世界で一番ふくろうと触れ合えるカフェ・浅草「ふくろう神社」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界で一番ふくろうと触れ合えるカフェ・浅草「ふくろう神社」

世界で一番ふくろうと触れ合えるカフェ・浅草「ふくろう神社」

更新日:2017/09/07 09:09

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター

浅草にある「ふくろう神社」は、触って・乗せて・飛ばせて・寝かしつけまでできる、SNSでのいいねも期待できる穴場カフェ。

世界でここだけという「寝かしつけ体験」は超レア!もふもふで凛々しいふくろうと大接近できるお勧めカフェをご紹介します。

- PR -

コンセプトは神社

コンセプトは神社

写真:道明寺 彩希

地図を見る

2016年9月に浅草にオープンした神社をコンセプトにしたカフェ「ふくろう神社」。お店に入店するや否や、大きなふくろうとシンボルの鳥居が訪問者を迎えてくれます。

コンセプトは神社

写真:道明寺 彩希

地図を見る

店内には神棚が飾られており、和紙が使用された壁紙はシックで浅草という立地にマッチ。

通常ドリンク付きが多いアニマルカフェですが、ここでは滞在時間をたっぷり動物と触れ合えるように飲み物の持ち込みが可能。ドリンクを飲んでいる時間よりも動物とのふれあいを優先しているのは、滞在時間を有意義に利用してほしいというお店の配慮なんです。

SNSで「いいね」が増えるその秘密

SNSで「いいね」が増えるその秘密

写真:道明寺 彩希

地図を見る

数あるアニマルカフェの中で満足できるお店選びのポイントは、店内で体験できることの質の高さ。ふくろうの数や値段の安さを売りにしているお店に入店してしまい不完全燃焼でお店を後にするのはかえって損をすることになりますよ!

それでは「ふくろう神社」が誇るサービスポイント5つをご紹介していきましょう。

SNSで「いいね」が増えるその秘密

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ポイント1:店内の照明が世界遺産にも登録された、上野の「国立西洋美術館」と同じ物を利用しているということ。

つまり、こだわりの照明のおかげで写真の出来栄えがグンとアップします。だからここで撮影するふくろう達の表情はみんな生き生きとしていてクオリティー抜群。

リピしたくなっちゃうその魅力

リピしたくなっちゃうその魅力

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ポイント2:このお店では店員さんがふくろうの喜ぶ触り方を教えてくれ、愛情込めて調教を行っているので在籍しているすべてのふくろうが触れます。

実はこんなお店は珍しく、この点もリピーターが付く由縁の一つ。

リピしたくなっちゃうその魅力

写真:道明寺 彩希

地図を見る

名前を呼べば呼んだ人の所にきちんと飛んできてくれるという感動も体験できます。店内の混み具合にもよりますが、運が良ければふくろうを肩などに乗せての写真撮影も可能。

ポイント3:他店で体験できる餌やりは、止まっているふくろうの口元へ直接餌を差し出すスタイルなのと比べ、こちらでは「渡り」と呼ばれるふくろうが餌めがけて飛来してきて自分の腕に止まって食べるスタイル。自分めがけて飛んでくるふくろうへの餌やりは迫力満点です。

世界でここだけ!寝かしつけ体験

世界でここだけ!寝かしつけ体験

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ポイント4:自分がマジシャンになった気持ちになれる「寝かしつけ」体験。実はちょっとしたテクニックを使えば初めての方でも成功するのですが、その秘密は訪問者だけが知り得る特権です。

世界でここだけ!寝かしつけ体験

写真:道明寺 彩希

地図を見る

通常中型ふくろうの「寝かしつけ体験」ですが、通いつめれば大型ふくろうにチャレンジすることも可能。寝かしつけ体験は料金に含まれているのでぜひ挑戦してくださいね。

神の使いとの触れ合いも

神の使いとの触れ合いも

提供元:ふくろう神社

http://www.owl-shrine.com/地図を見る

ポイント5:金運上昇の象徴として縁起の良い白蛇などとも触れ合えるチャンスがあるおまけ付き。店内には神の使いとして人々を導いてくれるといわれる白蛇が2匹もいます。

爬虫類好きの方は首に巻き付けることも可能ですよ。

神の使いとの触れ合いも

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ヒョウモントカゲモドキの品種であるディアブロブランコは、導きの神様といわれています。通常爬虫類に関しては触れ合い料金が別途発生してしまいますが、雨の日は特別に触れ合い料無料。タイミングが合えば利用してみたいサービスです。

失敗しないお店選び

お店のシステムは60分制で料金には触れ合い・写真・だっこ・餌やり・寝かしつけ・フライトが含まれており、子供割引あり。

餌やり・渡り体験は、ふくろうの生態を考慮する必要があり、突然の訪問では体験できないこともあるので予約は必須です。詳細は下記のMemoにあるお店のホームページをご参照ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/08/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ