風鈴の音色に身も心も癒される、奈良のおふさ観音「風鈴祭り」

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

風鈴の音色に身も心も癒される、奈良のおふさ観音「風鈴祭り」

風鈴の音色に身も心も癒される、奈良のおふさ観音「風鈴祭り」

更新日:2014/07/18 11:03

Let the Tones of Wind Chimes Soothe Your Soul at the Ofusa Kannon Wind Chime Festival in Nara Prefecture
犬山  コベジのプロフィール写真 犬山 コベジ B級スポット・ハコモノ好きブロガー

奈良県橿原市にあるおふさ観音さんでは、7月から8月の2か月の間に渡って風鈴祭りが行われます。この風鈴祭りの期間中、境内には2500個以上もの風鈴が吊り下げられ、訪れる観光客やお参りに来られる方々を、優しい音色で出迎えてくれます。夏の暑さ対策には、やっぱり昔から親しまれてきた風鈴の音色!境内ではセミの鳴き声と風鈴の涼しげな音が聞こえてきます。おふさ観音さんへ避暑を兼ねて癒しの旅に出てみませんか。

風鈴の音色に誘われて。

写真:犬山 コベジ

地図を見る

明日香村や橿原神宮からほど近くにある、おふさ観音さんは大和八木駅からはバスで小房バス停留所へ行き、そこから歩いて大体5分ほどの場所にあります。バス停からの道のりは少し分かりづらいですが、案内の看板も出ているので大丈夫!北に向かって住宅地を進んでいけばあっと言う間に到着します。歩いている内に遠くの方から微かにチリリン、チリリンと透明感のある綺麗な音色が心地よく聞こえてきますよー。

大和八木駅以外では、JR畝傍(うねび)駅からなら歩いて10分ほどの距離になりますが、風鈴祭りは夏真っ只中の時分に行われているのでタクシーでの移動をお勧めします。自家用車の場合ですとお寺の周りは道幅も狭く、駐車場も混雑している事もありますのでご注意ください。

門前に立ち中を覗いてみると、遠くからでも風鈴の音色が聞こえてきたのが納得できる程の風鈴の数に吃驚されることでしょう。

境内、見渡す限り風鈴だらけ!

写真:犬山 コベジ

地図を見る

門をくぐると、目の前には色とりどりの風鈴が飾られており、風が吹くたびに一斉に揺れる姿は美しいと言うほかありません。
透明感溢れる風鈴の涼感には堪えられないほどの心地よさを感じることができ、サーっと風が境内を吹き抜けると、チリン、チリンと自分の周囲全方向から一斉に音に包み込まれるのには感動すら覚えます。

2000種類以上もの薔薇が咲き誇る!

写真:犬山 コベジ

地図を見る

おふさ観音さんは風鈴まつりだけでなく、境内に咲き誇るたくさんのバラの花でも有名でして、見頃である春と秋にはバラまつりも行われております。
勿論、バラまつりの期間中以外の時期でもバラを鑑賞する事ができますのでかわいらしく咲くバラの花を風鈴と共に楽しんでみてください。

風鈴と青空と色とりどりのバラのコントラストに癒し度もさらにアップ!

日本全国、各地にある様々な風鈴。こんなにたくさんの種類があるんですね。

写真:犬山 コベジ

地図を見る

本堂前に飾られている風鈴ですが、全国各地で作られている色々な種類の物が使われております。明珍火箸風鈴に清水焼風鈴、他にも様々な珍しい形の物などが飾られており、見ていて全然飽きません。風鈴によるちょっとした全国旅行のようですね。

ここでは風鈴の販売も行われていて、全国各地から集められた約90種類もの風鈴の中から選ぶことが出来ます。これだけあると一つはお気に入りの風鈴が見つかると思います。いやいや見つかるどころか迷ってしまうかも。

特別展示・名人安本亀八の生き人形。

写真:犬山 コベジ

地図を見る

風鈴祭りの開催に合わせて、本堂では寺所蔵の秘宝ともいえる、生き人形の展示も特別に行われております。(注・生き人形とは人間そのものを精巧に似せて作った人形です。昔は生き人形を集めた展覧会などが行われていました。)

おふさ観音さんの寺宝であるこの生き人形の作者は、幕末から明治時代にかけて活躍した安本亀八という人物で、代表的な作品として熊本市現代美術館で所蔵されている有名な「相撲生き人形」などがあり、ご存知の方も多いのではないのでしょうか。

さて、ここおふさ観音さんで特別展示されているのは地元の名士「飯田喜八郎像」。この飯田喜八郎像は等身大ではなくこじんまりとした作りですが、その細かさや超絶技巧には驚くばかりです。

手の血管の一本一本までもがきちんと細やかに彫られて表現されておりますし、顔の皺の刻み込み具合の丁寧さなど、あまりのリアリティに今にも動き出しそうな程です。

現存する安本亀八の作品はとても少なく、是非この機会に鑑賞されてみたらいかがでしょうか。

拝観後にかき氷などは如何?

本堂の横にある道を進んだ奥には茶房おふさという喫茶室が設けられており、お抹茶や和菓子は勿論の事、夏季限定で夏ならばこれしかない!と声を大にして言いたい、かき氷を頂くことが出来ます。
涼しげな音色を聞き、透明感あふれる風に揺らぐ風鈴を見て涼しさを感じた後に、シャコシャコとかき氷をかき込めば、夏の暑さも裸足で逃げていくというものでしょう。

おふさ観音さんは橿原神宮や明日香村にも近く、たっぷり風鈴に癒された後にそちらに寄るのもお勧めです。

是非とも風鈴の音のシャワーを浴びに行ってみてください。



おふさ観音 
拝観時間午前9時〜午後4時
拝観料 300円 (本堂内にお参りする場合)

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/08/11 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ