長野南部のおススメ日帰りワンコイン温泉四連発☆

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

長野南部のおススメ日帰りワンコイン温泉四連発☆

長野南部のおススメ日帰りワンコイン温泉四連発☆

更新日:2012/11/27 16:22

えんべるのプロフィール写真 えんべる

そろそろ冬の到来ですよ。

冬の信州の温泉といえば、やっぱり雪見露天。というわけで、今回は、天龍峡や昼神温泉など長野南部エリアで、ほぼワンコインで入れるおススメの温泉施設を4箇所ご紹介します。うち3箇所はもちろん露天です。
冬の乾燥する時期、南信州のアルカリ性の温泉でツヤツヤのお肌になって体の芯まで温まりましょう!

半露天からの山々の眺めが素晴らしい 信州小渋温泉「赤石荘」

写真:えんべる

地図を見る

長野県下伊那郡大鹿村にある一軒宿「赤石荘」の温泉です。

山の上の方にあり、途中、農道のような狭い道をやや不安になりつつも、くねくねと上っていくとひっそり佇む赤石荘。

ここは旅館ですが、日帰り入浴もやっており大人は500円。
受付で払って下駄箱横の出口から外に出ると露天風呂の脱衣所へ続きます。

周囲に何もない山上からの眺めは絶景ですよ!
湯船の部分には屋根があるので半露天ではありますが、囲いは全くないので眼前に山々の景色が広がります。
紅葉トップシーズンもいいですが、ちょっと晩秋の眺めもまたいいものです。
この日は、雨天予報で、この後、みるみる大雪が降り始め、黄色く色づいた木々に積もる雪の組み合わせもまたオツなものでした。
アクセスがちょっと悪いので結構穴場な秘湯です。この日も貸切状態でした♪

洗い場に、シャンプー、リンス、ボディシャンプーもあります。
脱衣所にはドライヤーもあり。有料(200円)ですが貸タオルもあるので手ぶらで行けますよ。

泉質は塩化物炭酸水素塩冷鉱泉。ほのかに塩味かかった透明な万人向けの湯で、湯温は43〜4度くらい。やや滑りがあります。
外気温0度でも体の芯まで温まりました。

諏訪か天竜峡方面に行く時に、ちょっと足を伸ばして寄り道してみては?

なお、ここは冬期は休業だそうなので、冬場に行く場合は事前に確認を!

■小渋温泉「赤石荘」
長野県下伊那郡大鹿村大河原1972
0265-39-2528

日帰り入浴:大人500円 小人300円
日帰りの営業時間:11:30〜19:00
定休日:不定休(冬期休業あり)

長野有数のラドン温泉!天龍峡温泉「若返りの湯」

写真:えんべる

地図を見る

南信州の温泉はph値の高いアルカリ性、滑りのある透明な湯が多く、天龍峡温泉や昼神温泉などには「美肌」「若返り」といった表現がよく使われています。
今回ご紹介するのは、天龍峡温泉交流館が運営している日帰り温泉施設「若返りの湯」です。

ここの温泉、一番のおススメなのは、天龍峡ウォーキングコースの途中にあること。天龍峡では、駅を基点に天龍川沿いをぐるっと歩く散策コースが人気ですが、コースも終わる頃に、写真のような立札が立っています。
天龍峡温泉に宿泊しなくても、散策で疲れた体をここの温泉でゆったり休めて帰ることもできるのです。

公営施設なので、お風呂はややこぢんまりとしており、露天はありませんが、お湯はとっても素晴らしいです。泉質は単純弱放射能温泉、いわゆるラドン温泉。
肌にからみつくようなヌメり、湯の花も少し漂っています。じっくり湯浴みして外に出ても、晩秋の乾燥した日にも関わらずお肌はずっとツルツルでしたよ。

また、通常は400円の入浴料が、毎月15日は「ご縁の日」ということで300円になります。(私が行った日も15日だったので300円でした(´∀`*)

■名勝天龍峡温泉交流館「若返りの湯」
長野県飯田市川路4992-1
0265-27-4011

日帰り入浴:大人400円 小人200円(15日は大人300円)
営業時間:13:00〜20:00
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)

トロリとした「美人の湯」長野南部随一の規模 昼神温泉「阿智の里ひるがみ」

写真:えんべる

地図を見る

さてさて、天龍峡温泉から車で30分ほど、阿智村にある昼神温泉へ移動です。

昼神温泉は南長野の温泉の中でも最大規模の温泉街。とはいえ、大規模な温泉街にありがちな歓楽街的な雰囲気はなく、静かでのどかな温泉です。

日帰り温泉施設もいくつかありますが、その中でもお風呂が素晴らしく、ワンコインで行ける施設が「阿智の里ひるがみ」。

浴場は広く、露天も写真では分かりづらいですが、大小2つの風呂があり、左側はハーブ入りです。10人以上入れる開放的な石造りの露天で、柵の向こうには色づいた紅葉を眺めることもできます。

昼神温泉は、無色透明のアルカリ性単純硫黄泉ですが、ph値9.7とかなり高く、湯船に入って肌を撫でるとトロリとした感触がはっきり分かります。このあたりが美人の湯と呼ばれる由縁でしょうか、温泉から出た後、腕や足がカサカサになることなくずっとしっとりしていました。

大きな施設なので、中で食事をしたり、休憩する所もあります。
南信州のドライブがてら、ちょっと立ち寄って美人の湯を堪能してみて下さい。

■昼神温泉「阿智の里ひるがみ」
長野県下伊那郡阿智村智里503-378
0265-43-2255

日帰り入浴:大人500円 小人300円
日帰り入浴営業時間:11:00〜20:00
定休日:無休

南信州トップクラスのヌルヌル感!平谷温泉「ひまわりの湯」

写真:えんべる

地図を見る

昼神温泉からR153を南下、40分ほど行くと道の駅「信州平谷」があり、その中に併設されているのが平谷温泉「ひまわりの湯」。

平谷温泉は夏の風物詩ひまわりが有名で、この施設の名前の由来にもなっています。夏になると道路沿いに一面のひまわりが咲き誇ります。

施設はかなり豪華で、宿泊施設や、夏にはプールもあるようですが、浴場もなかなかのもの。広い内湯にサウナもあり、露天風呂もかなり広めです。一部、屋根もあるので雨の日でも大丈夫!
柵の向こうは林になっていて、秋だったのできれいな紅葉が見られました。

ここの温泉もアルカリ性で炭酸水素塩温泉ですが、ヌメリ具合がスゴイです!
昼神温泉よりもトロっとした肌触り。湯船の中で肌を撫でた途端に感じるヌルヌル感です。
ヌメリというと敬遠しそうですが、そう感じるのは温泉に浸かっている間だけで、湯から上がって身体を拭くと皮膚にしっとり&スベスベ感が残るのです。
湯温も、晩秋の露天でもちょうどいい温度でした。

道の駅での買い物や休憩ついでに立ち寄りたいリーズナブルな日帰り温泉なのでぜひ!

■信州平谷温泉「ひまわりの湯」
長野県下伊那郡平谷村252
0265-48-2911

日帰り入浴:大人600円 小人300円
日帰り入浴営業時間:10:00〜20:00
定休日:水曜

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/11/14−2012/11/16 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ