長野と群馬の境界線〜見晴台と熊野神社

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

長野と群馬の境界線〜見晴台と熊野神社

長野と群馬の境界線〜見晴台と熊野神社

更新日:2012/09/27 18:22

えんべるのプロフィール写真 えんべる

軽井沢中心部から北東へ山道を上っていった碓氷峠に、全国的にも珍しい神社がある。長野県と群馬県のちょうど県境にまたがるように建っている熊野神社。

熊野神社へのお参りついでにぜひとも立ち寄りたいのが、近くにある見晴台。晴れた昼間ももちろんだが、日没、夜明けの眺めは昼に増して素晴らしい。

- PR -

サンセットポイントの見晴台から見る夜明けもキレイに決まってる

サンセットポイントの見晴台から見る夜明けもキレイに決まってる

写真:えんべる

地図を見る

前日が生憎の雨天で、泣く泣く夕暮れの景色を諦めたけど、ならば日の出をここで!と早朝6時に見晴台を訪れて撮った1枚。
雨上がりの曇り空とはいえ、向かって左手に昇る太陽と連なる山々の景観は荘厳。

サンセットポイントで有名なだけに、早朝の見晴台は逆に穴場とも言える。
考えてみれば、これだけ東西に開けた見晴台で、夕暮れが美しければ夜明けだって美しいに決まっている。

朝の涼しい清らかな空気の中、人の少ない見晴台でご来光を拝み、熊野神社にお参りするのもまた一興。いやむしろオススメ!

朝がオススメな理由はもうひとつある。
軽井沢メイン通りの旧軽銀座の通りを車で通り抜けると見晴台まで一本で行けるんだが、日中のその通りは泣く子も黙る歩行者天国になっているので、迂回しないと無理。でも早朝は車が通行できるからあっという間に着く。

こっちが長野であっちが群馬

こっちが長野であっちが群馬

写真:えんべる

地図を見る

見晴台にはこのように県境を示す立札が立っている。
だから何だよと言われても、「あ、ですから県境なのでこっちが長野でこっちが群馬」と答えるしかない、そんな看板。
ここで悪さすると、どっちの管轄の警察が来るんだろうか、などと不謹慎なことを考えてはいけない。

右左、ダブルで拝もう熊野神社

右左、ダブルで拝もう熊野神社

写真:えんべる

地図を見る

向かって左が長野の熊野皇大神社、右が群馬の熊野神社。

さて、なんでこんなことになっちゃったの?と言うと、もともとは熊野皇大神社だったところへ、第二次大戦後の宗教法人法制定時に、都道府県ごとに宗教法人を登記することになったわけだ。長野と群馬にまたがってるこの神社も、両方で登記しないといけなくなって、結果、お社は1つだけど、お参りするところは2つ、社務所もご祈祷も別々、という形になったわけだ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/09/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ