駐車場で紅葉狩り!?秋田八幡平「大沼」は紅葉名所が大集合

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

駐車場で紅葉狩り!?秋田八幡平「大沼」は紅葉名所が大集合

駐車場で紅葉狩り!?秋田八幡平「大沼」は紅葉名所が大集合

更新日:2017/09/05 14:27

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

大沼(秋田県鹿角市)は、秋田八幡平を代表する紅葉名所。八幡平ビジターセンターの無料駐車場周辺に紅葉スポットが集中しており、ほとんど歩かずに紅葉狩りを楽しめます!
セラピーロードと呼ばれる遊歩道も充実。ハイキング気分で至近距離の大沼や穴場の泥火山まで、短時間の散策を気軽に楽しむ事が出来ます。歩いても歩かなくても八幡平の大自然を楽しめる、大沼周辺の紅葉の絶景を手軽な順番に紹介します!

- PR -

大沼の紅葉を八幡平ビジターセンターから一望!

大沼の紅葉を八幡平ビジターセンターから一望!

写真:藤田 聡

地図を見る

大沼は八幡平の秋田県側を代表する、大人気の紅葉スポット。隣接して無料駐車場があり、公衆トイレの二階が八幡平ビジターセンターになっています。写真は、ビジターセンターからの大沼の眺望。ここだけでも既に十分に絶景で、わざわざ散策しなくてもよいと思える程です。

紅葉スポットがコンパクトにまとまっているので、今回おすすめするポイントの大半が既に写真に写っています。右端の紅葉がひときわ赤くなっていますが、さらに右側は一層美しくでSNS映えを狙えます。また、道路向かいの歩道に人々が集まっていますが、ここからの眺めも絶景。大沼まで散策するなら右側の建物横から遊歩道に入り、紅葉の森を通り抜けるのがおすすめです!

SNS映え抜群!センター横の紅葉

SNS映え抜群!センター横の紅葉

写真:藤田 聡

地図を見る

大沼よりも手軽に紅葉の絶景を楽しめるのが、八幡平ビジターセンターの横です。訪問時期にもよりますが、周辺で最も赤い紅葉が集中して色鮮やか。ここを背景に自撮りすれば、インスタ映え、SNS映えも狙えます!

紅葉の大沼にも道路を横断すれば到着!

紅葉の大沼にも道路を横断すれば到着!

写真:藤田 聡

地図を見る

大沼の紅葉を一望するのに最適な場所が、八幡平ビジターセンター前のアスピーテラインの歩道です。バス停もある歩道は少し高台になっており、大沼と周囲の紅葉を見下ろすことが出来ます。

ビジターセンターから全体を一望し、センター横の紅葉でSNS用の自撮りを楽しみ、この場所で大沼を至近距離から眺めれば、紅葉狩りとしては既に完璧。遊歩道を歩かなくても絶景の紅葉狩りを楽しめる、本当に手軽な紅葉スポットです!

大沼遊歩道の紅葉散策もおすすめ!

大沼遊歩道の紅葉散策もおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

大沼の周辺には「セラピーロード」と名付けられた遊歩道が多数あります。紅葉の見頃には、名前の通り歩くだけで癒されるので、是非散策しましょう。

先程のバス停から伸びる木道で至近距離の大沼を往復してもいいですが、宿泊施設「八幡平大沼茶屋湖」側から遊歩道に入ると、紅葉の森を抜けて景観が随時変わるのでおすすめです。大沼には写真のように岸辺まで行ける場所が複数あり、微妙に景観も変わるので好みのポイントを探してみましょう。

温泉好きなら穴場の泥火山も必見!

温泉好きなら穴場の泥火山も必見!

写真:藤田 聡

地図を見る

大沼とは反対側になりますが、八幡平ビジターセンターの裏山には「泥火山」があります。大沼から戻る際にビジターセンターの裏で不定期に湯けむりが上がるのが見え、温泉好きなら是非行きたいと思うに違いありません。

道順は「SNS映えする自撮り」をしたセンター横を、裏手方面へ歩いて行くだけ。一本道なので迷う事もありません。温泉と泥が湧き出している場所が点在し、紅葉も同時に楽しめます。遊歩道は「蒸ノ湯セラピーロード」の一部で、ふけの湯まで続いていますが、至近距離の泥火山だけ見て引き返せば本当に手軽です。

大沼だけじゃない!秋田八幡平の紅葉は「ふけの湯」や後生掛温泉もおすすめ

大沼の紅葉は秋田八幡平を代表する名所だけあり、本当に絶景です。あまり歩かなくても十分に楽しめる上に、少しだけ歩けば紅葉狩りを一層楽します。紅葉の見頃は、例年10月上旬から10月中旬です。

周辺には「ふけの湯」や後生掛温泉もあり、紅葉の見頃時期がほぼ同時なので併せて行くのがおすすめ!別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります。)

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ