ものづくりの社会科見学と漁港と湧水のまちを巡る旅 富山県黒部市

| 富山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ものづくりの社会科見学と漁港と湧水のまちを巡る旅 富山県黒部市

ものづくりの社会科見学と漁港と湧水のまちを巡る旅 富山県黒部市

更新日:2016/12/13 12:35

高橋 しゅうのプロフィール写真 高橋 しゅう 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

黒部と聞くとダムや峡谷のトロッコ列車、宇奈月温泉を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
山のイメージが強い黒部市ですが、海にも面していて漁業が盛んなまちであるとともに、沿岸に豊富に清水が湧く土地でもあります。
さらに市内にはファスナーのメーカーとして有名なYKKの広大な工場施設があり一部を一般に公開しています。
今回はこれらの見どころが集まる黒部市生地(いくじ)を中心に紹介します。

- PR -

楽しい!ものづくりの社会科見学 YKKセンターパーク

楽しい!ものづくりの社会科見学 YKKセンターパーク

写真:高橋 しゅう

地図を見る

近年、社会科見学と銘打ってガイドブックが出版される等、観光スポットとしても注目されている工場施設ですが、黒部市でも観光産業施設としてYKKの工場施設を位置づけて観光客へアピールしています。

黒部市の北陸本線生地駅近くに位置するYKKの工場でも、敷地内の一部をYKKセンターパークとして一般に公開しています。

施設内の展示では隣の魚津市で生まれた創業者の吉田氏に関することや、YKKのものづくりに関する解説、ファスナーの歴史やしくみ、サッシについての説明等があり、充実した展示内容で楽しい社会科見学ができます。

また、事前に予約をして工場内を見学するツアーに参加すれば、詳しいガイドを聞きながら珍しいファスナーの製造工場を見ることができ、より充実した社会科見学となります。

黒部市を訪ねて普段何気なく使っているファスナーについて知識を深めてみてはいかがでしょうか。きっと日常にあるファスナーがいつもと違って見えると思います。


YKKセンターパーク
開園日:4〜10月は無休、11月〜3月は平日のみ開園
時間 :午前9時〜午後4時(入場は3時30分まで)
料金 :無料(敷地の入口で受付後、パーク内へ入れます。)
アクセス:JR北陸本線生地駅より徒歩15分
※工場見学ツアーにつきましては、ホームページを参照下さい。

オリジナルの面白いお土産を

オリジナルの面白いお土産を

写真:高橋 しゅう

地図を見る

施設内のラウンジでは、オリジナルの製品も販売しています。
YKKならではのファスナーを駆使した風変わりなバッグや小物入れ等、見ていても楽しい品物が並んでいます。

旅の記念に他では見かけないグッズをお土産にしても良いと思います。

写真はかわいらしい「ちゃっくん」です。

魚の駅「生地」で富山湾の新鮮な海の幸を堪能

魚の駅「生地」で富山湾の新鮮な海の幸を堪能

写真:高橋 しゅう

地図を見る

海にも面して漁業も盛んな黒部市内には、とれたての新鮮な魚を販売している直売所や、海の幸を味わうレストランもあります。
写真は、黒部市生地にある、魚の駅「生地(いくじ)」の直売所で、隣接する生地漁港で水揚げされた美味しそうな地元の魚が並び、見ていてもワクワクします。直売所の一角にはテーブルがあり、エビやカニ、刺身等を買ってその場で食べるのもOKです。

また、食事をされたい方には敷地内にレストランがあり、海鮮丼等を味わうこともできます。

魚の駅「生地」
営業日 :年中無休
営業時間:午前9時〜午後6時(レストランは午前11時〜午後10時)
アクセス:JR北陸本線黒部駅より徒歩20分、またはタクシーで約7分

生地漁港には珍しい橋があります。

生地漁港には珍しい橋があります。

写真:高橋 しゅう

地図を見る

生地の漁港には多くの漁船が並び、漁業が盛んであることがわかります。その生地漁港には、全国的にも珍しい橋があります。

写真にある「生地中橋」は普段は通常の橋と同じように渡れますが、漁船が港を行き来するときには橋の一方を基点にして旋回して開き、船を通過させる仕組みになっている可動橋です。頻繁に開閉してはいませんが、それでも多い日には1日20回程度開閉するそうです。

このような可動橋は全国的にも数少なく、この橋を紹介しているガイドブックもあります。
※信号機が通過する船に対して設置されている点にも注目です。

日本の名水100選に選定された生地の湧水群

日本の名水100選に選定された生地の湧水群

写真:高橋 しゅう

地図を見る

北アルプスの山々から流れてくる黒部川の豊かな水の一部は、地下水となり生地周辺で清水として湧き出ています。※地元では湧水を清水(しょうず)と称しています。

生地の各所に湧き出る清らかな水は、地域の方の飲み水や炊事、洗濯、食べ物を冷やすこと等に利用されて生活に利用され、また観光客でも水を飲んだり、汲んだりと自由に利用できるのです。

日本の名水100選にも選定された清らかな清水は、湧水群巡りを含めた生地のまち歩き観光マップも作られていて、生地の観光スポットの一つとなっています。


山間の観光だけではない、産業施設観光や漁港のまちめぐり、海の幸を堪能する富山湾沿岸エリアの黒部市観光もお勧めです。
富山駅から黒部市の生地駅まではJR北陸本線の普通列車で30分程度の距離にあり富山観光の際には気軽に訪ねることができます。そして宇奈月温泉や黒部峡谷鉄道へ訪れる際にも是非とも海側の地区へも足を延ばして見ることをお勧めします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/11/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ