世界中から人が訪れるパリのパワスポ『奇跡のメダイユ教会』

| フランス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界中から人が訪れるパリのパワスポ『奇跡のメダイユ教会』

世界中から人が訪れるパリのパワスポ『奇跡のメダイユ教会』

更新日:2015/06/16 11:00

ろぼたんのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター ろぼたん 週末の旅人

パリのカトリック礼拝堂。『奇跡のメダイユ教会』といわれ、芸能人や有名人がメダイユを身に着けて運勢がよくなったという話もあり、日本でも特に女性に大人気です。

『これを身につける人々を照らし、導き、希望のメッセンジャーとするための光』とされるメダイユは、カトリックでなくても信じる心を持って身につけることで平等に奇跡は与えられることでしょう!パリのパワースポットを訪れ奇跡のメダイユをいただきましょう!

ひっそりしすぎて見落としそうな『奇跡のメダイユ教会』入口はココ!

写真:ろぼたん

地図を見る

実際に身に着けて奇跡が起きた・・・そんな声が多く聞かれるメダイユのある教会、「奇跡のメダイユ教会(Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse)」。発音の関係でメダイともメダイユとも日本語では言われていますが、メダルを意味する同じものです。

このメダイユ教会のある場所はパリの7区。地下鉄10,12号線セーブル・バビロン(Sevres Babylone)駅から徒歩2分の場所にあるにもかかわらず、実はとってもわかりにくい場所にあります。というのも、写真にあるように建物が何件も連なっているビルの谷間が入口なんです。この入口、一瞬入っていいのか迷ってしまいそうですよね?

特別な看板があるわけでもない。一見して教会らしい建物にも見えない。でも、この奥にあるのが奇跡のメダイユ教会。怖がらず入っていきましょう!

通路には奇跡のレリーフが!聖カタリナに想いを馳せて。

写真:ろぼたん

地図を見る

奇跡のメダイユ教会は聖ヴィンセンシオ・ア・パウロと聖ルイズ・ド・マリアックによって創立された教会です。

名前が世界中に知れ渡るきっかけになったのは、もちろんこの「奇跡のメダイユ」の存在。1830年、修道女カタリナ・ラブレがマリア様からお告げを受けて作ったメダイユ。その2年後にパリでコレラが流行し、このメダイユを人々に配ったところ、コレラが激減したとされ、その後、メダルを手にした人に奇跡が起こる、幸福が訪れると広まって、恵みをもたらす「奇跡のメダイユ」が世界中で有名になった、というわけです。

通路左手には聖カタリナの記録が描かれたレリーフが何枚もあり、真っ白な像が立っています。レリーフや像を見て、聖カタリナに想いを馳せながら礼拝堂へ入りましょう。

静粛で厳かな光が満ちている!!メダイユ教会の礼拝堂。

写真:ろぼたん

地図を見る

世界中から集まってきた敬虔な信者やシスターなどが静かに祈りを捧げている礼拝堂。観光で訪れた場合も節度を守って静かにお祈りをしましょう。
先ほどの通りの中にこんな優美で清らかな場所があったとは!と驚くほど静寂で温かみのある教会です。優しいオーラが漂っている!と感受性の強い人なら思うかもしれません。多くの人が礼拝していてもその温かなパワーは教会をすっぽりと覆っています。

礼拝堂の奥には聖人の遺体があるのですが、なんと腐敗をしておらず、その姿は美しく清らかな気配すら漂っています。教会は神聖な場所ですので、フラッシュを使ったり、祈りの邪魔になるような撮影は遠慮しましょう。

転売禁止!メダイユをいただいて奇跡をお裾分けしよう!

写真:ろぼたん

地図を見る

カトリックではこの『奇跡のメダイユ』は転売してはいけないことになっています。そしてこのメダイユ、教会の売店でのお値段は、素材と大きさによって異なっており、1個あたり0.4〜4ユーロ程度。小さなメダイユであれば小袋に6〜10個程度入って2〜4ユーロ前後です。色のコーティングも銀、金、ブルー、グリーンとバリエーションがあります。パリの物価を考えると商売のために作られたものではないことが伝わってきますね。
このメダイユは聖カテリナがマリアから示されたデザインで作られたといわれており、次のような意味があります。

《表面》
マリアが手を広げ、悪の象徴である蛇の上に立っている姿。その下にマリアが聖カタリナのもとに現れた1830の年号が描かれメダイユの周りには「O Marie conçue sans péché priez pour nous qui avons recours à vous / 原罪なくして宿られた聖マリア、あなたにより頼む 私たちのために祈ってください」と書かれています。
そして、このメッセージはMEMOにリンクした教会のHPから流れてくる音楽の歌詞にもなっています。

《裏面》
十字架を乗せた「M」の文字、2つの心臓、周りを囲む12の星が描かれおり、十字架はイエス、「M」はマリア、星はこの教会を表しています。2つの心臓のうち、いばらで覆われた左側の心臓はイエス、剣で貫かれた右側の心臓はマリアのものです。このメダイユの裏面は『愛』を表しているといわれています。

最寄駅からはこう行くと迷わない!『奇跡のメダイユ教会』への行き方。

写真:ろぼたん

地図を見る

パリの老舗デパート『ボン・マルシェ』の裏にひっそりとたたずむ『奇跡のメダイユ教会』。最寄の地下鉄駅であるメトロ10/12号線 セーヴル=バビロヌ(Sèvres-Babylone)駅を出るとボン・マルシェがありますので、横断歩道を渡り、そのデパートを右手にして、セーヴル通り(Rue de Sèvres)をまっすぐ進み、最初の右への曲がり角、バック通り(Rue du Bac)を右に曲がって一分程度で、左手に最初にご紹介した写真の入口があります。

お帰りの際には、世界最初の百貨店とも呼ばれる『ボン・マルシェ』でお買物やお土産探しもオススメです。

おわりに

開館時間は曜日によって違うため最新情報はMEMOにリンクしたHP(日本語:祈りの時間)にて確認ください。

メダイユにはペンダント・トップがついていて、チェーンに通せばネックレス、ストラップを取り付ければ、携帯や鍵のストラップとしていつも身につけることができます。
聖母マリアのお告げでつくられたという奇跡のメダイユ。お守りとは本来違うものですが、少し多めに購入して自分で身につけるだけでなく、自分の大切な人、友人に奇跡を分けてあげてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/08 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ