建築家ジェフリー・バワが描いた理想郷。スリランカ「ルヌガンガ」で極上の一夜を

| スリランカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

建築家ジェフリー・バワが描いた理想郷。スリランカ「ルヌガンガ」で極上の一夜を

建築家ジェフリー・バワが描いた理想郷。スリランカ「ルヌガンガ」で極上の一夜を

更新日:2014/09/26 19:28

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

ホテル好きが憧れるアマンリゾート。その創設者が、多大なるインスピレーションを得たのが、スリランカ人とヨーロッパ人のハーフ、トロピカル建築の巨匠、ジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa)です。

自らが思い描く理想の家を建てるために、30代後半にして建築家となったジェフリー・バワの最初にして終焉の地「ルヌガンガ(Lunuganga)」をご紹介します。

スリランカ南西海岸の湖畔にたたずむ理想郷

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

舗装された幹線道路から脇道に入り、田畑の間のガダガタ道を走り抜けること15分。こんな所に本当にあるの?と心配になるような場所に「ルヌガンガ」はあります。

都会の喧騒を離れて聞こえるのは、風の音に乗って届いてくる鳥達の美しいさえずりと、木々のざわめきだけ。門にあつらえられた鐘を鳴らせば「ルヌガンガ」のスタッフがゆっくりと出迎えてくれます。

ジェフリー・バワの邸宅へ招かれて

建築家として歩むきっかけとなった「ルヌガンガ」の地。生前は仕事場として、また別荘としてプライベートな友人をよく招いていたそうです。そして2003年に84歳で亡くなったバワの遺言通り、湖と邸宅の両方が見渡せる、小高い丘に立つ木々のたもとで、今は静かに眠っています。

バワの最初にして終焉の地「ルヌガンガ」は単なるホテルではありません。バワの邸宅に招待されたのです。至れり尽くせりのサービスはありませんが、気が置けない友人の家に招かれたような、そんなおもてなしを受けてください。

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

数々の建物と美しい庭園を散策しよう

広い敷地に点在する建物と、自然と調和するかのように置かれたアンティークの数々。そして、バワ本人がお気に入りだった庭園のあちらこちらには、ひと休みできる椅子が用意されています。

湖畔に出れば、風に揺られて波打つ湖面と、昔ながらの漁法で漁をする地元の人々を目にすることでしょう。どこを歩いてもバワの精神と息遣いが聞こえ、美しい景色からは目が離せなくなります。

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

どの部屋に泊まるか、それが一番の悩みかもしれません。

「ルヌガンガ」には6つの客室が用意されています。それぞれ全く趣きが違うので、どの部屋に宿泊するかが悩ましい問題です。

掲載写真のお部屋は、空中に浮かんでいるかのような「THE GLASS ROOM」です。日本の長屋と蔵を彷彿(ほうふつ)とさせる室内には、彼が選んだ調度品とアンティークが並んでいます。リスや小鳥たちも遊びくる「THE GLASS ROOM」の、リクライニングチェアに身を沈めれば、旅の疲れも一瞬でとれるほどのリラクゼーションを得られるでしょう。

提供元:遠藤隆尚

地図を見る

ジェフリー・バワのレシピでいただくスリランカ・カレー

お勧めは何と言っても、バワが愛したレシピを再現しているスリランカ・カレー。オーダー時に好みを伝えると、それに合わせた調理もしてくれます。

どこで食べてもおいしいスリランカ・カレーですが「ルヌガンガ」のカレーは格別です。素材の持味を存分に引き出した、からだに染み込んでいくような、そんな慈愛にあふれたスリランカ・カレー。他店では口にできない味です。

チェックアウトは12時ですが、ランチ(別料金)もいただけます。朝食時にスタッフにお願いしてみましょう。

提供元:遠藤隆尚

地図を見る

今なお進化する「ルヌガンガ」

バワは「ルヌガンガ」を完成させることなく、この世を去りました。未完成となった「ルヌガンガ」からは、まるで時が止まったかのような印象を受けるかもしれません。しかし、朝陽を浴びて美しい緑の葉を広げる木々の小枝や、小鳥達やリスなどそこに暮らす生き物が、ジェフリー・バワの精神を引き継ぎ未来へと時を動かしています。

■ルヌガンガ(Lunuganga)
住所:Dedduwa Lake, Bentota
TEL:(091)4287056(スリランカの国番号+94)
料金:部屋により異なります。(朝食付)
見学のみ:庭園・一部の建物、ランチ込も可能です。

詳細はMEMOの「Geoffrey Bawa Trust(英語)」を確認してください。

■アクセス
コロンボ・バスターミナルからゴール(GALLE)行き、もしくはその先のマータラ(MATARA)行きなどに乗り、ベントタ(BENTOTA)で下車。コロンボからベントタまで約2時間ほど。バスは1時間に数本出ています。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/23−2014/06/24 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ