SL「大樹」の駅弁どれ食べる?日光市に新作駅弁が続々登場!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

SL「大樹」の駅弁どれ食べる?日光市に新作駅弁が続々登場!

SL「大樹」の駅弁どれ食べる?日光市に新作駅弁が続々登場!

更新日:2017/08/10 09:48

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

東武鬼怒川線SL「大樹」が2017年8月10日、旅人の夢を乗せていよいよ下今市-鬼怒川温泉間を走行開始!モクモクと黒煙を吐きながら走るSLと共に、旅情をかきたてられるのが駅弁。SL「大樹」営業開始にあたり、日光・鬼怒川の味を楽しめる新作駅弁も続々登場しています。それぞれに趣向を凝らした、SL「大樹」にまつわる新作駅弁。気になるのは、その中身とお味!新作駅弁をそれぞれ詳しくご紹介します。

- PR -

下今市駅の駅弁といったら「アザレア弁当」レトロで美味しい伝統の味

下今市駅の駅弁といったら「アザレア弁当」レトロで美味しい伝統の味

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

2017年8月10日、約58年ぶりに東武鬼怒川線に復活するSL、「大樹」。自然豊かな観光エリア、今市ー鬼怒川を走ります。旅人の夢を牽引するSLは何と、北海道で「SLニセコ号」などで活躍してきたC11形207号機。客車は四国を走っていたマリンブルーの14系客車。坂道のお助けマンは、福知山・米子など関西で活躍してきたディーゼル・DE10形1099号機。

全国を走り抜いてきた車両が一つに繋がれて走るSL「大樹」。旅情タップリのこのSLを駅弁の掛紙に使った駅弁もまた、発売以来大評判です。

下今市駅の駅弁といったら「アザレア弁当」レトロで美味しい伝統の味

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「べんとう〜」という声と共に、駅弁を木箱に山積みしてホームを歩く駅弁の立ち売り。今では見ることが無くなった情緒ある旅のひとコマ。下今市駅ではこの駅弁の立ち売りが2015年まで行われていました。その立ち売りで売られていたのが“アザレア弁当”の駅弁(税込1000円)。

そのアザレア弁当の新作駅弁が「懐かしの下今市立ち売り弁当」。駅弁の掛紙右上には、長年、下今市駅で「べんとういかがっすか〜」と、元気な声をあげて売りをしていた駅弁おじさんの写真が入っています。そしてSL大樹の勇壮な姿と東武鬼怒川線と東武日光線の路線図。レトロ感がたまらない駅弁ですね。

下今市駅の駅弁といったら「アザレア弁当」レトロで美味しい伝統の味

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

その「懐かしの下今市立ち売り弁当」は、幕の内弁当。立ち売り弁当時代の「日光まるごと味の弁当」伝統のスタイルを継承しつつ、さらに豪華に進化。鶏肉・海老フライ・しゃけという駅弁の王道のおかずに加え、もちろん日光名物「ゆば」の煮物も!旅情をかきたてるレトロおいしい「懐かしの下今市立ち売り弁当」です。

スコップ型スプーンが可愛い!日光鱒鮨本舗「日光埋蔵金弁当」

スコップ型スプーンが可愛い!日光鱒鮨本舗「日光埋蔵金弁当」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

日光鱒鮨本舗は、日本一高価な15万円の「日光埋蔵金弁当」や、グルメをも唸らす鱒鮨「日光鱒寿し」など、数々の絶品駅弁を生み出しています。全ての商品に高級素材を使い保存料は一切使用せず、自社工場で全て手づくりというこだわりの駅弁。その日光鱒鮨本舗の新作駅弁は「SL大樹日光埋蔵金弁当」(税込1.350円)

掛紙は、SL「大樹」のコンセプトでもある“将軍”をイメージした豪華な金色とSLカラーの黒を使用。あえてSLの写真を乗せていないところに高級感が光ります。

スコップ型スプーンが可愛い!日光鱒鮨本舗「日光埋蔵金弁当」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

将軍の印籠をイメージした器は2段重ねの豪華版。日光特産の湯波も使用した特性ちらし寿司の上にはたっぷりの錦糸卵。さらにその上に乗る「埋蔵金」の卵焼きは、SLの石炭シャベルで掘り当てるという楽しい遊び心も!

おかずの器には日光鱒鮨本舗が誇る日光高原牛のしぐれ煮・最高級ますの一塩・鱒のだんご・揚巻ゆばと野菜の炊き合わせ・れんこんのきんぴら・漬物のけっこうづくめが入っています。

スコップ型スプーンが可愛い!日光鱒鮨本舗「日光埋蔵金弁当」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

この「日光埋蔵金弁当」についてくるステンレス製の石炭シャベル型ランチスプーンが、何ともキュート!しかもSL「大樹」の刻印までついているんです。この駅弁と共に手に入れてほしいのが写真の「SL石炭あられ」。

間近で見ても石炭にしか見えない「SL石炭あられ」にこのスプーンを添えてお客様にお出しすれば、大ウケ間違いなし!駅弁を食べる度に石炭シャベル型ランチスプーンも増えていくので、駅弁の美味しさとスプーンにつられてリピーター必至の駅弁です。

江戸時代創業・油源の自信作!日光HITITSUぶた「日光豚弁当」

江戸時代創業・油源の自信作!日光HITITSUぶた「日光豚弁当」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

油源は江戸時代創業の由緒あるお店。山椒の若葉煮などの日光特産品や駅弁を、食の「安全」と「安心」に拘りながら食材を厳選し、一品一品手作りしています。昔から地元でも評判の料理名人の大女将、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会のシニアマイスター取得の若女将が中心となって作る駅弁は、一つ一つが上質な美味しさ。

その油源がSL「大樹」運行開始を記念して発売したのが「SL大樹 日光豚<HIMITSU>弁当」(税込950円)

江戸時代創業・油源の自信作!日光HITITSUぶた「日光豚弁当」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

この駅弁で味わっていただきたいのは、何といっても「日光ヒミツ豚」。日光の澄んだ空気・水・安心安全に育成された「日光産日光豚<ヒミツ豚>」のロース肉を、やわらかでコクのある秘伝のたれで焼きあげでいます。

その上に、日光名物揚巻湯波煮・栃木のたまり漬・SLの車輪をイメージしたレンコン、石炭をイメージした黒豆、C11207の刻印煎り卵焼きが乗っています。一つ一つがしっかりとした味の主張を持ちながら優しい上品な味付けが、老舗の品格感じさせる味です。

鬼怒川温泉の人気弁当「谺」からは器も使える「SL御膳」「SL弁当」

鬼怒川温泉の人気弁当「谺」からは器も使える「SL御膳」「SL弁当」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

鬼怒川温泉駅内にあるSL大樹のビュースポット「BENTO CAFE KODAMA」は、地元の人にも愛される弁当店「谺」が営する駅カフェ。駅弁やパン・おにぎり・ドリンク各種をテイクアウト・イートインどちらでも楽しめます。

その「BENTO CAFE KODAMA」が、SL「大樹」走行開始に合わせ発売するのが「鬼怒川温泉SL弁当(税込1620円)」と「鬼怒川温泉SL御膳(税込1400円)」。「大樹」のヘッドマークが素敵な駅弁で、食べた後に器を小物入れや弁当箱としても使えます。

小さな方の「SL弁当」は、上質な日光産コシヒカリの上に、日光高原牛&湯波&日光HIMITSU豚が乗ったお弁当。大きな方の「SL御膳」は、栗や卵そぼろが乗ったいなりずし、日光高原牛や湯波などが入った幕の内風のお弁当です。どちらも冷めても美味しい厳選食材を使い、添加物は使用していなので安心して食べられる駅弁です。

鬼怒川温泉の人気弁当「谺」からは器も使える「SL御膳」「SL弁当」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

そして「BENTO CAFE KODAMA」の人気商品「日光HIMITSU豚のミルフィーユかつサンド」のパッケージもSLバージョンに衣替え。臭みのないやわらかな“日光HIMITSU豚”の薄切り肉を重ねあわせ、良質の油で揚げたカツのやわらかさ、美味しさは抜群!

この美味しさの秘密はまた、特製のとんかつソースにも。BENTO CAFE KODAMAのオーナーが栃木県足利市の老舗・月星ソースがに相談して生まれたカツサンド用の特製ソース。濃度が高いので、パンがソースを吸ってベッタリすることのない、目からうろこのとんかつソースです。

鬼怒川駅前Rマート特製 SL大樹「栃木のこだわり弁当」フワフワ湯波が美味しい!

鬼怒川駅前Rマート特製 SL大樹「栃木のこだわり弁当」フワフワ湯波が美味しい!

写真:フルリーナ YOC

鬼怒川温泉駅前にあるR(アール)マートは、コンビニエンスストア・ギフトショップ・カフェが融合した、新しいスタイルのショップ。 美味しい焼きたてパン・お弁当・煎れたてコーヒー等を購入し、カフェスペースでいただくこともOK!ここでしか買えない、オリジナルのSL「大樹」のお土産等も多数揃っています。

鬼怒川駅前Rマート特製 SL大樹「栃木のこだわり弁当」フワフワ湯波が美味しい!

写真:フルリーナ YOC

Rマートでは、オリジナルのSL大樹「栃木のこだわり弁当」を発売。駅弁発祥の地・宇都宮の駅弁の老舗「松廼家」に特別注文して作るこだわりの駅弁です。

豊富な栄養と美容効果抜群の黒米の上に、車輪をイメージしたシャキシャキのレンコンのはさみ揚げ、プリプリの鶏肉、大きな湯波が贅沢な美味しさ。梅干しと共に添えられたドライフルーツ(クランベリー)の爽やかさが光ります。

鬼怒川駅前Rマート特製 SL大樹「栃木のこだわり弁当」フワフワ湯波が美味しい!

写真:フルリーナ YOC

そして駅弁のお供にはこれ!日光市でしか手に入らない「鬼怒川みやび」限定ラベルのドリンク「鬼怒川ソーダ」「純米酒 清開」です。発売元の「登屋本店」または鬼怒川駅周辺のお土産屋さんでも入手できる可能性大なので、ぜひ探してみてくださいね。

「鬼怒川みやび」は、2015年・鉄道むすめ10周年記念人気投票で第1位獲得の人気キャラ!発売元は日光&鬼怒川の地酒・地ビール・地サイダーの「登屋本店」。「登屋本店」では、SL「大樹」運行を記念し、オリジナル大樹ラベルのクラフトビールを「鬼怒川鉄道浪漫麦酒BLACK」「鬼怒川鉄道浪漫麦酒IPA」も発売。こちらも日光市内限定発売なのでぜひお楽しみください。

駅弁は旅のエピローグ・・・旅の余韻を思い出と共に

旅先で出逢った風景・料理・人々・・・。旅の終わりには様々な思い出が心を巡るもの。心に巡る風景を辿りながら、帰りの電車で、また、家に帰りついて食べる駅弁は、旅の余韻を楽しむエピローグ。旅の思い出と共に楽しんでくださいね。

駅弁は東武鉄道「下今市駅」構内売店、「東武日光駅」売店、「鬼怒川温泉駅」売店、「道の駅 日光 ニコニコ本陣」などで売っています。

栃木県は温泉の宝庫。東武鉄道・東武バスを使って、日光湯元温泉・鬼怒川温泉・湯西川温泉・塩原温泉などにもアクセス可能です。名湯・秘湯も数多くあるので、ぜひゆっくりと栃木の温泉旅を楽しんでくださいね。それでは皆さん、ステキな旅を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/24−2017/08/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ