デザートブッフェ「プリンセスのお気に入り」、ヒルトン名古屋でお姫様たちが競演!

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

デザートブッフェ「プリンセスのお気に入り」、ヒルトン名古屋でお姫様たちが競演!

デザートブッフェ「プリンセスのお気に入り」、ヒルトン名古屋でお姫様たちが競演!

更新日:2017/09/18 17:13

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド(R)・ジャパン愛好家

大好評を博した「アリスからの招待状」に続き、ヒルトン名古屋にまたまたフォトジェニックなデザートブッフェがやってきました。今回は「プリンセスのお気に入り」と題し、シンデレラ、美女と野獣のベル、かぐや姫という3人のプリンセスがコンセプトです。

かわいいケーキはもちろん、東海地区のアーティストたちが参加したコーディネートも見応え抜群。まるで披露宴会場のような華やかな衣装にも注目です。

- PR -

美術館のような、ゴージャスなコーディネート

美術館のような、ゴージャスなコーディネート

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

2017年9月2日(土)から始まったヒルトン名古屋の「プリンセスのお気に入り」は、「アリスからの招待状」に続くコンセプト型のデザートブッフェ。塔のようなブッフェ台は3つに分かれ、左からシンデレラ、ベル(美女と野獣)、かぐや姫(竹取物語)とそれぞれの世界観が演出されています。

美術館のような、ゴージャスなコーディネート

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

3人のプリンセスをイメージした華やかな衣装は、ヒルトン名古屋内「松枝衣装室」によるセレクト。かぐや姫はなんと、十二単です。衣装は月替わりくらいのペースでの変更が予定されていますので、十二単を見たければお早めに。

美術館のような、ゴージャスなコーディネート

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

今回も、ブッフェ開始前に約15分間の撮影タイムが設けられています。インスタ映え抜群のブッフェだけに、完成形のスイーツをじっくり撮れるのが嬉しいですね。うまく撮れたら、「#ヒルトンスイーツ」のハッシュタグをつけて投稿を!

シンデレラの魔法!ドレスケーキにうっとり

シンデレラの魔法!ドレスケーキにうっとり

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

シンデレラのブッフェ台は、青を基調としたコーディネート。ガラスの靴をモチーフにしたフラワーアートは、名古屋の老舗花屋「坪井花苑」で主にウエディングの装花を手がけている前田輝幸さんの手によるものです。

また、かわいらしくポップなプリンセスたちのイラストは地元名古屋のデザイン会社が担当しており、東海地区のアーテスト、クリエイターのセンスが集結したブッフェになっています。

シンデレラの魔法!ドレスケーキにうっとり

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

王冠型のチョコレートや銀色のアラザンがトッピングされた「魔法のドレスのムースケーキ」は、いつまでも眺めていたくなるような美しさ。淡いムースと軽いスポンジが層になった、まさにシンデレラのドレスのようにはかないケーキです。

シンデレラの魔法!ドレスケーキにうっとり

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

シンデレラのブッフェ台には、「かぼちゃの馬車のモンブラン」もあります。中には栗のクリームも隠れており、かわいさもおいしさも反則級!

そして、「栗のショートケーキ」はたまご味のしっとりしたスポンジが主役です。甘いスポンジを引き立てるのが、甘くない生クリームと細かく砕かれた栗。何個でも食べられそうな、なつかしくも高級感のあるケーキです。

地味でも絶品!まさに「野獣らしい」スイーツ?

地味でも絶品!まさに「野獣らしい」スイーツ?

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「美女と野獣」のブッフェ台は、ブラウン系のあたたかな雰囲気。一輪のバラを中心としたこちらのフラワーアートは、各種講習会の講師や大会の審査員なども務める「ふらわーしょっぷ窓花」の中家匠海氏の作品です。

こちらに並ぶスイーツは、全体的に茶色系で、インスタ映えさせるのは少し難しいかもしれません。でも、外見よりも中身が重要なのは「美女と野獣」の教訓ですよね。見た目は地味でも、味はとびきりですよ!

地味でも絶品!まさに「野獣らしい」スイーツ?

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レアチーズケーキは、ヒルトン名古屋のデザートブッフェではおなじみの味。アレンジを変えて繰り返し登場するだけあって、飽きないおいしさです。今回は、野獣の牙をイメージしたチョコレートとバラ色のマカロンが添えられています。

地味でも絶品!まさに「野獣らしい」スイーツ?

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「貴腐ワインのフルーツタルト」は、アルコール入りの大人味。ワインのムースといちじくはしっかり甘く、白桃は逆にさっぱり。あえて甘さ控えめの白桃を使っているところがさすがです。

日本代表のプリンセスは、竹取物語のかぐや姫

日本代表のプリンセスは、竹取物語のかぐや姫

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

外国の童話に比べると、お姫様の登場率が少ない日本の昔話。そのなかで、日本代表の座をつかんだのは「竹取物語」のかぐや姫でした。竹のイメージそのままに、グリーン系の雅な和風演出です。フラワーアートは、「美女と野獣」と同じく中家匠海氏が担当されています。

日本代表のプリンセスは、竹取物語のかぐや姫

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

竹取物語をイメージしてつくられているのは、「西尾産抹茶と黒豆のケーキ“みやび”」。薄いぎゅうひや生クリーム、スポンジも層になった凝ったケーキですが、見た目よりさっぱりしています。

日本代表のプリンセスは、竹取物語のかぐや姫

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「ジャスミンティブリュレ」は、「食べるジャスミンミルクティ」と言っても過言ではありません。表面のパリパリ部分はつくりたてほどおいしいので、提供されたら早めにゲットするのがコツです。

秋はやっぱり栗尽くし!そしてプリンセス仕様のお土産も

秋はやっぱり栗尽くし!そしてプリンセス仕様のお土産も

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

秋のデザートブッフェのお楽しみは、なんといっても栗ですよね。今回はどのブッフェ台にも、オリジナリティあふれる栗のスイーツが並んでいます。

赤い器に入った栗のスフレは、底に栗が隠れたとろとろのチョコスフレ。シュー皮のたまご風味も絶妙な「カシスと栗のモンブラン」やしっとり濃厚なバターケーキなど、いずれも素材の良さが光っています。

そして、透明な瓶に入った「栗のスープ」は、ココナツミルク風味。甘さはありますが、お菓子というよりもフランス料理の前菜のような上品なスープです。

秋はやっぱり栗尽くし!そしてプリンセス仕様のお土産も

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

なんと言っても、ヒルトン名古屋の秋のお楽しみはこちら。つくりたての和栗モンブラン!中がアイスクリームになっている、ここでしか食べられない贅沢スイーツです。

ブッフェ中盤からは注文してからつくってもらう実演スタイルですが、開始時にはまとめて用意されます。真っ先にブッフェ台の行列に挑むのも楽しいですが、まずはモンブランとコーヒーでゆっくり優雅にスタートするのもオススメですよ。

秋はやっぱり栗尽くし!そしてプリンセス仕様のお土産も

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

ヒルトン名古屋1階、テイクアウト用のケーキやパンを主に取り扱っている「カフェ・チーノ」では、3人のプリンセスをイメージしたポップコーンとキャンディを販売しています。かわいい容器に入ったポップなお菓子は、ハロウィンパーティの手土産にも喜ばれそうですね。

ヒルトン名古屋「プリンセスのお気に入り」は、いつまで?

3人のプリンセスが競演する「プリンセスのお気に入り」は、2017年12月中旬までの開催が予定されています。コンセプトはそのままに、スイーツは随時リニューアルされていきますので、繰り返し行っても楽しめますよ。

土日祝のみの開催ですので、早めの予約がおすすめです。時間帯や料金は「関連MEMO」にある「プリンセスのお気に入り」の公式ページで確認してくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ