美味しすぎる!本場イタリア・ローマのジェラートおすすめ3店

| イタリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

美味しすぎる!本場イタリア・ローマのジェラートおすすめ3店

美味しすぎる!本場イタリア・ローマのジェラートおすすめ3店

更新日:2015/01/23 13:07

さとう みゃーおのプロフィール写真 さとう みゃーお 元添乗員の旅行ライター

イタリアの名物スイーツと言えばジェラート!そう、イタリアンジェラートです。世界中で食べることができるジェラートですが、本場イタリアのジェラートの名店で頂く味は格別。全く違う食べ物と言っても過言ではないほど美味なんです!今回は旅行者にも訪れやすい首都ローマの中心部で、美味しくてお値打ちな間違いないお店、3店を厳選して紹介します!合わせて本場の注文方法や、美味しいお店を見抜くコツもお教えします。

- PR -

超有名店「ジョリッティ」

超有名店「ジョリッティ」

写真:さとう みゃーお

地図を見る

まず訪れたいのは、1900年に創業の老舗ジェラート店「ジョリッティ」です。ローマ中に名前を知らない人はいないほどの有名店で、パンテオンから北へ5分ほど歩いた路地にあります。場所は少々分かりづらいのですが、お店が近づくにつれて「ジョリッティ」と書かれたカップに入ったジェラートを食べ歩きしている人をたくさん見かけますので、彼らの歩いてくる方向に歩けばたどり着くというほどの人気店。店構えも歴史を感じさせる重厚さです。ローマで美味しいジェラートを探すなら、このお店を探し当てることからスタートしましょう!

超有名店の楽しみ方

超有名店の楽しみ方

写真:さとう みゃーお

地図を見る

お店はいつも混みあっていますが、早速注文しましょう。
テーブル席を希望する場合はその旨をお店の方に一言。テーブルに着くと値段が若干高くなります。定番の持ち帰り、食べ歩きの場合は、入り口近くのレジでサイズと数を言ってお金を払います。大きさはスモール、ミディアム、ラージと英語で言えば通じます。スモールで2.5ユーロ(約330円)。

レシートを受取ったら、奥のジェラートが並んだケースの前で沢山の手作りフレーバーの中から好みのものを2種類選びます(フレーバーの数は各サイズで応相談)。ケースの中にいる店員さんにレシートを渡し、カップかコーンを選び、好みのフレーバーを伝えます。

おすすめはピスタチオ!濃厚ですが甘すぎず、これぞ本場のジェラートと言えるような代表的なフレーバー。さっぱり系が好みならフルーツのシャーベットやシャンパンを選びましょう。

そして最後に欠かせないポイントは生クリームを乗せるかどうかを決めること。イタリアのジェラート店では無料で一番上に甘すぎない生クリームを乗せてくれるのです。数種類のジェラートてんこ盛りの上にクリームを乗せれば、まるでパフェのような食べごたえに!クリーム有りで楽しみたい方は「コン パンナ(イタリア語で『クリームをそえてください』)」と一言!お店によっては、何も聞かれないこともありますので、本場のイタリアンジェラートを楽しむなら一言「コン パンナ」を覚えることがポイントです。

写真はスモール、カップのピスタチオにチョコレート、そして「コン パンナ」!お味は、絶句ものの美味しさ!クリームと一緒に食べれば…更にリッチなお味に。夏でも冬でも、一日何度でも食べたくなる味です。

<ジョリッティ>
住所 Via Uffici del Vicario, 40 Roma
アクセス パンテオン宮殿を北へ徒歩5分
電話番号 06-6991243
営業時間 7:00〜深夜2:00

ローマっ子に人気の洗練された味「チャンピー二」

ローマっ子に人気の洗練された味「チャンピー二」

写真:さとう みゃーお

地図を見る

次にご紹介する「チャンピー二」も有名店。「ローマの休日」であまりにも有名なスペイン広場を西に下り「ルイヴィトン」や「クリスチャンルブタン」などの高級ブティックが立ち並ぶロレンゾ広場に位置しています。落ち着いたカフェ兼ジェラテリアで、着席して軽食を楽しむこともできます。観光地のカフェですが、ジェラートはローマっ子にも人気です。

テーブルでコーヒーを楽しむお客さんも多いので、ジェラートを持ち帰りで注文するには、席に着かずに店員さんに一言告げましょう。英語が通じます。このお店のおすすめフレーバーはマロン!大きなマロングラッセがたくさん入っていて、他のお店とは違った味わい。(※写真はマンゴーフレーバーです。)他のフレーバーももちろん手作りで外れがありません。立地や雰囲気の良さもピカイチ!お値段はスモールで2.5ユーロ(約330円)。ここでも一言「コン パンナ」を忘れずに。リッチな簡易パフェに早変わりです!

<チャンピーニ>
住所 Piazza S.Lorenzo in Lucina 29 Roma
アクセス 地下鉄 スパーニャ駅(スペイン広場)から徒歩5分
電話番号 06-6876606
営業時間 7:30〜20:30
定休日 日曜日 8月

庶民派の代表店「オールド ブリッジ」

庶民派の代表店「オールド ブリッジ」

写真:さとう みゃーお

地図を見る

最後に紹介するのは筆者が通い詰めているお店「ジェラテリア オールドブリッジ」です。バチカンのサン・ピエトロ大聖堂をバチカン美術館方面へ歩いていくと見えてくる庶民的でこじんまりとしたジェラテリアです。大通りに面しており、常にお客さんが一杯で行列になっていることも多いので見つけやすいお店です。行列に並ぶと気づくのが、ほとんどが地元のお客さんだということ。これは美味しくてお値打ちである証拠です。気さくな接客も魅力で、味も確か。何度でも通ってしまうお店です。

お値打ちで美味しい穴場ジェラテリア

お値打ちで美味しい穴場ジェラテリア

写真:さとう みゃーお

地図を見る

他のお店と同じように、サイズはスモール、ミディアム、ラージの3種類。お値段はスモールが2ユーロ(約280円)とお値打ち。更にカップでもコーンでも、盛りが他店に比べてかなり多く、パンナ(クリーム)もたっぷりとジェラートが見えないほど乗せてくれます。

こじんまりしたお店ですが30種類ほどのフレーバーを揃えており、フルーツ系でも果肉入りの濃厚なものや、シャーベット状のさっぱりとした味のものまで様々。どれも本当に美味しいです。その時の気分で、気さくな店員さんと言葉を交わしながら選んでください。種類も気になったものをどんどん言えばどんどん盛ってくれる気軽なお店。人気があるのも納得です。テーブル席はなく、食べ歩きのみ。英語は注文に必要な程度ですが通じます。

<ジェラテリア オールドブリッジ>
住所:Viale dei Bastioni di Michelangelo, 5, 00192 Roma
アクセス バチカン美術館入り口より南へ徒歩3分
電話番号 03-284119478
営業時間 9:00〜深夜2:00
年中無休

季節を問わず毎日でも食べたいイタリアのジェラート

ローマ市内に星の数ほどあるジェラート店から、観光の途中に立ち寄りやすく、味も確かで安心なお店を紹介しました。
他にもたくさんのお店がある中で、美味しいジェラート店を見つけるコツは、コンビニのような商店の傍らにジェラートが置いてあるようなお店ではなく、手作りを扱う専門店かどうかを見極めること。名高い観光地周辺ですと、商店の傍らでも派手な陳列で目を引くジェラートを並べてあるお店も多いですが、工場で量産されたジェラートは世界中どこでも食べられる「アイスクリーム」です。値段も割高なことが多く、お店の前でジェラートを立ち食いしている地元の人を見かけることもありません。

美味しいイタリアならではのジェラートの基本は手作り(お店オリジナル)であること。地元の人は季節や時間帯関係なくジェラートを食べていますので、美味しい手作り店には常にたくさんの地元のお客さんがいます。ジェラートが食べたくなったら、道行く地元の人に尋ねてみれば、その地区のお勧め店を教えてくれることも多いです。
そして、美味しそうな専門店を見つけたら迷わず店内へ入ってみてください。どのお店も今回紹介したお店と同じ注文方法で望んだジェラートを食べることができるはずです。

そして、魔法の一言「コン パンナ」で、美味しいイタリアのジェラートが更にリッチな味に変わります。サイズは日本人ならどのお店でもスモールで充分です。量が日本より多いですし、クリームをのせると更にボリュームアップします。手作りのジェラートは溶けるのも早めなので、ラージを頼むと食べきれないうちに溶けてしまうこともしばしば。

様々なポイントと共にローマのおすすめジェラート店を紹介してきましたが、今回紹介した3店を訪れれば、ローマの名だたる観光地や美しい街並みと共に、思い出の一つに「イタリアのジェラート」が刻まれること間違いなし!ぜひ、食べてみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/10−2014/11/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ