飲んで食べて泊まれる!ドイツの超ローカル・ブリュワリー紀行

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

飲んで食べて泊まれる!ドイツの超ローカル・ブリュワリー紀行

飲んで食べて泊まれる!ドイツの超ローカル・ブリュワリー紀行

更新日:2017/08/08 10:35

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド

ドイツ語には[Bier Reise]という言葉があります。直訳すると「ビール紀行」ですが、本当のところは「ビールのはしご」。つまり、ビールをテーマに旅ができるほど、ドイツのビールは個性豊かということを表す言葉です。今回ご紹介するのは自ビールにして地ビール、超ローカルビールのブリュワリー(ビール醸造所)!ビアホールだけでなく、宿泊施設を併設しているところも少なくありません。

- PR -

自家製ビールを売りにする飲食・宿泊施設

自家製ビールを売りにする飲食・宿泊施設

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ビール醸造所[Bräu、BrauhausまたはBrauerei]に飲食・宿泊施設を表すガストホーフ[Gasthof]が併設されていると、[BraugasthofまたはBrauereigasthof] と表します。ドイツ語のビールに関する表現は極めて複雑で、これらは微妙にニュアンスが異なりますが、プリヴァーター・ブラウエライガストホーフ[Privater Brauereigasthof]とあれば、間違いなく自家製ビールを売りにする飲食・宿泊施設です。

プリヴァーター・ブラウエライガストホーフとは:
1. 製造量及び販路が限定的な家族経営レベルの醸造所
2. オリジナルビールである
3. 直営の飲食または宿泊施設もある
などの定義があります。

*写真はチェコ国境にも近いBrauereigasthof Eck(後述)の周辺。村はずれにぽつんとあります。すごい田舎!!

自家製ビールを売りにする飲食・宿泊施設

提供元:Hotel Brauer Engel

http://www.hotel-blauerengel.de/default.asp?site=5…

さすがドイツ、このプリヴァーター・ブラウエライガストホーフの団体があります。本部はドイツ国内ですが、北はデンマーク、南はスイス(独語圏)、北イタリア(チロル)、西オーストリアまで加盟店が含まれています。年によって加盟店の状況は変わりますが、約70店が参加、加盟店は特に南ドイツ、バイエルン地方に集中しています。

ラオホビール(後述)で有名な観光地バンベルクを除き、これらプリヴァーター・ブラウエライガストホーフの多くが、自然豊かな小さな町や村にあります。写真のBrauer EngelはAueという東ドイツの小さな町にあります。少数派の「市街地型」ブラウエライガストホーフですが、Aueは観光地ではありません。

ビアホールでビールを飲まないお客たち?

ビアホールでビールを飲まないお客たち?

写真:小谷 雅緒

地図を見る

中には本当にびっくりするような田舎も田舎で、村唯一の飲食店といったブリュワリーもあります。すると、自家製ビールが売りなのに、テレビのサッカーを観戦しながらワインを飲んでいる人や、子ども連れで食事をする家族がいます。はたまた、延々にトランプに熱中している人たち、コーヒーを飲んでいる未成年もいたり・・・、ただの集会所になっています。

何とも自由な雰囲気です。そのためか、日本人がひとりでビールを飲んでいても、まったく気にならないです。店はたいてい十分すぎるくらい広いので、奥の方では宴会で盛り上がっている声も聞こえます。

写真のGraminger Weissbräu(宿泊施設もあり)はその典型です。Altöttingの町すべての飲食店がここのビールの看板を出しています。お店の規模も店内150名、ビアカーデン210名着席可能の広さ!

何を飲もうか食べようか、迷うほどビールもお料理も種類が豊富

何を飲もうか食べようか、迷うほどビールもお料理も種類が豊富

写真:小谷 雅緒

地図を見る

どこのブリュワリーも小規模とはいえ、4〜5種類は作っています。たいていはへレス(一般的なビール)ドゥンケル(褐色)、ヴァイツェンビール(小麦)が定番です。バイエルン地方ではやはりヴァイツェンビールをメインにしています。ビールリキュールを作っているところも。

料理は典型的な郷土料理、たとえばブタのすね肉のロースト(写真)はハズレなしの定番!フライパンでそのままサーブされる料理が多いでしょうか。

お店は朝から夜まで休憩なしで営業しているところも多く、ありがたいことに軽食[Brotzeit]の設定もお約束。ホームメイドのパンとソーセージといった簡単なセットや、ボリュームあるサラダは、小食の日本人向けです。

*写真はバンベルクの某有名店(非加盟店なので名前は省略)にて、ラオホビールと共に!

どうせ泊まるなら個性的な宿はいかが?

どうせ泊まるなら個性的な宿はいかが?

写真:小谷 雅緒

地図を見る

すべてのプリヴァーター・ブラウエライガストホーフに宿泊施設があるわけではありませんが、ペンションレベルから3〜4つ星まで、中には歴史ある元修道院や元城館、温泉地のブラウエライガストホーフもあります。どこもローカルにこだわった料理を提供していますが、中にはパンやソーセージまでホームメイドのところも。宿泊者だけが味わえる自慢の朝食も楽しみです。

*写真のBrauereigasthof Eckは飲食・宿泊・直販あり。

どうせ泊まるなら個性的な宿はいかが?

写真:小谷 雅緒

地図を見る

写真のヴィンクラー・ブロイ[Winker Brau]は、他に何もない小さな村にありますが、70室以上もある立派な4つ星ホテルで、屋内プールもあるほどハードが充実しています。

* ヴィンクラー・ブロイについては下記リンクにある別記事をご参照ください。

ローカルっぷりがおもしろい、大観光地では味わえないドイツ

地元に根差したブリュワリーのため、英語のメニューがなかったり、ホールスタッフには英語が通じにくいこともあるかもしれません。ところが、さすがドイツというか・・・。小規模とはいえ、ビール作りに飲食・宿泊部門の経営ですから、それなりの商売です。実家の商売を発展させようとはりきる、大学で経営学が醸造学か学んだであろう(←勝手な想像)、英語の上手な20〜30代のスタッフが必ずいます。

プリヴァーター・ブラウエライガストホーフに加盟していなくても、独語圏には自家製ビールのビアホールは、決して珍しくありません。ただし、いちいち検索するのはたいへんなので、プリヴァーター・ブラウエライガストホーフの情報は重宝します。

多くのお店がマイカー必須の場所にありますが、ドイツはレンタカー初心者にも安心の国。ぜひ旅の範囲を広げてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ