日光の信仰と文化の礎!二荒山神社中宮祠から霊峰・男体山へ登拝!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日光の信仰と文化の礎!二荒山神社中宮祠から霊峰・男体山へ登拝!

日光の信仰と文化の礎!二荒山神社中宮祠から霊峰・男体山へ登拝!

更新日:2014/08/09 17:05

「日光を見ずして結構と言うなかれ」という格言があるほど、見所が多く魅力溢れる日光。
その日光を代表する聖なる山の1つが男体山です。
男体山の標高は2,486m、日本百名山の1つにも数えられています。

登拝口には二荒山(ふたらさん)神社中宮祠、山頂には世界遺産・二荒山神社の奥宮が鎮座し、古くから山岳信仰の聖地として発展してきました。

観音浄土にもたとえられる絶景を、男体山から堪能しませんか?

- PR -

開山から1200年以上!関東屈指の霊峰・日光男体山

開山から1200年以上!関東屈指の霊峰・日光男体山
地図を見る

男体山は、古くは二荒山と呼ばれ、その名は観音浄土の「補陀洛(ふだらく)」に由来するそうです。
奈良時代から平安時代の僧・勝道(しょうどう)上人(735-817)によって開山され、日光の信仰と文化の礎が築かれました。

男体山へのコースは幾つかありますが、正式な登拝道は日光二荒山神社中宮祠(ちゅうぐうし)からとなります。中宮祠内の登拝門(とうはいもん)から山頂奥宮までは往復約6キロで、標高差は約1,200m。山頂までの所要時間(目安)は、約3〜4時間です。

急登が続き、標高差もかなりありますが、その苦労を補って余りあるほどの素晴らしい眺望が広がります!

■山名の由来は諸説あり
■金精峠付近から見る男体山の山容

ご神体山・男体山の登拝口に鎮座する古社・日光二荒山神社中宮祠

ご神体山・男体山の登拝口に鎮座する古社・日光二荒山神社中宮祠
地図を見る

日光二荒山神社中宮祠(ちゅうぐうし)は、男体山山頂の二荒山神社奥宮と、日光山内にある二荒山神社本社の中間にあることから中宮祠と呼ばれています。ご神体である男体山を背にして、「幸の湖(さちのうみ)」とも称される、美しい中禅寺湖の畔に鎮座しています。

中宮祠は、延暦3年(784)、勝道上人が山頂をきわめたあと、現在の地に二荒権現をまつる社殿を建てたのがはじまりといわれています。

ご祭神は二荒山大神で、大己貴命(おおなむちのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)、3柱の神様の総称です。
金運・幸運・縁結び・安産祈願等が御利益として知られており、もちろんご参拝のみを目的として訪れても良いでしょう。

なお、奥宮(山頂)への登拝は、社務所で受付が必要です。(有料)

■登拝受付時間:午前6時〜正午

開山の祖・勝道上人がただ恍惚として眺めたという絶景の山頂!

開山の祖・勝道上人がただ恍惚として眺めたという絶景の山頂!
地図を見る

男体山山頂は、勝道上人が初登頂の際、「ただ恍惚として眺めた」という表現も頷けるほどの素晴らしい眺望!

天候によっては、眼下に周囲約25kmの中禅寺湖や戦場ヶ原、日光連山、尾瀬の山々などが一望できます。さらに、遠く浅間山や富士山まで見渡せることも!

観音浄土にもたとえられる絶景を存分に堪能して下さい!

山頂に鎮座する二荒山神社奥宮と復活したシンボルのご神剣!

山頂に鎮座する二荒山神社奥宮と復活したシンボルのご神剣!
地図を見る

二荒山神社奥宮は、天応2(782)年、勝道上人が山頂に小さな祠を創建したことが由来とされています。

さらに、頂上(三角点)は、勝道上人一行が二荒山大神を拝したとされる聖域!
大岩の上には対面石と、長さ3.6m余りのご神剣が立っています。

現在のご神剣は、2012年10月に新たに奉納されたものです。
それまでの大剣は1880年に奉納されたもので、約130年ものあいだ風雪に耐え、山頂のシンボル的な存在でした。しかし、2012年3月に折れていることが分かり、その事実に多くの方が心を傷めていましたが、そのシンボルが復活したのです。

この剣は「草薙(くさなぎ)の剣」にもたとえられ、シンボルと呼ぶに相応しい威風堂々とした佇まいです。

山頂部は広く開けており、その他、二荒山大神像や味耜高彦根命を祀る太郎山神社もあるので、時間の許す限りゆっくり過ごしてはいかがでしょうか?

新緑から紅葉まで豊かな表情を見せてくれる男体山!

新緑から紅葉まで豊かな表情を見せてくれる男体山!
地図を見る

男体山の登拝期間は、5月5日〜10月25日まで。
鮮やかな新緑から色彩豊かな紅葉まで、季節を変えて訪れてはいかがでしょう?
その時々で全く表情が異なります。日光は紅葉の名所としても有名で、山肌を彩る紅葉のグラデーションと大展望は見事!

夏は、二荒山神社中宮祠の最大の祭りである男体山登拝講社大祭が行われ、僅か1週間のみ夜間の登拝が解禁されます。
霊峰の頂から拝するご来光は、感動の瞬間!感慨もひとしおです!

■紅葉見頃(例年):9月下旬〜10月下旬(山頂付近から徐々に下っていきます)
■男体山登拝講社大祭(例年):7月31日〜8月7日

最後に

今回、ご紹介した男体山は、二荒山神社の境内地。
男体山のみならず、女峰山や奥白根山をはじめとする日光連山8峰、さらに華厳滝やいろは坂などが境内に含まれ、その広さは約3,400haにものぼります。これは、伊勢神宮に次ぐ面積というから驚きです!

その中心となり、日光の信仰と文化を育んできた、霊峰・男体山の素晴らしき自然と歴史に触れてみませんか?
きっと、その奥深さに魅了されてしまいますよ!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ