北海道洞爺湖町の絶景ポイントと絶品ソフトクリーム

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北海道洞爺湖町の絶景ポイントと絶品ソフトクリーム

北海道洞爺湖町の絶景ポイントと絶品ソフトクリーム

更新日:2013/06/21 17:49

The Best Soft Serve Ice Cream and Grand Scenery at Lake Toya
ヒビノフウケイのプロフィール写真 ヒビノフウケイ ライター

新千歳空港から車で約2時間、北海道南西部に位置するのが洞爺湖町。日本で3番目に大きなカルデラ湖である洞爺湖と温泉街のある観光地です。今回は、その洞爺湖を望む絶景ポイントと絶品ソフトクリームを紹介します。

山の頂上に立つホテル

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

標高625メートルのポロモイ山の頂上に立つホテル、ザ・ウインザーホテル洞爺。サミットの会場になったこともあり、ご存じの方も多いでしょう。山の頂上に立つ姿の航空写真で有名ですね。2012年には、「ミシュラン北海道2012特別版」でレストラン、宿泊施設ともに評価を得ている、道内唯一のホテルです。

今回は、歩いてホテルに向かうアングルの写真でご紹介いたします。左手がホテル、右側に見える銀色の円形の建物はチャペルです。なんと、このチャペルは、俯瞰するとト音記号の形になっているそうです!

宿泊やスパが有名ですが、ゴルフやウインタースポーツ(ゴンドラがあります)などアクティビティも充実しています。

ホテルから洞爺湖を眺める

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

このホテルからの眺めが絶景ポイントなのです。

ホテルの全面ガラス張りのロビーと散策コースからは、洞爺湖を眺めることができます。洞爺湖の中央に位置する山はトー・ノシケ・ヌプリ(アイヌ語で、湖・の中央・山を意味します)です。

山の天気は移りやすく、午前中はガスがかかっていることが多いので、午後に景色を見にいくことをおすすめします。宿泊しなくても、遊歩道を散策したり、お茶や食事をしたりできます。地上から見る洞爺湖とはまた違った風景を楽しめますよ! また、山頂なので、地上より空気がひんやりしています。

サミットメモリアルテラスで、記念撮影

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ホテルの周囲には、サミットで各国の首脳の記念撮影が行われたテラスが残されています。写真右側の板張りがその舞台。テラスには、各国の首脳の立ち位置に名前と国名が記されています。そこに立って記念撮影をすると、あなたも首脳の仲間入り?!

写真からも、ガスがかかっている様子が伝わると思います。サミットの記念撮影時も、ガスがかかっていて、一瞬の晴れた瞬間に撮影できたそうです。

【ザ・ウインザーホテル洞爺】
住所:北海道虻田郡洞爺湖町清水
電話:0142−73−1111(代表)
   0120−290−500(予約受付)

採れたて牛乳で作られるソフトクリーム

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ポロモイ山のふもと、ザ・ウインザーホテル洞爺への入り口に、牧場とレストランが一緒になっているレークヒル・ファームがあります。

この牧場で飼育されている乳牛の新鮮な牛乳を使って作られるソフトクリームとジェラートが人気! その日に搾乳された牛乳のソフトクリームとジェラートが食べられるんです。広大な大地の中のショップで、列に並んで購入します(人気店なので、混んでいます)。

写真はソフトクリームです。牛乳の味そのもの! ジェラートは季節に合わせて種類が変わるそうです。このときは、リンゴのジェラートもいただきましたが、リンゴの果汁が感じられる、さっぱりとした味でした。保存料は一切使用していないそうなので、素材そのものの味が楽しめます。お腹に余裕があれば、ほかの味や生搾りジュースも……と欲が深まります。

晴れている日は、外で景色を眺めながら食べると気持ちがいいですよ。庭の色とりどりの花が、青い空と緑の大地に華を添えてくれます。

放牧されている乳牛と触れ合う

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

道路を挟んだ牧場には乳牛が放牧され、触れ合うことができます。大自然の中、間近で牛を見る機会はそうそうないので、お子さん連れの方が多かったです。もちろん、大人も十分楽しめますよ。

【レークヒル・ファーム】
住所:北海道虻田郡洞爺湖町花和127
電話:0120-83-3376
駐車場:有

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/09/15−2012/09/16 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ