川がそのまま水族館!?日本最大級の淡水魚水族館「千歳水族館」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

川がそのまま水族館!?日本最大級の淡水魚水族館「千歳水族館」

川がそのまま水族館!?日本最大級の淡水魚水族館「千歳水族館」

更新日:2017/08/29 11:19

玉恵のプロフィール写真 玉恵 カメラマン、ライター

北海道の玄関口である千歳市の道の駅「サーモンパーク千歳」。その一角にある水族館は、日本最大級の淡水魚水族館「千歳水族館」があります。この千歳水族館はもともとサケのふるさと館をリニューアルした水族館。サケは北海道の名産であり、千歳川はサケが帰ってくることでも有名です。
今回はサケのふるさと、千歳水族館をご紹介しましょう。

- PR -

迫力満点!日本最大の淡水水槽でサケの成長観察!

迫力満点!日本最大の淡水水槽でサケの成長観察!

写真:玉恵

地図を見る

「千歳水族館」は千歳市の道の駅、サーモンパーク千歳の敷地内にある水族館。公園や直売所、飲食店等がある施設の左手奥にあります。壁がサケの鱗のように光っているここが、日本最大級の淡水魚水族館です!

迫力満点!日本最大の淡水水槽でサケの成長観察!

写真:玉恵

地図を見る

千歳水族館のエントランスを抜けると、高さ5メートル、幅12メートルの巨大な水槽が見えます。迫力満点のこの水槽は、淡水の水槽では日本最大級の規模。

水槽では大きなチョウザメや、幻の魚であるイトウが悠々と泳いでいます。様々な魚の背や鰭が光に照らされて幻想的。そして様々なサケの仲間も泳いでいます。小さなサケから大きなサケまで、稚魚から成魚とサケの成長も見られる水槽です。

神秘の湖、日本一の水質支笏湖の湖底を再現!

神秘の湖、日本一の水質支笏湖の湖底を再現!

写真:玉恵

地図を見る

更に進むと、青い美しい水槽が見えてきます。ここは千歳市が誇る神秘の湖「支笏湖」の湖底。支笏湖は日本最北の不凍湖であり、その水質は日本一とも言われています。その神秘的な水中世界を再現したのが、支笏湖ゾーンの水槽!支笏湖ブルーにヒメマスの銀の鱗がきらきらと美しく光ります。

日本初の透明プールで、タッチ体験!

日本初の透明プールで、タッチ体験!

写真:玉恵

地図を見る

そして体験型のゾーンがこちら。魚を触ったり、重さを体感したり出来てお子様も楽しめるようになっています。

日本で初の全面が透明のアクリルで出来たプールは、魚を触れるタッチプール!この水槽ではチョウザメ等の小さな魚が泳いでいます。手を洗ってチョウザメを触ってみてはいかがでしょう!ですが、生き物ですので傷つけないように優しくサメ肌を触ってね。

日本初の透明プールで、タッチ体験!

写真:玉恵

地図を見る

その他、サケの重さを体感出来る模型もあります。オスとメスでは重さが…?実際に持ってみてくださいね!

日本初の透明プールで、タッチ体験!

写真:玉恵

地図を見る

更にドクターフィッシュが泳ぐ水槽もあります。手を入れると小さな魚達が、老廃物を食べにつんつんと寄ってきます。くすぐったいけれど可愛い!

千歳川ロードで千歳に生息する魚に詳しくなっちゃおう!

千歳川ロードで千歳に生息する魚に詳しくなっちゃおう!

写真:玉恵

地図を見る

地下へ向かって下ると、千歳川ロード。ここでは両サイドに水槽が並べられています。千歳川に生息している魚が、源流から下流まで生息域ごとに紹介しているので、お子様の自由研究にもなっちゃうかも!

千歳川を抜けると、世界の淡水魚が展示されています。南米やアフリカ、東南アジアの淡水魚が大集合。電気ウナギや、日本では見たことのないカラフルな魚もいて必見です。

世界初!窓から千歳川の川底そのまま覗けるリアル水中観察!

世界初!窓から千歳川の川底そのまま覗けるリアル水中観察!

写真:玉恵

地図を見る

そしてこの千歳水族館の目玉は、千歳川の川底がそのまま水族館になっている、水中観察ゾーン!千歳川の清流を直接窓から見られます。川底をそのまま水族館にしてしまうなんて画期的!千歳川が澄んだ川であることがわかります。リアルに魚が泳いでいるのも目撃出来る水槽は、世界初の試みです!

おわりに、

「千歳水族館」は、新千歳国際空港から車で約10分。JR千歳駅からは徒歩10分の距離にあります。更に北海道の中心都市である札幌からは、車で約60分ですのでアクセスも便利。詳しくはメモでご確認ください。

日本最大級の淡水魚水族館で、北海道の名産サケの秘密を探りに来ませんか!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ