山形県で一番高い滝「玉簾の滝」!滝パワー&森パワー浴び放題のパワースポット

| 山形県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

山形県で一番高い滝「玉簾の滝」!滝パワー&森パワー浴び放題のパワースポット

山形県で一番高い滝「玉簾の滝」!滝パワー&森パワー浴び放題のパワースポット

更新日:2017/08/31 16:06

伊都 をかしのプロフィール写真 伊都 をかし 旅ライター

山形県酒田市にある「玉簾の滝」は、県で一番高い滝です。弘法大師様ゆかりの滝で、ご神体として崇められている、有り難い信仰の滝でもあります。

滝の周りには大きな杉の木々が生い茂り、神聖な雰囲気が漂っています。まっすぐに流れ落ちてくる壮大な滝を眺めながら、豪快な水しぶきを浴びていると、心も体も清らかになる気がしますよ。

- PR -

弘法大師様ゆかりの壮大な直瀑、「玉簾の滝」

弘法大師様ゆかりの壮大な直瀑、「玉簾の滝」

写真:伊都 をかし

地図を見る

「玉簾の滝」は、JR酒田駅から車で約40分のところにあります。神様のお告げにより弘法大師様が発見したと言われていて、滝自体がご神体として信仰されています。かつて修行僧が修行した場所でもあり、滝の前には「御嶽神社」が祀られています。滝の周りは大きな杉の木々で囲まれていて、静かで神聖な雰囲気が漂っています。

また「玉簾の滝」は、四季折々に異なった表情を見せてくれるんですよ。春は、雪解け水が加わった豊かな水量の豪快な滝が見られます。夏はひんやりとした空間を、秋は紅葉に映える滝を楽しみに、多くの人が訪れます。そして、冬には、凍った滝「氷瀑」が人々を魅了しています。1年を通じて訪れる人の絶えない人気のスポットなのです。

滝への参道も見どころいっぱい

滝への参道も見どころいっぱい

写真:伊都 をかし

地図を見る

駐車場から滝まで、歩いて10分くらいです。駐車場を出ると、すぐに鳥居があります。「玉簾の滝」は御嶽神社の境内にありますから、神社への参道を歩いていくことになります。この鳥居をくぐると、舗装した道と砂利道がありますが、砂利道の方が楽しいですよ。

滝への参道も見どころいっぱい

写真:伊都 をかし

地図を見る

砂利道の左右に、年の数だけ石でたたくと願いが叶うという「ぽんぽん石」とか、弘法大師様が座禅されたという「座禅石」、岩のくぼみの水が眼病に効くという「目洗石」が次々に現れます。

滝への参道も見どころいっぱい

写真:伊都 をかし

地図を見る

左の方には、きれいな棚田がありますから、こちらも見逃さないでくださいね。

全身で滝と森のパワーを浴びよう

全身で滝と森のパワーを浴びよう

写真:伊都 をかし

地図を見る

小さな橋を渡り、迫力ある水の音が聞こえてくると、まもなく杉の木々の間に、趣のある苔むした鳥居が見えてきます。その鳥居の奥にあるのが、御嶽神社です。鳥居だけでなく、灯籠も狛犬もいい感じに苔むしています。そして、神社の横には、ご神木の「千年杉の大木」もありますから、滝に向かう前に、神社にもご神木にも、しっかりとお参りしましょうね。

全身で滝と森のパワーを浴びよう

写真:伊都 をかし

地図を見る

63メートル上から、まっすぐに流れ落ちる滝の迫力は圧巻です。滝の前に立つと、あっという間に滝壺から舞い上がる水煙に包まれます。滝の音を聞きながら、木漏れ日に輝く滝を眺めていると、滝や森からのパワーで心も体も満たされて、日頃の疲れや心配事なんかがきれいさっぱりと流れ落ちて、いつの間にか穏やかな気持ちになってきますよ。

ひんやりとした心地よい風が滝から吹いてきます。同時に、たっぷりの水しぶきも飛んできます。ちょっとした小雨にあったときくらい濡れますので、カメラを持っている方は充分注意してくださいね。

滝の前で、両手を広げて立っている人がたくさんいます。玉簾の滝は、心身を浄化するパワーがあると言われていますので、滝からのパワーを全身で浴びているのですね。

四季それぞれに楽しめるパワースポット

「玉簾の滝」は、山形県下一の高さを誇り、63メートルの高さから一直線に流れ落ちる滝の壮大な姿と神聖な雰囲気で人気のパワースポットです。1年を通じて四季折々の表情が楽しめます。平成11年からは、ゴールデンウィークやお盆の期間にライトアップが実施されています。

駐車場には、産地直売所・「産直ららら」があって、おいしくて新鮮な地元の野菜や山菜などが手に入ります。山形名物玉こんにゃくもお勧めです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ