極上みなと夜景に乾杯!雰囲気あるバーラウンジ併設「ナビオス横浜」に泊まって横浜の夜を満喫!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

極上みなと夜景に乾杯!雰囲気あるバーラウンジ併設「ナビオス横浜」に泊まって横浜の夜を満喫!

極上みなと夜景に乾杯!雰囲気あるバーラウンジ併設「ナビオス横浜」に泊まって横浜の夜を満喫!

更新日:2017/09/07 16:10

鎌倉 万里子のプロフィール写真 鎌倉 万里子 宿泊ライター、横浜市地域紙記者、かながわ案内人、ファミリー旅行推進部

みなとみらいのほぼ中央にある、宿泊施設「ナビオス横浜」。凱旋門のような外観で知られていますが、その内部はお部屋はじめ各施設、眺望が素晴らしく、知る人ぞ知る穴場のホテル。宿泊するだけで横浜・みなとみらいを満喫できますよ。

併設の本格バーラウンジ「シーメンズクラブ」は宿泊者も利用しやすく、とてもお勧め。カクテルの町“横濱”に来たなら、本格“港バー”で、あなたも忘れられない一夜を過ごしてみませんか?

- PR -

船と海の街、みなと横浜を感じさせるホテル

船と海の街、みなと横浜を感じさせるホテル

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

「ナビオス横浜」は1999年10月に船と港の振興を願って開業。パリの凱旋門のような独特の外観はみなとみらいのシンボルの一つとして今も親しまれています。「横浜国際船員センター」とも呼ばれ、船舶・海事関係者のための福利厚生施設でありますが、一般も利用が可能です。

みなとみらい真ん中のローケーション、設備ともにグレードの高い施設でありながら、リーズナブルな料金設定で、本当はあまり教えたくない、地元穴場のお薦め施設です。

船と海の街、みなと横浜を感じさせるホテル

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

みなとみらい線馬車道駅4番出口から徒歩約5分。こちらが一番早いアクセスですが、みなとみらい地区を満喫したい方は、JR桜木町駅から向かうのがお勧め。

桜木町駅を出て、バスターミナルを超え横断歩道を渡ると、左手にランドマークタワーや帆船日本丸、広がる横浜港の向うに観覧車「コスモクロック21」、そして右手にレンガ色の建物ナビオス横浜が広がり、これぞ「横浜みなとみらい」という風景が広がります。

中央の、ナビオス横浜まで、まっすぐ広がっている緑地のある歩道が、地元住民にも親しまれている「汽車道」。桜木町駅と横浜新港地区を結んでいた鉄道廃線跡を使用してつくられた散歩道です。よく見ると、線路の跡がずっと続いており、鉄道が走っていた時代をしのばせます。汽車道上に3つある橋梁は横浜市認定歴史的建造物に認定されていますよ。

船と海の街、みなと横浜を感じさせるホテル

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

両側が海という景観を楽しみながら、汽車道を7,8分ほど歩くと、「ナビオス横浜」が美しく姿を現します。

施設は開口部にて汽車道をまたぐように設計されており、そこからの赤レンガ倉庫への見通し空間は優れた動線設計の景観ということで、汽車道は土木学会デザイン賞をいただいているそうですよ。

横浜港の歴史や素晴らしい景観にふれ、ホテルまでの道のりですっかりみなと横浜通になれそうですね。

みなと夜景も素晴らしいので夜散策するのもお勧めです。

船と港を感じる館内

船と港を感じる館内

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

1階のロビーは天井が高く広々とした空間。笑顔が素晴らしく、あたたかいフロントの方の対応でチェックインを済ませます。

海事関連の施設らしく、船の模型や歴史、船の情報誌などがあちこちに設置、海と港の雰囲気を盛り上げています。

船と港を感じる館内

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

エレベーター周辺は和の装飾を施した、しっとりと美しい空間。船舶・海事関連の海外からのお客様も多い施設であることがうかがえますね。

まるで宝石!窓から溢れるみなとみらい・横浜の夜景!

まるで宝石!窓から溢れるみなとみらい・横浜の夜景!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

お部屋にチェックインすると、夜間には窓からは溢れそうなみなとみらいの夜景が目の前に見え、ホテルの立地と景観の素晴らしさにまず驚きます。

こちらはランドマーク、コスモクロック側のお部屋からの景色。コスモクロック21のライトが色鮮やかに変化し、まるでプロジェクションマッピングを見ているかのよう。

みなとみらいの夜景の真ん中に位置するナビオス横浜だけから見える完成度の高い近さのある夜景です。

まるで宝石!窓から溢れるみなとみらい・横浜の夜景!

写真:鎌倉 万里子

室内は重厚感のある色調で落ち着きます。海に囲まれた、みなとみらいの宝石のような夜景に囲まれて過ごせば、日常の疲れと忙しさをすっかり忘れてしまいそう。

まるで宝石!窓から溢れるみなとみらい・横浜の夜景!

提供元:ナビオス横浜

https://www.navios-yokohama.com/地図を見る

また、みなとみらい地区にはほとんど無い、ゆったりめの和室があるのが、「ナビオス横浜」の大きな特徴。

横浜観光船や八景島シーパラダイスとのセット料金なども季節によっては設定されており、家族や、赤ちゃん連れでの横浜観光には、本当に嬉しい施設です。

隣接するショッピングセンター横浜ワールドポーターズには、コンビニや飲食店、衣類雑貨の店も豊富にあり、旅先でのお買い物にも便利ですよ。

“Seamen‘s Club”でカクテルの町“横濱”を堪能!

“Seamen‘s Club”でカクテルの町“横濱”を堪能!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

ナビオス横浜に宿泊したらぜひ訪れてほしいのが、“これぞ横浜夜景”を肴に本格的なカクテルが楽しめる、3階のバーラウンジ「Seamen‘s Club」。

横浜ベイブリッジと赤レンガ倉庫方面夜景の素晴らしいロケーションをバックに、シェイカーを降るバーテンダーの姿はまるで映画のワンシーンのよう。

カクテルの町“横濱”を宿泊ホテル内で堪能できますよ。

ホテルのバーは、初めてや一人だとなかなか入る勇気が無い、という方にも、このバーラウンジは、肩の力を抜いて利用することができ、お勧めですよ。

“Seamen‘s Club”でカクテルの町“横濱”を堪能!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

カクテルのお薦めは「ナビオス・ブルー」。

ブルーライトに美しく彩られたSeamen‘s Clubと古き良き、そして現在の素晴らしい横濱のみなと夜景に乾杯!

横浜港に入港する海外船舶の船員達のために、港周辺には古き良きバーやレストランなどが昔から数多くありました。お酒とカクテルの町と言われる所以はここからですね。横浜へ来たなら本場のカクテルをぜひご賞味くださいね!

“Seamen‘s Club”でカクテルの町“横濱”を堪能!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

ラウンジ奥には重厚感のあるビリヤード台が。世界の船乗りさん仕様になっているシーメンズクラブならではの施設です。

横浜港の夜景をバックに、カクテルを楽しみ、ビリヤードに興じて。宿泊できるナビオス横浜だけの非日常空間、ぜひ満喫してくださいね!

みなとみらいの朝日と海、朝食で充電完了!

みなとみらいの朝日と海、朝食で充電完了!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

みなとみらいの明るい朝日で目が覚めると、窓からはこの景色!

運行パーク、汽車道、ランドマークタワー、観覧車コスモクロック21とすべてのシンボルがバランスよく並んでいる様子はまるで絵葉書のよう。

みなとみらいの朝日と海、朝食で充電完了!

提供元:ナビオス横浜

https://www.navios-yokohama.com/

さわやかな朝の景色が楽しめる1階にあるレストラン、「Ocean」で朝食バイキングをいただきに行きましょう。

周辺のホテル群よりはリーズナブルな料金設定で豊富なバイキング朝食をいただけるのが魅力です。

みなとみらいの朝日と海、朝食で充電完了!

写真:鎌倉 万里子

地図を見る

ランドマークやコスモクロック21側の景観を周辺の緑と共に眺めることができるこのレストランのロケーションも最高です。

バイキングのサラダの野菜は横浜の地元農家が作ったものが中心。生産者名を入れて紹介しています。また、横浜のホテル朝食では中華街があることから、シュウマイや春巻きなど中華系も選択するのをお忘れなく。

みなとみらいの朝日を浴びながらコーヒーをいただいて、心と体とお腹の充電、完了ですね!

「ナビオス横浜」に泊まって横浜港の歴史にふれる

大人も子供も大好きな、横浜港を中心に遊園地や商業施設、宿泊施設が立ち並ぶ横浜みなとみらい地区。

ショッピングエリアや飲食店、イベントなどがつい話題の中心となってしまう地域ですが、そんな賑わいからふと目を移すと、古き良き港横浜の名残があちこちに残っています。

ナビオス横浜は船や港と共に歩んできた横浜の歴史をふと思い出させてくれる貴重な宿泊施設。海の香りと歴史、そしてみなと夜景を満喫して一泊し、さわやかな朝を迎えれば、誰もがすっかり“はまっ子”に!

横浜・みなとみらい観光の思い出の風景に、港の歴史が加われば、きっとより素敵な彩りとなりますね。



この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/22−2017/08/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ