リアル関西突っ込みと大阪観光を一度に!水陸両用ダックツアー体験!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

リアル関西突っ込みと大阪観光を一度に!水陸両用ダックツアー体験!

リアル関西突っ込みと大阪観光を一度に!水陸両用ダックツアー体験!

更新日:2016/11/02 13:57

To Go Deep in Kansai, Visit Osaka and Experience the Amphibious “Duck Tour”
浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 浮き草 ゆきんこ 国内旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

大阪市内の近代建築を見たい!大阪城全景を見たい!水の都大阪を肌で感じたい!リアル大阪弁が聞きたい!そんな願いを一度にかなえてくれるのが水陸両用バスに乗って大阪市内を観光できる「ダックツアー」です。
景色を見たり、腹をかかえて笑ったり、水上に行ったりと、大阪らしいてんやわんやの90分間!忘れられない大阪観光になること間違いなし!

かっぱバスでダックツアー

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

大阪ダックツアーとは水陸両用バス、通称かっぱバスに乗って大阪市内をドライブしてから大阪市内を流れる大川に車両を乗り変えることなくドボン!そして、水上クルージングが楽しめるという大阪人が好きそうな一度で二度おいしいツアーです。
それにしても、水陸両用車だから水陸両用の伝説の生き物「かっぱ」になぞらえてかっぱバスというネーミングは理解できますが、なぜダックツアー?という疑問がわきますよね。ダックとはあひるという意味ではなく水陸両用バスの総称だということ。

出発地は、天満橋「川の駅はちけんや」。
乗車前には、グループごとに強制的にかっぱちゃん人形と一緒に写真撮影(笑)。
写真は2枚1000円で購入できます。
写真撮影が終わったら、せっかくなのでバスの後ろ側を見てみてください。水陸両用らしい作りが見られます。こんなちっこいスクリューで動くの?というくらこじんまりとしたスクリューに水の中に入るために、高い場所に設置された排気口、そして、はっぴを着て踊っている風のかっぱちゃん人形が描かれています。外観から見応えバッチリです。

それでは早速バスに乗り込みましょう!

※写真は以前の発着場所「大阪新阪急ホテル」前にて撮影

開放感抜群!御堂筋を颯爽と

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

普通のバスよりはるかに高い位置にある入り口から中に入ると、むき出しの運転席があります。よ〜く見てみるとやはり、水陸両用車。真ん中にハンドル、右横には船用のハンドルとさまざまなボタンがずらり。
そして、車内は運転席以外窓がない開放的な空間!
実は、小型の観光船は5トンを超えると違反になるため、窓ガラスを外して容積量を減らしているんです。「せめて、すだれを入れたら?」という意見もあったそうですが、外に物が飛ぶ危険があるものはすべて設置不可なんだそうです。
発車前は窓がなくて開放的!と意気揚々としていましたが、ツアーがスタートするとびゅんびゅん風が吹き抜けていく。
夏は涼しいですが、冬はかなり寒いので防寒対策をしっかりとしておいてください。
また、雨の日ももちろん窓はなく、傘をさすこともできません。レインコートをお忘れなく。もちろん、車内販売もしています。ガイドさんいわく、
「その辺の100円均一で売っているカッパを300円で販売していますので雨の日もご心配なく」
ぼったくりも堂々と?(笑)

大阪のメインストリート、御堂筋を派手な車体のかっぱバスが通り抜けていくと、窓がないため、コテコテの大阪弁のガイドさんの声も筒抜け。当然、注目の的!
あちらこちらでカメラを向ける人がいるので、どこで撮られているかわからない!常に笑顔でツアーに参加しましょうね。

大阪城激写のチャンス

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

御堂筋の近代建築を見つつ、大阪城方面へ。ヨットの帆の形をしているNHKを通り過ぎると大阪城が見えてきます。プリンセストヨトミや華麗なる一族で撮影地になった大阪府庁を通り過ぎ、日本経済新聞大阪支社を過ぎたら、右側に座っている人はカメラの用意を。
ビルとビルの間に美しい大阪城が見えます!信号にあたったらラッキー!ゆっくり撮影できますが、車が流れているときは連写モードでパチリ。写真のような大阪城が撮影できますよ。

大阪城の激写を終えたら、大阪市公館、藤田美術館、太閤園など名所・旧跡を車窓見学&笑い入りのガイドを聞きながら、水の都大阪を堪能する水上ツアーの入り口、桜ノ宮公園に到着します。

ディズニーランド顔負け?スプラッシュイン

提供元:大阪ダックツアー

http://www.japan-ducktour.com/osaka/地図を見る

川に入る前に、ドライバーから船長にチェンジします。ドライバーは車と船の両方の免許を持っているそうですが、水に入るとき、上がった時の安全確認があることから変わるそうです。

川に入るときが迫力満点!このダックツアーの最大の見どころです。席が前の人、窓際の人は要注意!水がかかることもあるくらい激しく突入していきます。
ガイドさんの掛け声とともに、スプラッシュイ〜〜〜〜ン!
あっという間に終わりますが、アトラクションのようでとっても楽しいですよ。
ドライブとうって変わり船旅はスピードダウン。川から大坂城や桜の名所、造幣局を眺めたり、ゆっくりした船旅を過ごせるはずですが・・・ガイドさんは容赦なくしゃべり続けます(笑)。桜のときはハラハラと桜が散って、私のようにきれいだとか、あ、私をみて手を振っているとか・・・笑いが絶えません。
中間地点の中之島公園でUターン。時間があえば先端にある噴水が流れ、噴水を下から眺めることもできますよ。

今話題の?かっぱ伝説DVD

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

さて、さすがに帰りは静かかな〜と思いきや、今度はグッズ販売。
筆者が一番気になったのは「かっぱ伝説DVD1枚500円」。
ガイドさんの売り文句は、
「今、話題のかっぱ伝説DVD、飛ぶように売れています。安さがあやしい?だまされたと思って買って買って!」
内容は・・・気になる方は記念に購入してみてください。

ガイドさんが一通りグッズ説明をしたら、売りにきてくれるのですがその間にかっぱソングが流れます。
ワンフレーズをこっそりと・・・

♪カッパ〜カッパ〜カッパのパッパッパ♪

かなり笑える歌詞&メロディー。続きは船上で。

楽しいお土産販売が終わると、またドライブに戻り、日本一長い天神橋筋商店街などを見ながら出発地へと戻ります。
その間もガイドさんが「大阪はこんなところやで〜、大阪人ってのはこんな人たちだ!」など自論を展開してくれるので最後まで飽きませんよ。

一度で二度おいしいダックツアー

陸上と水上から大阪観光を楽しめるダックツアー。なにより、ガイドさんの絶妙な大阪弁がおもしろく、笑いっぱなし。

事前予約をしたほうがよりスムーズですが、当日あいていればすぐに乗車できるので時間があいた場合などでも参加してみてはいかがですか。
大阪旅行のネタ話につきない90分になること間違いなし!ですよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ