一羽100円〜!飛騨高山にある小鳥たちの楽園“ぴーちくぱーく”

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

一羽100円〜!飛騨高山にある小鳥たちの楽園“ぴーちくぱーく”

一羽100円〜!飛騨高山にある小鳥たちの楽園“ぴーちくぱーく”

更新日:2014/02/06 17:19

しもちんのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター しもちん

高山祭に古い町並み、飛騨牛に朴葉(ほおば)味噌と名所も名物も盛りだくさんの飛騨高山。年間300万人以上が訪れる歴史ある観光都市です。
高山土産といえば真っ赤なカラダに黒い腹巻きをした“さるぼぼ”が有名ですが、今回は密かな人気を誇る小鳥たちが買える“ぴーちくぱーちく”をご紹介。
もちろん生きた鳥ではない作り物の鳥ですが、その可愛さに心奪われること確実!ぜひお土産に1羽いかがでしょうか。

ぴーちくぱーく。

写真:しもちん

地図を見る

古い町並みで有名な上三之町のメインストリートから少しだけ離れた場所に“ぴーちくぱーく”があります。外から見てもわかる通り店内は小さな鳥たちでいっぱいです。と言っても、もちろん本物の生きた鳥ではありません。自然にある物を利用して作られた可愛らしい鳥たちです。

ぱっと見た感じだと男性陣は入るのをためらってしまうかも知れませんが、勇気を出して入ってみましょう。かなり楽しめる店内になっています。

マグネットタイプ。

写真:しもちん

地図を見る

お店に入るとテーブルの上だけでなく、壁一面も貼付けられたマグネット使用の鳥たちでいっぱい。磁石が内蔵されているので冷蔵庫などに貼付けられるのはもちろん、画鋲などを壁に刺しておけば、こんな風に鳥だらけの壁面にすることもできます。

これらの鳥たちは木の皮や葉っぱなど自然のもの使用して作成されています。値段は商品によって違いますが、一番多い小さなサイズの鳥たちは一羽100円から。同じ様に見える鳥でも少しずつ表情が違っているので、自分好みの物を探すのがなかなか楽しいのです。

並ぶ鳥たち。

写真:しもちん

地図を見る

同じ種類がいっぱい並べられている姿も壮観です。他にも丸カゴに入れられて売られていたり、店内いたる所が鳥だらけ!

自然の物を使用して販売しているエコなお店なだけあって、時期によってはレジ周りで、少しだけ破損してしまっている物を更にお値打ち価格で販売している場合もあります。もちろん、ココの部分が欠けています等の説明もあり、物を大切にする気持ちも学べるお店になっています。

気ままにアレンジ。

写真:しもちん

地図を見る

鳥本体だけでなく、鳥の巣や卵なども別売りされているので、自分のセンスで組み合わせることも可能。鳥一羽100円、タマゴは2個で100円、巣は小さな物は100円〜なので、こちらは400円プラス消費税という感じ。ちなみにこの商品は既にお店の方がアレンジした物を購入させていただきました。

なお、基本的に鳥たちの箱詰めなどラッピングサービスは行われていません。透明なビニール袋に入れてくれるだけですので、あらかじめご了承ください。

ボルトやナット使用の商品も。

写真:しもちん

地図を見る

自然の物を利用した商品以外に、最近はボルトやナットを使用した動物も登場。こちらは1000円〜3000円程度の値段になっています。材質の都合で少し重たいですが、ちょっとしたお部屋のインテリアにぴったり。
ぴーちくぱーくの商品はテレビ番組のセットなどでもインテリアとして使用されているので、そのセンスは折り紙つきです。

こちらのお店、姉妹店“咲くやこの花”も上三之町のメインストリート内にあり、そちらでも同じコンセプトで種類の違う商品がたくさんあります。ぜひ、合わせて訪れてみましょう。

最後に。

飛騨高山の定番“さるぼぼ”もカワイイですが、旅のお土産にちょっと悩んだ時には、ぴーちくぱーくの小鳥たちはいかがでしょうか?お値段もリーズナブルなので、気に入った物を何羽か買いだめしておいて、自宅でプレゼントをラッピングする際のアクセントにしたりするのも良いかもしれません。
高山を訪れた際には昔ながらの町並みを楽しむとともに、鳥たちともたわむれてみましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/04−2014/01/05 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ