5年ぶり再開!石川「親谷の湯」は日本屈指の絶景露天風呂

| 石川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

5年ぶり再開!石川「親谷の湯」は日本屈指の絶景露天風呂

5年ぶり再開!石川「親谷の湯」は日本屈指の絶景露天風呂

更新日:2017/08/09 13:15

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

親谷の湯(石川県白山市)は日本の滝百選「姥ヶ滝」を目前に望む、日本屈指の絶景露天風呂。2012年に温泉の自噴が停止し長期休業中でしたが、2017年7月に5年ぶりに再開しました!
白山白川郷ホワイトロード(旧 白山スーパー林道)にあり通行料金が必要ですが、露天風呂の入浴料は無料で足湯も併設。混浴ですが水着着用で楽しめる「親谷の湯」の絶景を、詳細なアクセス方法も含めて紹介します!

- PR -

姥ヶ滝の絶景を望む「親谷の湯」

姥ヶ滝の絶景を望む「親谷の湯」

写真:藤田 聡

地図を見る

親谷の湯は、白山白川郷ホワイトロードの途中にある無料混浴露天風呂です。白山周辺には絶景の観光地が多数ありますが、日本の滝百選にも選ばれた「姥ヶ滝」はその代表格。姥ヶ滝の目前にある「親谷の湯」は、文字通り日本屈指の絶景露天風呂です!

姥ヶ滝の絶景を望む「親谷の湯」

写真:藤田 聡

地図を見る

昔から河原で自噴しており、各種の病に効くことから「ドスの湯」の別名もあります。野山で自然に湧いている温泉を野湯と呼びますが、今では立派な露天風呂になっています。

親谷の湯は、2012年に温泉の自噴が断続的に停止し不定期営業に入り、翌年休止に追い込まれました。その後、2015年に温泉にポンプを設置して足湯のみ復活し、2017年7月には露天風呂も再開。不定期営業を含めれば4年ぶり、通常営業では実に5年ぶりの再開です!

料金無料の足湯と混浴露天風呂

料金無料の足湯と混浴露天風呂

写真:藤田 聡

地図を見る

「親谷の湯」の奥には展望台があり、写真のように姥ヶ滝の絶景を一望出来ます。展望台にはチップ制の公衆トイレの他、女性用の簡易脱衣テントもあるので、水着に着替えて混浴露天風呂を楽しめます。展望台の下には温泉の足湯があり、こちらも料金は無料です。

料金無料の足湯と混浴露天風呂

写真:藤田 聡

地図を見る

「親谷の湯」は展望台からは見えませんが、写真の通り足湯からは丸見えなので、女性は水着が必要です。混浴露天風呂が苦手でも、足湯から姥ヶ滝の絶景を存分に楽しめます!

親谷の湯へのアクセスは「ふくべの大滝」が目印!

親谷の湯へのアクセスは「ふくべの大滝」が目印!

写真:藤田 聡

地図を見る

「親谷の湯」は、岐阜県と石川県を結ぶ有料道路「白山白川郷ホワイトロード」の途中にあります。岐阜県から石川県へ向けて走行する場合は、写真の「ふくべの大滝」が目印。4km先にある蛇谷園地駐車場が入口です。

石川県側から行く場合は、「ふくべの大滝」が現れたら行き過ぎ。Uターンして蛇谷園地駐車場を探しましょう。ヘアピンカーブの外側に雄大な「ふくべの大滝」があり、カーブ内側が駐車場になっており、非常に目立つので目印に最適です!

蛇谷園地駐車場から「親谷の湯」への行き方

蛇谷園地駐車場から「親谷の湯」への行き方

写真:藤田 聡

地図を見る

蛇谷(じゃたに)園地駐車場の一角に、写真の「親谷の湯」入口があります。一本道なので道を間違える心配はありませんが、看板の絵地図を念の為にスマホで撮影しておきましょう。

蛇谷園地駐車場から「親谷の湯」への行き方

写真:藤田 聡

地図を見る

蛇谷園地駐車場は標高782メートル地点にあり、名前の通り渓谷に面しています。谷底まで約70メートルの標高差があり、急斜面の階段が続きます。初めて行く場合は、あまりの険しさに行くのは無理だし、行けても帰りが大変だと思い中止しようかと迷う程です。

実際、過去に行った事があっても、久しぶりに行くと谷の深さに驚きます。しかし、「親谷の湯」の温泉と周辺の絶景が素晴らしく、大自然のパワーを分けて貰えるせいか、意外な程苦労せずに帰れるので心配要りません!

蛇谷園地駐車場から「親谷の湯」への行き方

写真:藤田 聡

地図を見る

谷底まで降りたら、あとは美しい清流を眺めながら上流方面へ歩いて行くだけ。多少のアップダウンはありますが、最初の階段に比べれば平坦です。所要時間は蛇谷園地駐車場から徒歩約15分と言われますが、帰りは上り坂なので20分以上かかり往復40分程です。

「親谷の湯」は、白山白川郷ホワイトロードの営業期間・通行時間中のみ利用出来ます。営業期間は6月上旬〜11月10日まで、通行時間は6月から8月が朝7時から18時。9月から11月は朝8時から17時です。出口閉門時間に間に合わないと、車中泊せざるを得なくなるので長風呂は禁物です!

「親谷の湯」は、白山白川郷ホワイトロードにあります!

「親谷の湯」は露天風呂も足湯も無料ですが、白山白川郷ホワイトロードの途中にあるので、通行料金が必要。以前は普通車片道3150円でしたが、今では1700円に値下げされています。

石川県の温泉では「温泉に泊まって片道無料キャンペーン」を毎年実施しており、宿泊者は片道通行料金が無料。対象は加賀温泉郷(あわづ、片山津、山代、山中)、辰口温泉、白山温泉郷、金沢温泉郷の協賛施設で、中でも山代温泉「あらや滔々庵」が断然おすすめ!別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ