河童に天狗!?兵庫県福崎町「辻川山公園」で妖怪ウオッチング!

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

河童に天狗!?兵庫県福崎町「辻川山公園」で妖怪ウオッチング!

河童に天狗!?兵庫県福崎町「辻川山公園」で妖怪ウオッチング!

更新日:2017/04/27 16:01

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

河童(かっぱ)や天狗(てんぐ)が実在する公園がある。ため池に住む河童が時折顔を出し、天狗が空を舞う妖怪の町・兵庫県神崎郡福崎町の「辻川山公園」だ。園内には「遠野物語」などの著者で民俗学者・柳田国男の生家や記念館もある。
子どもが泣き出すほどリアルな妖怪たち。ひと目見ようと連日多くの人が訪れる妖怪が住む町・福崎町の「辻川山公園」を、ちょっとのぞいてみよう。

- PR -

柳田国男もビックリ!「河童の町」兵庫県神崎郡福崎町

柳田国男もビックリ!「河童の町」兵庫県神崎郡福崎町

写真:塚本 隆司

地図を見る

播磨平野のほぼ中央に位置し、古くから市川や生野銀山と姫路を南北に結ぶ生野街道、加西市北条から夢前町へと東西に抜ける北条街道が交わる要衝だった福崎町。なかでも「辻川(つじかわ)」と呼ばれる地域は大いに栄え、ノスタルジックな町並みが今もわずかだが残っている。

妖怪伝承の研究家でもあり「遠野物語」や「妖怪談義」などを執筆した民俗学者・柳田國男(1875〜1962年)は、この地で生まれ育った。自身の人生を振り返った著書「故郷七十年」に福崎町に伝わる河童の伝承があることから、福崎町内の辻川山公園を中心に妖怪をモチーフとした町おこしに力を入れている。

柳田国男もビックリ!「河童の町」兵庫県神崎郡福崎町

写真:塚本 隆司

地図を見る

妖怪の造形作品を募集する「全国妖怪造形コンテスト」も開催。優秀作品はモニュメントにして設置している。妖怪にちなむベンチも登場し、今では「河童の町」「妖怪の町」としてちょっとしたブームなのだ。

柳田国男もビックリ!「河童の町」兵庫県神崎郡福崎町

写真:塚本 隆司

地図を見る

天狗が座るベンチは2017年3月に園内に登場した新スポットだ。真剣な表情でパソコンを眺めるスーツ姿の天狗。のぞき見したパソコン画面には、驚きと納得の内容が表示されている。

池の中から現れる3匹の河童!泣き叫ぶ子どもも

池の中から現れる3匹の河童!泣き叫ぶ子どもも

写真:塚本 隆司

地図を見る

福崎町にいた河童はガタロと呼ばれるいたずらものだったようだ。市川の駒ヶ石あたりに住み、近くを泳いでいると尻子玉(しりこだま)を抜かれて溺れ死ぬとか。毎夏一人くらいは亡くなったというから怖い話だ。

この伝承をモチーフにして、2匹の河童の兄弟、河太郎 (ガタロウ)と河次郎(ガジロウ)が生まれた。兄のガタロウは、頭の皿が乾いてしまって池のほとりで固まっている。

池の中から現れる3匹の河童!泣き叫ぶ子どもも

写真:塚本 隆司

地図を見る

弟のガジロウは、皿が乾かないように水の中に住んでいる。池にかかる橋を通る人を、驚かそうと顔を出すそうだ。
時間には律義なようで、毎日午前9時から午後5時までの間、毎時0分15分30分45分に各3回出没する。

ガジロウが現れる瞬間を映像に捉えることができたので紹介したい。まずは、動画を見て欲しい。

動画:塚本 隆司

地図を見る

なんと、ガジロウの両脇には子がっぱが。2017年4月19日、第三形態として子どものカッパまで登場した。

子どもたちが、手に握りしめているのが尻子玉。
尻子玉とは、肛門あたりにあるとされる想像上の玉(もしくは臓器)のことらしい。カッパに捕まると、それを抜かれてしまうのだとか。なんだかお尻がムズムズしてくる。小さな子どもには衝撃的すぎる話。泣きながら逃げだす子もいるとか。

天狗が宙を舞う!?福崎町辻川山公園の空

天狗が宙を舞う!?福崎町辻川山公園の空

写真:塚本 隆司

地図を見る

池から顔をのぞかす河童に続いて登場したのが、これまたリアルな天狗。高いところにある小屋の扉が「ギギギッ」と開くと、宙づりの天狗が現れる。

天狗が宙を舞う!?福崎町辻川山公園の空

写真:塚本 隆司

地図を見る

筋骨隆々とした赤く大きな体に大きな翼。長い鼻に大きな口。まさしく天狗だ。なにやらかじりついているのは、福崎町の特産品「もち麦どら焼き」。きっと大好物なのだろう。ちなみに、このどら焼きは公園内にある「もちむぎのやかた」で売られている。


天狗も律義者で現れる時間が決まっている。毎日午前9時5分から午後5時5分までの間、毎時5分20分35分50分。河童と微妙にズレている。なにやらぶつくさと独り言を放つので、それも楽しみにしたい。

JR福崎駅前に河童の「妖怪ベンチ」登場

辻川山公園の最寄り駅はJR播但線福崎駅。公園までの間には、古い町並みがわずかに残る。徒歩で30分ほどかかるが、まちなか散策はおすすめだ。
その福崎駅に、福崎町制60周年とJR播但線全線開通110周年を記念して2017年3月に新たなモニュメントが設置された。愛らしい姿をした町のキャラクター「フクちゃん・サキちゃん」の像だ。

JR福崎駅前に河童の「妖怪ベンチ」登場

写真:塚本 隆司

地図を見る
JR福崎駅前に河童の「妖怪ベンチ」登場

写真:塚本 隆司

地図を見る

「妖怪ベンチ」がここにもある。こちらは、リアルな河童。しかも将棋を指している姿は、まさにキモカワだ。「妖怪ベンチ」は今後も増える予定という。町歩きが楽しくなりそうだ。

河童や天狗に会える辻川山公園、入園料は無料

子ども連れはもちろん、じいさんばあさんも孫を連れて遊びに行きたくなる辻川山公園。これだけ楽しめるのに、入園料は無料だ。
車で行くなら、中国自動車道・播但連絡道「福崎IC」福崎北ランプを下車。県道三木宍粟線を西方向へ進み、「田尻」交差点を斜め右方向へ、平野病院を右折すれば直進約100mで「辻川界隈駐車場」に着く。姫路城へ中国自動車道経由で行く予定なら、ぜひ立ち寄りをオススメしたいスポットだ。
※カーナビを使うなら「もちむぎのやかた」で設定すればよい。「もちむぎのやかた」では、“うどんにあらず・そばにあらず”の独特の食感と風味のもちむぎ麺が食べられる。もち麦を使ったお土産も購入できる。

ちょっとリアルで怖いけど、よく見る愛らしいキモカワな河童や天狗。妖怪の町・福崎町へ、行ってみたいと思いませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ