ひらパー 150万球のイルミネーションが魅せる光の遊園地

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ひらパー 150万球のイルミネーションが魅せる光の遊園地

ひらパー 150万球のイルミネーションが魅せる光の遊園地

更新日:2016/12/12 18:30

けいたろうのプロフィール写真 けいたろう 関西系フードアナリスト

「ひらパー」の愛称で親しまれる、ひらかたパークは、あの手この手でイベントや広告を展開し、面白いイメージの強い遊園地ですが、2014年から開催されているイルミネーション「光の遊園地」はとってもロマンチック!2014年時点で100万球だったものが、2016年には3回目を迎えイルミネーションも年々進化し、150万球に超パワーアップ! 2月末までの開催で「年末年始は忙しくて見に行けない」という方もぜひ!

2016年新登場エリアのゴールドガーデン

写真:けいたろう

地図を見る

イルミネーションがスタートする午後5時(2017年1月13日〜2月26日は5時30分から)。正面ゲートを抜けてからの、モデルコースを紹介します。まず入り口から近い、パチャンガ周辺のエリア「ゴールドガーデン」に向かいましょう。

一本のツリーハウスがシンボリックな光の草原が現れます。2016年に新たに出現したエリアは、金色にまたたき、その美しさにきっと感動するでしょう。ひらパーのリピーターの方も、普段のひらパーと違った輝く世界に驚くはず!

ツリーガーデンとフォレストガーデン

写真:けいたろう

地図を見る

黄金に輝くゴールドガーデンを堪能したら、観覧車のある丘へ続く坂道と、その周辺の樹々が美しく彩られた「ツリーガーデン」を進み、観覧車のふもとを通り抜け、「フォレストガーデン」へと向かいましょう。

フォレストガーデンは、アーケード状の半円形の骨組みにイルミネーションが施され、まるで光のトンネル。このフォレストガーデンには実は秘密があります。それは振り返ると、イルミネーションの色が変わるということ。

後ろを見ると色が変わり、前を向くと元に戻る。不思議な手品を見るような驚きがある色の変化の秘密は、実はほんのちょっとした工夫。よく観察すると謎が解けるハズなので、フォレストガーデンでは、ぜひ途中で後ろを振り返って、色の変化をお楽しみください。

フラワーガーデンとクリスタルガーデン

写真:けいたろう

地図を見る

フォレストガーデンの謎が解けたら、ライトアップされたクレージーマウス、レッドファルコンを見ながら、少し歩きましょう。左手の斜面を利用した「フラワーガーデン」エリアに到着。色とりどりの光の花が咲く、お花畑が広がります。そこからアトラクションが密集するエリアに下ると、光の遊園地にふさわしい、昼間と様子が異なるナイトアトラクションの様々な光の表情が楽しめます。

アトラクションの間を縫うように進むと、「クリスタルガーデン」エリアに到着。音に合わせ光が変化し、ときにはシャボン玉が飛ぶ様子は、とても幻想的。まるで物語を見るかのようで、いつまでもイルミネーションが楽しめます。

スターライトガーデンと菊のツリー

提供元:ひらかたパーク

http://www.hirakatapark.co.jp/地図を見る

クリスタルガーデンの光の演出を堪能しライトアップされたノームトレイン、メリーゴーラウンドの横を進むと、「スターライトガーデン」に到着。

スターライトガーデンのイルミネーションは、設置されたセンサーに手をかざすと、ガーデン内に星が流れる仕組み。見て楽しむだけでなく自分たちで操作することが可能なので、小さなお子様も大喜びです。

スターライトガーデンを抜けてパームプラザまで進むと、パーク内をほぼ一周。パームプラザに菊の葉で作られたホワイトツリーが立っています。イルミネーションのメインとなることの多いツリーですが、菊人形で有名なひらパーらしいツリーでカワイイです!

光の遊園地の醍醐味は観覧車スカイウォーカー!

写真:けいたろう

地図を見る

出発地点に戻ってきましたが、実はまだ1か所行っていないイルミネーションエリアがあります。それが「アンサンブルガーデン」。木製ジェットコースター エルフの走路内スペースを利用したアンサンブルガーデンは、音楽に合わせて、イルミネーションがさまざまに変化。言葉だけで説明すると、まったりとした変化を想像する人も多いかも知れませんが、かなり激しいので必見です。

これで、全てのイルミネーションを一通り見たことになりますが、もう一つ見どころが残っています。それがひらパーの観覧車である「スカイウォーカー」です。遊園地の定番である観覧車ですが、イルミネーションの時期は一番オススメのアトラクションに変化します。

ひらパーの観覧車は高い場所にあり、パーク内と枚方市内近郊の夜景を一望できちゃいます。つまり観覧車に乗ると、これまで見たイルミネーションと近隣の夜景がコラボ。時間経過によって、車窓から見える景色も変わるので、徐々に変化するイルミネーションの表情が楽しめます。

しかも観覧車へは、アトラクション前の「スカイカフェ」で購入した商品に限り、持ち込んでの飲食が可能。観覧車が絶景イルミビューカフェに早変わりします。イルミネーションをこんな風に楽しめるのは遊園地だけの特権。ぜひ最後に観覧車に乗って、光の遊園地のイルミネーションを堪能してからお帰りください。

光の遊園地は金曜の夜もやってる!

関西の定番中の定番とも言えるスポットで、ファミリー向けな遊園地のイメージが強いひらパーですが、光の遊園地は間違いなくデート使いにバッチリ。2016年のイルミネーションは、多種多様に輝きが変化!最初から最後まで飽きることなく楽しめます。

しかも光の遊園地は、2月末までドーンとロングラン開催!冬休み期間中(2016年12月16日〜2017年1月9日)は毎日開催し、それ以外の期間でも、土・日曜、祝日に加え、金曜の夜も開催されます。さらに、イルミネーション期間中は、16時以降入園で格安料金となるナイト入園チケットも発売中。

この冬シーズンは、お手軽なのに豪華なひらパーのイルミネーションはいかがでしょう?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/11 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ