キューバで最高の絶景大パノラマ!「バラコア」の展望台と自然公園

| キューバ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

キューバで最高の絶景大パノラマ!「バラコア」の展望台と自然公園

キューバで最高の絶景大パノラマ!「バラコア」の展望台と自然公園

更新日:2017/08/22 14:35

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター

コロンブスが上陸した際に「この世で一番美しい」と称賛したのが、ハバナから1000キロメートル離れたキューバの桃源郷「バラコア」。行くまでが大変ですが、辺境の地の人々は穏やかで、キューバで一押しの片田舎なのです。

ここで訪れるべき場所の一つ、キューバで一番の絶景を望む展望台、冷たく澄んだ水の洞窟プール、岩が削られてできたトンネルとハートの見晴台にビーチ、まるで冒険の国のような場所をご紹介します!

- PR -

「ど田舎」な絶景がどこまでも続く道

「ど田舎」な絶景がどこまでも続く道

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

大パノラマ展望台、純粋な水の洞窟プール、白砂のビーチにペトログリフが残る洞窟トンネルまである「マハヤラ自然公園 (parque nacional majayara)」。ビッグな自然は、アドベンチャー映画のセットに入り込んでしまったかのような場所。
地元の人は「ミラドール (展望台)」、「プラヤ ブランカ(白砂のビーチ)」、「クエバス (洞窟)」とそれぞれの場所を指して呼んでいて、公園の名前そのものは知名度がないのが実情です。

バラコアにある山や川、カカオ農園へは、車が必要となりますが、この公園までは町からもハイキングがてら歩いて行くことができます。

木々が生い茂り、車が横切るかのように馬が通ったり、どこからともなくヤギが現れたりと、時代は21世紀ということを忘れてしまうほど、「ど田舎」そのものな風景が広がっています。

「ど田舎」な絶景がどこまでも続く道

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

公園の入り口までの行き方は、バラコアの中心地から乗合馬車か徒歩で町外れの野球場を目指しましょう。そこからビーチ沿いをひたすら歩きます。ビーチの終点に川があり、ボートで対岸へ渡ることができます。以前は、写真のような木製の橋がありましたが2016年のハリケーンの後、崩れてしまいました。

渡ったところのスタンドでジュースやスナックが売っていますが、長旅になるのでフルーツやお水など持参してもよいでしょう。左右に道があり左に曲がり真っ直ぐすすむと、入り口に到着。目的地までの入場料を払ったら、ここから本当のアドベンチャーの始まりです!

入場料は各場所によって異なります。プラヤ ブランカだけなら2CUC、展望台は3CUC、洞窟は5CUCなど。(1CUC=約110円/2017年8月現在。ガイド代は別)

岩の合間にちいさな白砂のビーチ!プラヤ ブランカ

岩の合間にちいさな白砂のビーチ!プラヤ ブランカ

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

入り口で道が二手に分かれているので左側に行きましょう。坂を登りきった後に続く平らな道をしばらく行くと、看板があるので迷うことはありません。「playa blanca (プラヤ ブランカ)」 と書かれていて、ここで左へ曲がります。

バラコアの街にあるビーチはどこも黒砂。(街から約20キロメートルにあるマグアナビーチには、白砂が広がっています)ここのビーチは、泳げるスペースは、あってないようなものというくらいとっても小さいながらも、白砂とゆっくりくつろげる木陰があります。

岩と岩の間にできた小さなスペースが泳ぐ場所。それだけに潮の満ち引きをさらに強く感じます、周囲は岩に囲まれ、ゴツゴツとした奇妙な形の岩が至近距離にあり、自然の迫力を味わえます。時間帯によっては波が高く危険ですので、入り口でその時の状況を確認してくださいね。

ロビンソン クルーソーの舞台にも!自然の壮大さを感じる奇岩が

ロビンソン クルーソーの舞台にも!自然の壮大さを感じる奇岩が

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ビーチでひとしきり遊んでくつろいだ後は、またハイキングが続きます。ビーチの先は一部、軍の練習場などもあり、個人では行くことができません。
洞窟は個人所有で鍵がかかっているのですが、オーナーがガイドとなって連れて行ってくれます。プラヤ ブランカの看板の先に、オーナーである「Aristides Fuentes」の家があります。もしくは、受付でガイドをお願いすることもできます。ガイド代の目安は、洞窟までの往復で3〜5CUC。(1CUC=約110円/2017年8月現在)

洞窟までの道のりがとにかくアドベンチャーで、冒険の国に迷い込んでしまったかのよう。ユニークな形の岩が広がり、時には、道がふさがれているのでしゃがんだり、はしごを降りたりしながら、洞窟までの道は続きます。

ロビンソン クルーソーの舞台にも!自然の壮大さを感じる奇岩が

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

石灰分が沈殿して固まったタケノコ状の石筍に、石灰質のつらら、鐘乳石が作り出した岩のトンネルのような道では、左側に目をやるとヤシの木に真っ青なビーチも見えてきます。ハートの形をした見晴台まで現れ、自然の偉大さを感じます。

この公園には、500以上ものペトログリフが残り、考古学的にもキューバで最も重要な場所の一つなのです。岩を注意して見てみると、貝の化石やペトログリフを見つけることができるので探してみてくださいね!

ロビンソン クルーソーの舞台にも!自然の壮大さを感じる奇岩が

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

足元にも注意しながら、時間があればゆっくりと周囲を見渡しながら歩くことをおすすめします。

キューバだけに生息するポリミタというカタツムリに出会える可能性も高いからです。ポリミタは、まるで絵の具で塗ったかのように殻に模様があるのが特徴。絶滅の危機にも瀕していますが、バラコア周辺でひっそりと生き延びているのです。

ひんやりと透き通った水がとにかく気持ちいい!自然の洞窟プール

ひんやりと透き通った水がとにかく気持ちいい!自然の洞窟プール

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

岩のトンネルを通り過ぎた後には、ココナッツが山のように散らばっているところや、先住民が歩いていた石の道が残っています。そして、その先にあるのが写真の映画の世界のような場所。ここに隠れるように洞窟の入り口があるのです。

ひんやりと透き通った水がとにかく気持ちいい!自然の洞窟プール

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

洞窟近くは滑りやすくなっているのでガイドについてゆっくり歩きましょう。暗い中を懐中電灯で照らしてくれるので最初は水がない?!と、勘違いしてしまうほどの透明度の高さです。

混じりけがない純粋な水はツルッとした肌触りで、さらにキーンと冷えきっていて、体だけでなく心まで洗われる感じがします。

コロンブスも大絶賛した街「バラコア」にキューバで一番の大パノラマが!

コロンブスも大絶賛した街「バラコア」にキューバで一番の大パノラマが!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

キューバで最高の大パノラマが広がる展望台までもここで楽しめます。個人の敷地で、一歩入るとカカオやバナナ、マンゴー、グアバなどのフルーツが豊富にあります。

奥まで行くと急に視界が開けます。バラコアの象徴であるテーブルマウンテン「ユンケ」がそびえ、海に川にヤシの木などで埋め尽くされた緑は、心落ち着く絶景。目の前に大パノラマが広がる場所には、ちゃんとベンチが用意されています。特等席でしばらくぼーっと過ごしたくなってしまうはずです。

フレッシュなココナッツジュース、搾りたてのフルーツジュース、ココナッツとラムのカクテル「ココ ロコ」も別料金ですが頼むことができますよ。この場所は、レストランや宿泊施設のカサ パルティクラールも将来的にはオープンする予定で準備をしているそうです。

公園内に住んでいる人々は庭で採れたフルーツや、手作りチョコレートなどを売っています。チョコレートやカカオニブはバラコアならではの一品なのでオススメです!

キューバで訪れるべき街「バラコア」と自然公園!

展望台に先に行きたい場合には、入り口で料金を払った後、右手の坂を登ってくださいね。その場合は、展望台→洞窟→トンネル→プラヤブランカと、訪問する順番が変わります。

街からガイドと一緒に行くこともできるのでその場合は、バラコアにあるツアー会社に相談してみてください。バラコアにはアクティビティの選択肢が多く、どれにしようか困ってしまう人もいると思いますが、1日かけてここを訪れることを強くおすすめします!

バラコアに関しては関連メモのリンクから別記事を参考にしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/24−2016/04/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ