今治タオルのすべてが分かる!超体感型空間・今治タオル本店

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

今治タオルのすべてが分かる!超体感型空間・今治タオル本店

今治タオルのすべてが分かる!超体感型空間・今治タオル本店

更新日:2017/09/05 11:36

中井 靖のプロフィール写真 中井 靖 お遍路ナビゲーター

旅人が愛媛・今治と聞いて想像するのが「今治タオル」。
実際に今治に旅して「品質の良い今治タオルはどこで買えるの?」「せっかくだからタオルの事をもっと知りたい!」なんて事をよく耳にします。
実はここに来れば何でも分かるという“今治タオルの聖地”があるのをご存じでしょうか?
今回は、タオルソムリエの資格を持つ筆者が、見て・触って・楽しめるおススメの場所をご紹介!

- PR -

今治タオルの聖地は、今治駅からたったの10分!

今治タオルの聖地は、今治駅からたったの10分!

写真:中井 靖

地図を見る

今治タオルは、今治タオル工業組合が2006年に今治タオルプロジェクトとして発足させた地域ブランドです。プロジェクト発足当時からユニクロなどの企業ロゴデザインでお馴染みのクリエイティブディレクター・佐藤可士和氏を迎え入れ、安心・安全で高品質なタオル作りを目指し、それが次第に消費者に認知されるようになり一躍人気の地域ブランドとして確立され、今日に至っています。

今では知らない人がいないくらいになった今治タオル。その総本部となるのが写真にあるテクスポート今治(今治タオル本店)です。ここはタオル組合に加盟する100社以上のタオル会社が生産する高品質のタオルを買えるだけでなく、今治タオルの知識や歴史を学んだり、実際に自分でタオルを作れるブースが用意され、見て・触って・楽しめる超体感型空間なのです。

本店は空間デザインまで佐藤可士和氏がプロデュース!

本店は空間デザインまで佐藤可士和氏がプロデュース!

写真:中井 靖

2017年3月に今治本店がリニューアル。売り場の延べ面積340平方mには、バスタオルやフェイスタオル、タオルマフラーやベビーグッズなど100種類以上のタオル製品が約20,000点並んでいます。これだけの商品が並ぶお店はここ今治本店だけ。自分のお気に入りのタオルがきっと見つかります。

商品の支払いは写真の広々としたキャッシャーで。自分の目の前でタオルソムリエの資格を持ったスタッフが丁寧にラッピングしてくれます。

なお写真の目線にある今治タオルのロゴマークを含め、店舗のコンセプトや空間デザインなどは、すべて佐藤可士和氏プロデュースによるもので、タオル商品だけでなく空間にもこだわった今治本店を楽しんでください。

本店は空間デザインまで佐藤可士和氏がプロデュース!

写真:中井 靖

地図を見る

今治本店の入り口を入ると正面に見えてくるのは、トリコロールカラーのオブジェです。このオブジェはタオル工場で実際に使用されている「ハーネス」というタオル柄を出すために欠かせない機料品。これをオブジェにしてしまう佐藤可士和氏のセンスに脱帽です。

写真の一番奥に見えるのは、白色タオル製品棚です。この棚にはホテル仕様のバスタオル、フェイスタオルなど組合に加盟するタオル会社が最高の技術を駆使して織った高品質のタオルが並んでいます。同じ白色タオルでも肌触りや風合いがそれぞれ違いますので、100種類以上の中から自分好みのタオルを見つけましょう。もちろん常駐しているタオルソムリエに相談しながら選んでくださいね!

本店は空間デザインまで佐藤可士和氏がプロデュース!

写真:中井 靖

地図を見る

この機械は、明治時代後期に開発された「足ふみバッタン織機」と言って、それまで手織りが主流だったものがこの機械の登場によって生産性が飛躍的に伸びた革新織機です。この機械の前で記念撮影していく人もたくさんいるとか。

さてこの足ふみ織機は別棟のタオルLABで体験できますので、興味のある人はスタッフに声を掛けてみてください。

今治タオルLABでは、見て・触って・楽しめる!

今治タオルLABでは、見て・触って・楽しめる!

写真:中井 靖

地図を見る

別棟にある今治タオルLABは、今治タオルの特徴である「安全・安心・高品質」を体験できる体感施設となっています。

入り口の左側にあるのが、旧式の見本織機です。機械は2種類あり、写真のヒゴ織機(明治初期)は手織りの機械、もう1台は足ふみ織機(明治後期)で、写真のように実際にタオルを織ることができます。スタッフが優しく指導してくれますので、ぜひ体験してみてください。

今治タオルLABでは、見て・触って・楽しめる!

写真:中井 靖

地図を見る

皆さんは「5秒ルール」という言葉をご存じですか?今治タオルの高い吸水性をテストする方法として編み出された独自のルールであり、このルールを満たさなければ今治タオルと認定されない厳しい品質基準を指します。

その5秒ルールを実際に体験できるブースがLABにはあります。テスト方法は、水の入ったビーカーにタオル片を浮かべて「5秒以内に」沈み始めるかどうかです。沈み始めるタオル片ならそれは今治タオルに認定される条件を満たしているという事が分かります。

今治タオルLABでは、見て・触って・楽しめる!

写真:中井 靖

地図を見る

入り口の正面にあるのがこの機械です。これはレピア織機と言って実際にタオル工場で稼働している機械です。本店のオブジェと同じ「ハーネス」が見えますが、実際のハーネスは写真のように黄色(オレンジ)をしています。LABのスタッフに言えば機械を稼働してくれますが、機械の出す音が大きいので注意が必要です。

さてこのLABには、タオルについて豊富な知識を持つ「タオルソムリエ」の資格試験の疑似体験ができるブースもあります。2016年現在、全国に約3,000人いるタオルソムリエの仲間になりたい人はぜひ挑戦してみてください。

品質管理にこだわる商品管理室に潜入!

品質管理にこだわる商品管理室に潜入!

写真:中井 靖

地図を見る

ここは今治タオルオンラインショップで受注された商品の発送業務や加盟するタオル会社への商品の受注業務などが行われる場所です。受注商品を顧客に発送する際には熟練スタッフの厳しい目で製品に不備がないかがチェックされます(ただし見学不可)。

さてたくさんあるタオル商品の中で注目したいおススメは、今治本店でしか手に入らないオリジナル佐藤可士和ロゴアートタオルです。ぜひ手に取ってその感触を確かめてみてください。

たかがタオル、されどタオル。

いかがでしたか?

今治タオルは地域特有のやわらかな水、職人の技とこだわり、厳しい品質管理など、どれが欠けても生まれない環境の下で生産されているタオルです。今治タオル本店は、一枚のタオルの奥深さを知ることができる施設だと言えるでしょう。

毎年5月と10月に開催される「今治タオルフェア」。高品質の今治タオルが、お得に購入できることもあり県内外からたくさんのお客さんが来場するイベントにも大注目です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ