話題の新名所!ボルドーのワイン博物館「シテデュヴァン」

| フランス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

話題の新名所!ボルドーのワイン博物館「シテデュヴァン」

話題の新名所!ボルドーのワイン博物館「シテデュヴァン」

更新日:2017/07/27 15:39

木蓮のプロフィール写真 木蓮 フランスの小さな村専門コーディネーター

フランスのボルドーは、世界的に有名なワインの産地。その中心から、ガロンヌ川を北上した場所に突如現れる不思議な形をした建物。それが、2016年6月にオープンしたボルドーの新名所「シテ・デュ・ヴァン(Cite du Vin)」です。

この博物館の見所は、ボルドーワインにこだわらず、世界中のワインの魅力や歴史を紹介しているところです。子供でも楽しめるよう各エリアには様々な工夫が施されています。

- PR -

不思議な形の正体は?

不思議な形の正体は?

写真:木蓮

地図を見る

見る角度や時間帯によって色が違って見えるというこの不思議な外観は、ワインのデキャンターをイメージしたもの。使われている素材は、ワイン樽に使われる木やワイングラスに使われているガラスなど、いずれもワインにちなんだもので構成されています。

特徴的な美しい曲線は、デキャンタ―ジュした際に揺れるワインの揺れやブドウの樹のうねりを想像させるように作られており、10階建て3000平方メートルを超えるスペースに約20のテーマスーペースを備えています。

まずはワインの歴史から学んでみよう!

まずはワインの歴史から学んでみよう!

写真:木蓮

地図を見る

まず入場料20ユーロ(2017年5月現在)を支払い入口に向かうと、スマートフォンに似た小さな機器とイヤホンを渡されます。こちらはオーディオガイドで、各エリアにあるマークに機器をかざすと、全ての解説を日本語にて聞くことができます。また、入場料の中にワインの試飲が1杯含まれているのもこの博物館ならでは。

入口を入るといきなり迫力ある世界のブドウ畑が大画面に映し出され、このミュージアムの世界観に引き込まれます。

まずはワインの歴史から学んでみよう!

写真:木蓮

地図を見る

反対側にはブドウの樹をモチーフにしたエリアがあり、ここではブドウ畑の作り方や歴史が学べるようになっています。画面の高さも子供が見やすい高さ。クイズ形式で学べるものもあり、大人だけでなく子供も楽しんで見学できるようになっています。

まずはワインの歴史から学んでみよう!

写真:木蓮

地図を見る

正面には世界のブドウ生産者、ワイナリー、販売責任者の方などの解説があり、中でも「テロワール」についての話は大変興味深いものです。テロワールとはフランス語の土地などを表す「terre」から変化した言葉であり、ブドウおよび作物はこのテロワールの違い(土壌の質、地形、気候など)によって、その土地特有の性質を与えられると言われています。

このように、ただ単にワインの善し悪しや作り方を説明するだけでなく、様々な視点からワインを学べるため、一つ一つのブースをじっくりと見学することをお勧めします。

美しいデザインの館内をくまなく見ながら、五感をフルに使ってみて!

美しいデザインの館内をくまなく見ながら、五感をフルに使ってみて!

写真:木蓮

地図を見る

このミュージアムは、五感を使って楽しめるよう様々な工夫がいっぱい!

例えば、プロジェクションマッピングによるワインと食のマリア―ジュ等を映像で紹介するエリアは、テーブルの上に様々な料理やワインが浮かび上がります。また、自分がインタビューをしてるかのように、対面式で話を聞くブースもありいずれも大人気。

美しいデザインの館内をくまなく見ながら、五感をフルに使ってみて!

写真:木蓮

地図を見る

他にもワインに含まれる様々な香りを楽しむエリアがあり、いかにワインが複雑な香りをしているのか体感することができます。中にはえんぴつの削りかすなど、びっくりするような香りもあるので、皆さんもぜひチャレンジしてください。

美しいデザインの館内をくまなく見ながら、五感をフルに使ってみて!

写真:木蓮

地図を見る

このように、各エリアを楽しむのももちろんですが、それぞれのブースのデザインも美しく、ついつい足を止め全体を眺めてしまうことでしょう。

ワインボトルで飾られた天井は見る価値あり!

ワインボトルで飾られた天井は見る価値あり!

写真:木蓮

地図を見る

様々なワインの知識を手に入れたら、地上35mの最上階展望フロア「Le Belvedere(ル ベルヴェデール)」へ。360度見渡せる美しい眺望を楽しみながら、ワインの試飲も一緒に楽しみましょう。
世界中から集められた選りすぐりの20種のワインが用意されているので、家族や友達と訪れた場合は、別々のワインを飲み比べてみるのも面白いです。

また、ここでは是非天井を見上げてください。ワインボトルでデコレーションされた天井はまさに圧巻の一言。

この博物館の中には、世界遺産にも選ばれた月の港ボルドーを見渡しながら食事ができるレストラン「Le 7(ル・セット)」もあります。

ワインボトルで飾られた天井は見る価値あり!

写真:木蓮

地図を見る

最後にこの博物館の目玉の一つであるワインショップに訪れることもお忘れなく。
70か国以上、14000本を超えるワインが用意されています。普段あまり見かけることのないシリア、エチオピア、ナミビア、ペルー、バリやタヒチなど世界中から集めたワインのギャラリーは圧巻です。

アクセス方法は様々!ボルドーに行った記念にぜひ立ち寄ってみてください!

シテ・デュ・ヴァンへのアクセス方法はいくつかありますが、一番便利なのは常に運行しているトラムです。B線の「La Cite du Vin」駅で下車し、進行方向に2分ほど歩けば到着します。

または、水上バス「BatCub」にて訪れてみるのも楽しい経験になるでしょう。ただし、こちらは運行時間が決まっているので、オフィス・ドゥ・ツーリズムなどで時間の確認をすることをお勧めします。
他にも、バスやレンタサイクル「VCub」で美しいボルドーの街並みを眺めながらのサイクリングもいいでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ