トロッコ列車で地底探検へGO!スロベニア「ポストイナ鍾乳洞」は欧州最大

| スロベニア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

トロッコ列車で地底探検へGO!スロベニア「ポストイナ鍾乳洞」は欧州最大

トロッコ列車で地底探検へGO!スロベニア「ポストイナ鍾乳洞」は欧州最大

更新日:2017/09/07 10:20

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji

日本人には馴染みが薄いかもしれませんが、自然美が最大の魅力であるスロヴェニア。アルプスを挟んでスイスやオーストリアの反対側に位置し、山並みの風景はユリアン・アルプスと言われて引けをとりません。1万近いともいわれる鍾乳洞があり、緑に覆われた変化に富む風景が堪能できます。中でも人気があるのが「ポストイナ鍾乳洞」!鍾乳洞の女王と言われ、欧州最大規模を誇ります。トロッコ列車で地底へ向かいましょう。

- PR -

ヨーロッパ最大のポストイナ鍾乳洞へ

ヨーロッパ最大のポストイナ鍾乳洞へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

自然の美しさが魅力のスロヴェニアでは、ユリアンアルプスという、スイスやオーストリアに代表されるアルプスの山並みにも引けをとらない風景が知られていますが、それだけではありません。世界遺産のシュコツヤン鍾乳洞をはじめ、なんと1万近い鍾乳洞が発見されていて、観光客の人気を集めています。その中でも最大規模の鍾乳洞がポストイナ!

ポストイナ鍾乳洞の存在は中世のころから知られていたのですが、正式に調査され始めたのは19世紀に入ってからのこと。全長約27キロメートルにも及ぶ洞窟は、ピヴカ川の澄み切った綺麗な水を吸収し、石灰岩が削られて、10万年もの年月をかけて形成されてきました。

ヨーロッパ最大のポストイナ鍾乳洞へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

木がこんもりと茂る緑溢れる風景の中、入り口に到着したら、この階段を上がって行きます。レストランやお土産コーナーも入る建物内でチケットを購入して洞窟の奥へ入って行きましょう。

遊園地気分!?トロッコ列車で地下へまっしぐら

遊園地気分!?トロッコ列車で地下へまっしぐら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

トロッコ列車は、鉄枠だけの座席と床に板が張り付けられたような簡単なものです。

遊園地気分!?トロッコ列車で地下へまっしぐら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

座席に座っていざ出発!勢いよく音を立てて走り出すと、まるで遊園地の乗り物に乗っているような感覚。目の前に現れ素早く後ろへと流れるのは、真っ暗な洞窟に点在する鍾乳石の塊です。この走行中だけでもかなりの鍾乳石にお目にかかれます。

遊園地気分!?トロッコ列車で地下へまっしぐら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

約2キロメートルほど走って到着するのは、広いホールになった所。列車を降りてさらに奥に進んでいくと、英語、ドイツ語、イタリア語・・・といくつかの言語に分かれて集まります。ここからがガイドツアーの始まり。ガイドさんが、時折ライトを当てて解説してくれるのを聞きながら進んでいきましょう。

広大な地底を探検

広大な地底を探検

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ガイドさんの話を聞きながら進むのはアップダウンの多い、手摺の付いた通路沿い。しかし、周りを取り囲むのは圧倒されそうな広大な洞窟と、幾種類もの数え切れないほどの鍾乳石の塊たちです。時には岩の間から地底湖の水が光るのも目に入ってきます。

広大な地底を探検

写真:Hiroko Oji

地図を見る

約1.7キロメートルほどの見学通路を進んでいくのですが、その上下左右には、高度や広さによって色や形の異なる鍾乳石が続く続く!真っ白な細くて繊細な「スパゲッティ」と呼ばれる氷柱のような形のものがたくさん上からぶら下がっていたり、表面がなめらかでつるつるの白い「ブリリアント」と名付けられたものがすぐ横に現れたり、オウムに見えるものや、ラクダ・ワニ・カメ・おばあさん・男の子などなど、面白さ満載です。

広大な地底を探検

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ガイドツアーの終盤、広い空間の「コンサートホール」の手前で見られるのは、「類人魚」と呼ばれる目の無い両生類。とても珍しい生き物で、暗闇の世界に住むため、目はすっかり退化してしまっています。エラ呼吸と肺呼吸を使い分けて、1年ほど何も食べなくても生きられるんだそうです。暗い通路沿いのコーナーに居ますので、どうぞお見逃しなきように。

自然の中でゆったりと

自然の中でゆったりと

写真:Hiroko Oji

地図を見る

このポストイナ鍾乳洞は、周りを緑溢れる整備された庭園に囲まれていますので、洞窟の見学後はゆっくり散策タイムに。又入り口から50メートルほど離れた所には、プロテウスという、洞窟に生息する生物の展示などもあります。

さらに奥には幻想的な洞窟城も

鍾乳石は、1ミリメートル成長するのに10〜30年かかると言われており、地底で見るものは、気の遠くなるような年月を経て造られてきた自然の姿です。その壮大な美しさから「鍾乳洞の女王」と称えられているポストイナ鍾乳洞は、欧州最大というだけあって、地底をアップダウンしながら1時間半ほどの見学になります。ひんやり冷たい空気が流れる鍾乳洞内の気温は、真夏であっても10度前後。寒さ対策をしっかりしてご参加ください。また、地下水が染み出て濡れていて滑りやすい箇所もある洞内です。安全に楽しむためにも歩きやすく滑りにくい靴を用意してくださいね。

また、お時間が許せば、鍾乳洞から9キロメートルほど離れた所には「洞窟城」と呼ばれるスポットもあります。高さ120メートルを超える切り立った絶壁に、岩と一体化したようなお城があり、お城の背後にある洞窟も併せて探検ができますので、興味のある方はぜひ訪れてください。ただし、こちらのガイドツアーは夏季限定です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/07/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ