなら、いちごが甘いので、コンデンスミルクが必要ないからです。茎を傷つけないように、いちご狩りのコツも教えていただきます。

たくさんのビニールハウスが連なる中、いちごの甘〜い香りが漂っています。甘い香りの中で、これから始まるいちご狩りに期待が高まりました。

割り当てられたビニールハウスでは、たわわに実った、真っ赤ないちごたちが私たちをお出迎えしてくれます。それぞれ、好きなところに散らばり、黙々といちご狩り。

その甘さに思わず、「甘い! こんなに甘いいちご狩りは初めて!」と口をついたら、同じツアー参加者の方に「ほんとよねぇ。すごく甘いわよね」と共感されました(笑)。

ついつい、大きくて赤いいちごをねらってしまうのは人間の性のようですが、実の小さくて赤いいちごの方が甘いんですよ。

食べ放題のいちごですが、おみやげにも持って帰りたいですよね。売店では、パックいちごのほかに、いちごをふんだんに使ったスイーツ、ジャムなど各種おみやげが売られています。変わったところでは、いちごワイン、いちご酢なども!

晴天の日は、ビニールハウスの中の温度も高いので、上着は脱いでもいいかもしれません。いちごは水分が多く、利尿作用があるため、バスに乗る前には、必ずトイレに寄ってくださいね。

【いちごの里】
住所:栃木県小山市大字大川島408
電話番号:0285-33-1070
駐車場:あり

とちぎ和牛に舌鼓の昼食

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

小山市から東北道を北上し、いよいよ日光山内へ。昼食は磐梯日光店で牛ロースと栗おこわ膳をいただきました。

メインの牛ロースは、鉄板で焼いてポン酢でいただきます。やわらかくて、肉のうまみが口の中に広がります。また、日光は湯葉が特産品でもあるそうで、スープ、サラダ、お浸しなど湯葉料理を堪能できました。

このツアーでは、食べ放題が続くため、昼食の量も少なくもなく多くもなく適量でした。

どれもこれも、大変おいしゅうございました。

湯葉やお漬物などは、売店でも購入できるのでご自宅でも楽しめますよ。

【磐梯日光店】
住所:栃木県日光市本町1-1
電話番号:0288-53-2555
駐車場:あり

徳川三代将軍家光公の廟所「大猷院」

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

地元の方にも、見たほうがいいと言われた輪王寺の「大猷院」。徳川三代将軍家光公の御廟です。

建物の細工など、東照宮に似ているのですが、色味がきらきら華やかなのが東照宮だとすると、こちらはしっとり落ち着いた印象です。「祖父、家康公を祀る廟所を決して凌いではならぬ」という家光の遺言によるものだそうです。

拝殿は金箔が施され、中では家光の使用した鎧を見ることができます。その鎧は華美ではないのですが、当時では珍しいビロードの布を使用されていると説明にあり、家光のお人柄がわかるような気がしました。

大猷院は、山の中腹にあるので、階段は急になっています。雪の降る日光では、杉の木に囲まれていている日陰の雪が凍っているため、滑らないように歩きやすい靴で訪れてくださいね。


【日光山輪王寺 大猷院】
住所:栃木県日光市山内2300
電話番号:0288-54-0531
拝観時間:8:00〜17:00(4月〜10月)
     8:00〜16:00(11月〜3月)
※最終受付は、閉門30分前まで。
拝観券:550円
社寺共通拝観券:1,000円。日光二社一寺を2日間有効で、一通り参拝できる大変便利な拝観券です。

パワースポットと言われる二荒山神社

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

「大猷院」を出て左手にはすぐ、二荒山神社があります。この神社は日光国立公園のうち3,400ヘクタールもの広大な境内を持ち、日光連山の男体山をご神体山と仰いでいます。男体山の山頂、中禅寺湖畔、そして日光三内にお社があります。

鳥居の両脇には、樹齢1,000年とも言われる、立派な夫婦杉、親子杉の姿があります。それぞれ、夫婦円満、家庭円満のご神木です。

拝観料を200円納めると、拝殿の先、神苑を訪れることができ、そこに湧き出る霊水のお水取りができます。

この神社はパワースポットとも言われており、パワーを全身で受け止めるような姿の方もいらっしゃいました。わかる人には、何かが感じ取れるのかもしれません。

良縁のご利益もあるそうで、さまざまな恋みくじもありましたよ。引いたおみくじを結ぶところも、ハート型に見えて、かわいらしかったです。ご縁を求める方は、ぜひ訪れてみてくださいね。


【二荒山神社】
住所:栃木県日光市山内2307
電話番号:0288−54-0535
拝観時間:8:00〜17:00(4月〜10月)
     9:00〜16:00(11月〜3月)
拝観券:200円(神苑)
社寺共通拝観券:1,000円。日光二社一寺を2日間有効で、一通り参拝できる大変便利な拝観券です。

いちごスイーツ食べ放題に大満足!

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

最後はいよいよ、いちごスイーツの食べ放題です。昼食も日光三内の散策でちょうど消化され、スイーツ食べ放題にそなえ、胃袋も万端です。

和洋菓子からジェラードまで、23種類のよりどりみどりのスイーツが用意されていました。人気のいちご大福、いちごババロアは一人一つは食べられるように、案内がありました。これらのスイーツに使われているいちごは、いちご狩りで訪れたいちごの里のものなんだそうです。

ここには、日光カステラ、羊羹、バームクーヘンなど、日光のおみやげとして売られている商品も用意されているので、実際に試食してからおみやげとして購入できる利点もあります。

スイーツ食べ放題なのに、人気のあまりになくなってしまったのが、湯葉スープ。昼食にも出たものですが、乾燥湯葉を使用して作られたお吸い物です。塩気があるので、甘いものを食べているときの口直しにぴったり。乾燥湯葉が売られていて、自宅でも作ろうとおみやげに求める方も少なくありませんでした。

いちご満載で、お腹も満たされ、いよいよ帰路につこうというときに、おみやげをいただきました! 日光の水(500mlペットボトル)といちごのシュークリームです。最後までいちごづくし!

たくさん食べて、歩いて、帰りは程よい疲労感から夢の国にいってしまっても、問題ないのがバスツアーのよいところ! 往復の車内では、温かいお茶もふるまわれます。このサービスが本当に心に染み入りました。

いよいよ、いちごの季節もピークを迎えます。みなさんも、はとバスツアーで、甘〜いいちごづくしの一日を楽しんでみませんか?

【日光カステラ本舗】
住所:栃木県日光市安川町3-14
電話番号:0288-53-0600
営業時間:8:30〜17:00

【※この記事は株式会社はとバスとのタイアップです】

今回紹介した旅行に行くならこちらをチェック!
2017年02月22日〜2017年05月08日 / 日帰り
バス

今年もなんと!プレミアムな希少品種「スカイベリー」狩り食べ放題!
今年はスイーツがパワーアップしました!!とちおとめのイチゴ大福や和菓子が食べ放題!
さらに、抹茶&あんこのパンケーキがおひとつ付いています♪
世界遺産・日光の自由散策、イチゴ狩りにスイーツ、寄せ豆腐を作れる昼食も楽しめる冬のイチオシバスツアーです!
※日光山内自由散策です。拝観料等は別料金です、また、日光東照宮の陽明門は修復工事のためご覧いただくことはできません。
※イチゴ狩りは天候・生育状況等により取り置き食べ放題となる場合がございます。
子供料金:9,680円〜10,280円

宿泊施設 ※複数の宿泊施設が記載されている場合でも確定ではありません。
目的地詳細 栃木、栃木イチゴ狩り 磐梯日光店 日光山内自由散策 日光カステラ本舗
掲載内容は執筆時点のものです。 2013/01/27 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ