パワースポット「筑波山」で足湯♪露天風呂♪縁結び♪

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

パワースポット「筑波山」で足湯♪露天風呂♪縁結び♪

パワースポット「筑波山」で足湯♪露天風呂♪縁結び♪

更新日:2014/02/24 18:52

スノードロップのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター スノードロップ いばらき観光マイスターS級

男体山と女体山からなる筑波山は、山そのものをご神体としているためパワースポットの固まり。「いざなぎのみこと」と「いざなみのみこと」という男女の神様を祭っていることから、「縁結び」にも高いご利益があるのです。「美人の湯」につかり、美味しいランチをいただき、ご神徳のご利益にあやかる一日をご紹介していきましょう!

江戸時代から続く老舗「筑波山江戸屋」

写真:スノードロップ

地図を見る

創業300年以上、県内屈指の老舗旅館「筑波山江戸屋」は、筑波山神社の目前に位置し観光にとても便利。宿泊はもちろんのこと、足湯や茨城のブランド肉「ローズポーク」を使ったランチ、日帰り入浴も楽しめます。

繁忙期でなければ、日帰り入浴でも旅館の駐車場が利用可能。リニューアルされたロビーは、和風クラシカルモダンで落ち着いた雰囲気です。

予約をしていなかったので、エントランスでの対応が悪かったらどうしよう・・・と不安を感じていたのですが、杞憂でした。係りの方にスムーズに案内され、カウンターにてまずは足湯とランチをお願いすることに。

200円で利用できる気軽な足湯♪

写真:スノードロップ

地図を見る

千手沢に面した足湯は、カフェメニューをオーダーするとプラス100円で楽しめます。メニューは、この記事の一番下、関連メモのリンク先「足湯のご案内」をご参照ください。

また、湯から上がった足を拭けるよう自由に使えるハンドタオル付ですので、手ぶらで訪れても安心です。

この時期ですと少しぬるいぐらいに感じられる足湯の温度ですが、話に花を咲かせながらつかっていると、徐々に体全体がぽかぽかしてきます。30分ぐらい過ぎた頃、オーダーしておいたランチがラウンジに用意できたことを従業員の方が知らせに来てくださいました。

2983(つくばさん)円の3種鍋の味くらべコースは入浴料付!

写真:スノードロップ

地図を見る

ランチにチョイスしたのは、2983(つくばさん)にちなんだ、2983円のご入浴付き3種鍋の味くらべコース。このコースは、釜飯プラス次の4種の鍋から選べるセットになっています。

・牛すきやき鍋(茨城県産牛肉)
・つくばうどん鍋(「つ」くね・「く」ろ野菜・「ば」ら(ローズポーク))
・しゃものはりはり鍋
・あんこう鍋(冬季限定)

すきやきの牛肉は、とってもやわらか。つくばうどんは、ローズポークのうま味が野菜やうどんに染み渡り、体にやさしいお味でした。釜飯も上品な味付けでとってもおいしかったですよ。

ランチは予約なしでもオーダー可能ですが、梅まつりなどのイベント時には、予約したほうが安心かもしれません。受付時間は、午前11時30分〜午後2時です。

日帰り入浴料は、ハンドタオル付で大人1000円。2983円の3種鍋の味くらべコースはその入浴料付のお値段ですので、これは噂の「美人の湯」を体験しない手はありません。

日帰り温泉を堪能してみよう

写真:スノードロップ

地図を見る

2001年8月より開湯した筑波山温泉「双神(ふたがみ)の湯」はアルカリ性単純温泉。透明で無臭ですがph値が10.1と非常に高く、美肌効果や神経痛、関節痛にも効能があると言われています。

普段どちらかというと血色の悪い私ですが、入浴後脱衣所で鏡を見てびっくり。それ程長く湯船につかったわけでもないのに、デコルテラインがほんのり赤みをおびてお肌がつやつや。これには驚いてしまいました。

日帰り温泉の受付時間は、午前11時30分〜午後3時ですので時間には注意が必要です。

2013年に幸せを呼び込もう!

写真:スノードロップ

地図を見る

江戸屋の目の前が筑波山神社の入り口です。山門からはじまり境内はとても広いため、山頂の本殿まで行こうと思うとちょっとしたハイキング系登山を楽しむことができます。体力に自信のない方は、ケーブルカーで本殿に向かうこともできますよ。しかし今回は、温泉でせっかく暖まった体に寒さが厳しい時期ですし、徒歩10分ぐらいの拝殿までに。

男女の神様が結婚し国を創建したという由緒から、「縁結び」「夫婦円満」「家内安全」のご利益があると有名な筑波山神社。写真の一番上、ピンク色のお守りが女体山山頂にある「天浮橋」があしらわれた縁結守です。

霊峰のご神徳にあやかり、「美人の湯」と名高い温泉も堪能できる筑波山。気軽に足湯だけorしっかり日帰り温泉を楽しむなど、ご自分にあったプランでお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/01/26 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ