ドライブで巡りたい!大満足の伊勢志摩絶景スポット

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ドライブで巡りたい!大満足の伊勢志摩絶景スポット

ドライブで巡りたい!大満足の伊勢志摩絶景スポット

更新日:2017/09/02 19:39

大関 留美子のプロフィール写真 大関 留美子 web・グラフィックデザイナー、ブロガー

伊勢への旅といえばお伊勢参りが定番ですが、ぜひ鳥羽や志摩にもぜひ足を伸ばしてみて下さい。伊勢と鳥羽を結ぶ「伊勢志摩スカイライン」や、鳥羽から志摩への「パールロード」はほどよく緩急がありドライブが楽しい展望道路です。各所に展望台があり、真珠筏が浮かぶ碧い海の大パノラマ風景を楽しむことができます。
定番から穴場までオススメの絶景ドライブ&撮影スポットをご紹介しましょう。

- PR -

朝熊山頂展望台は絶景以外にもフォトジェニックな写真が撮れる人気スポットが!

朝熊山頂展望台は絶景以外にもフォトジェニックな写真が撮れる人気スポットが!

写真:大関 留美子

地図を見る

伊勢内宮から標高555mの朝熊山を越えて鳥羽市内を結ぶ伊勢志摩スカイラインは、各所に絶景ポイントがあるところから「天空のドライブウェイ」と呼ばれています。

特に山頂付近の「朝熊山(あさまやま)頂展望台」からは伊勢の町全景と伊勢湾の大パノラマを眺めることができ、空にはパラグライダーが気持ちよさそうに飛んでいることも。天気が良ければ遠く富士山まで見えることもあります。

寒い季節にここを訪れるのなら「足湯」があるのでぜひご利用下さい。足湯で体を温めながら広大な眺めを楽しむのもいいですね。

朝熊山頂展望台は絶景以外にもフォトジェニックな写真が撮れる人気スポットが!

写真:大関 留美子

地図を見る

広大なパノラマ風景がオススメ撮影ポイントなのはもちろんですが、もうひとつのオススメは「天空のポスト」と呼ばれるこのポスト。

なぜかここに立つ昔懐かしいレトロな形のポスト。その朱い色は青空を背景に独特の配色コントラストをつくり、ポツンな佇まいがなかなかフォトジェニックです。そのまま絵葉書にもなりそうな雰囲気ある写真が撮れますのでぜひお試しを。

伊勢志摩スカイラインは有料道路で、通行料金は普通自動車で1,250円です。しかし割引チケットが観光案内所や観光施設、ホテル、レンタカー営業所など多くの場所で配布されていて、こちらを利用すると1,000円で通行でき小銭を用意しなくてすむのでぜひチェックして下さい。(ETCカードは使えません)

パールロードを通って鳥羽展望台と、パワースポットのある海女の漁村へ

パールロードを通って鳥羽展望台と、パワースポットのある海女の漁村へ

写真:大関 留美子

パールロードは鳥羽から志摩へ続く23.8kmの展望道路で、リアス式の海岸沿いや丘陵など、海と山と両方の変化に富んだ道を走ります。ここを通るなら訪れたいのがひときわ高台にある鳥羽展望台。日の出スポットとしても有名で、特に元旦は初日の出のご来光を見ようと多くの人が訪れます。

建物には少々昭和レトロ感が漂いますが、トイレなどはバリアフリーになっていてきれいです。付近に散歩コースがあるのでぜひ散策を。ドライブで固まっていた体をほぐすのにちょうどよいです。

木製のデッキ風展望台からの眺めは海岸線を遠くまで見渡すことができ抜群です。眼下の海はため息が出るほどの碧さ。素晴らしいパノラマ風景を心とカメラにたくさんおさめて下さいね。

パールロードを通って鳥羽展望台と、パワースポットのある海女の漁村へ

写真:大関 留美子

地図を見る

現役の海女が今も活躍する、石鏡(いじか)や相差(おうさつ)などの町をつなぐのもこのパールロード。寄り道してカメラ片手にのんびりと漁村を歩くのも良いでしょう。石鏡漁港は迷路のような狭い路地と坂のある町で、昭和29年に公開された初代ゴジラのロケ地でもあり「ゴジラ初上陸の地」と言われています。

相差にある神明神社(通称・石神さん)は「女性の願いごとなら必ずひとつは叶えてくれる」という有名なパワースポット。女性ならぜひお参りを。参道にはドーマンセーマングッズ(志摩の海女が身につける魔除け)を販売するショップ&カフェ「海女の家 五左屋」があります。ここではぜひ、酢醤油ではなくきな粉をかけて食べるという、この町独特のところてんを味わってみて下さい。

絶景の極みは安乗埼灯台!近くには非日常を味わえる素敵なカフェが♪

絶景の極みは安乗埼灯台!近くには非日常を味わえる素敵なカフェが♪

写真:大関 留美子

地図を見る

次に紹介したいのは、志摩の安乗岬の突端にあって360度の大パノラマな風景を楽しめる安乗埼灯台。駐車場を降りて少し歩くと公園が広がり、そこから先には遮るものが何もない青い空と海と緑の芝生、そして奥に白い灯台が見えます。

この灯台は珍しい四角形の形をしていて「日本の灯台50選」にも選ばれています。建物自体は小さいですが、登ってみると岬の突端に位置するだけあってなかなかの高さ。素晴らしい眺めが広がります。

絶景の極みは安乗埼灯台!近くには非日常を味わえる素敵なカフェが♪

写真:大関 留美子

地球が丸いことがわかるような広大な水平線、海の碧さ、まさに絶景!海岸の向こうに山並みが見える的矢湾側と、水平線が広がる太平洋側とでは海の表情が微妙に違って見え、その両方を堪能できるのもこの灯台の魅力ですね。ここは「喜びも悲しみも幾歳月」という映画の舞台にもなっていて、当時のロケ風景の写真が展示されていました。

安乗埼灯台までの道は観光バスのような大きな車両が通れる道路ではないので、休日でも人は少なく静かです。心ゆくまでゆっくりと海を眺めていられます。

絶景の極みは安乗埼灯台!近くには非日常を味わえる素敵なカフェが♪

写真:大関 留美子

地図を見る

最後に安乗埼灯台の近くにある素敵なカフェをご紹介。

SHEVRON CAFEは安乗埼灯台から車で20分ほどの場所にあります。地元のサーファーにも人気のスポットで、海を見下ろす丘の上にあり、ここは本当に日本?と思ってしまうくらい外観も内装もセンスが良くオシャレで、どこをカメラのフレームにおさめても絵になります。

カーナビがあっても場所がわかりにくく、たどり着くにはセンスを必要とする隠れ家的な場所ですが、迷子になってもあきらめずにがんばって訪れてみて下さい。

窓からの風景も、インテリアも、のんびりくつろぐお店の猫も、すべてがフォトジェニックなこのカフェで美味しいコーヒーとパンケーキはいかがでしょうか。旅先ならではの非日常な時間を過ごせます。

伊勢志摩の景観の美しさはやはり神々の恵み

さて、伊勢旅行の楽しみはお伊勢参りだけではない!ということで、素晴らしい眺望が楽しめる魅力的なスポットをご紹介いたしました。

お伊勢参りだけなら一泊二日でも充分ですが、どうせならレンタカーを借りてもう一泊してみませんか?神々の恵みを受けた素晴らしい絶景ポイント巡りのドライブを、どうぞ安全運転でお楽しみ下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/30−2017/05/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ