沖縄★海を求めて石垣島一周バスの旅。

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

沖縄★海を求めて石垣島一周バスの旅。

沖縄★海を求めて石垣島一周バスの旅。

更新日:2012/11/14 15:28

野村 みのりのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 野村 みのり モニターブロガー

沖縄はレンタカーで回る人が多いかも知れませんが、石垣島はぐるっと一周バスが走っているので、バスでも結構いろいろな場所に行くことができます。

でも本数が少ないので時刻表とにらめっこでしっかり計画を立ててから出かけないといけませんが、それもまた旅のひとつの楽しみだったりして。

今回は海にテーマを絞って、時計回りに石垣島を巡ってみようと思います。

石垣島のバス。

写真:野村 みのり

地図を見る

石垣島を走っているバスは東運輸。
写真はバスターミナルです。

バスはその都度乗車賃を支払って乗ることもできますが、『みちくさフリーパス』を買えば、2000円で全路線5日間乗り放題になります。
遊びに行く以外にも、お買い物や食事に行く時などにも使えるので、便利でお得だと思います。

では出発しましょう!

日本百景のひとつ、川平湾。

写真:野村 みのり

地図を見る

では、まず最初に川平湾を訪れてみましょう。

日本百景のひとつでもあり、風光明媚な景勝地として有名な場所です。
石垣島で一番の観光地と言っても過言ではないのではないでしょうか。

海の色が本当に鮮やかでキレイです。
太陽の光の加減とともに変わり行く海の色を眺めているだけで、あっという間に時間が過ぎてしまう場所です。

米原ビーチでシュノーケリング。

写真:野村 みのり

地図を見る

そして次に下車して訪れるのは、米原ビーチです。

ココはなんと言ってもシュノーケリングがオススメ。
遠浅の海で、初心者でも子供でも、気軽にシュノーケリングを楽しむことができます。
ビーチからすぐの場所で、ちょっと顔をつけるだけでカラフルな熱帯魚などをたくさん見ることができ、感動すること間違いなし!

運がよければニモにも会えるかも知れませんよ♪

平久保崎の絶景。

写真:野村 みのり

地図を見る

お次は石垣島の最北端、平久保崎。

このあたりはバスのフリー乗降区間となっていますので、運転手さんに「平久保崎の入り口で降ろして下さい」とお願いしておくと、バスの通り道の最寄りの場所で降ろしてもらうことができます。

写真の場所までは、その最寄りの所からでも歩いて15分から20分ほどかかりますが、灯台の白と海の青のコントラストが素晴らしく美しいので、是非とも訪れていただきたい場所です。

丘に登ると360度のパノラマ風景も楽しむことができます。
正に絶景です!

白保で海中散歩!?

写真:野村 みのり

地図を見る

最後に訪れるのは、珊瑚礁で有名な白保です。

これまた遠浅の海で、干潮時は岸からかなり先まで海に向かって歩いていくことができちゃいます。
写真の白波がたっている場所がわかりますか?
そこまで歩いて行けてしまうんです。
たまに膝くらいまで水に浸っちゃいますけどね。

途中珊瑚を見ることができたり、再び水が満ちてくるまでタイドプールで待っているお魚さんに出くわすことがあったりして、海の中(?)のお散歩も楽しいですよ♪



石垣島では、公共のバスでもこんなにいろいろな場所を巡ることができるんです。

バスなら運転はバスの運転手さんにお任せして、自分でハンドルを手にしていたら見逃してしまいそうな風景もゆっくり眺めていられますし、同行者がいる場合も一緒に窓の外の景色に見とれてしまったりしても危なくありませんし、ゆったりした気持ちで旅することができると思いました。

運転に自信のない方はもちろん、いつもはレンタカーの方も、たまにはのんびりバスの旅もいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/06/10−2012/06/27 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ