「津軽海峡フェリー函館ターミナル」は24時間営業!売店・レストランが充実!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「津軽海峡フェリー函館ターミナル」は24時間営業!売店・レストランが充実!

「津軽海峡フェリー函館ターミナル」は24時間営業!売店・レストランが充実!

更新日:2017/07/22 18:20

ヨッシー 安達のプロフィール写真 ヨッシー 安達 トラフィックトラベルナビゲーター

北海道函館市にある海の玄関「津軽海峡フェリー函館ターミナル」は24時間オープン。24時間営業の売店では非常に特徴のあるモノが販売中です。また昼間営業中のレストラン・土産店はメニューが充実し、ターミナル内には記念撮影に最適なモニュメントが!フェリー利用客だけでなく立寄り客にも楽しめる、津軽海峡フェリー函館ターミナルを紹介します。

- PR -

290円弁当にカー用品を販売!24時間営業の売店「SEAちゃん」

290円弁当にカー用品を販売!24時間営業の売店「SEAちゃん」

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

津軽海峡フェリーは函館と青森、大間(青森県)を結んでフェリーを運航しており、このうち函館―青森を3時間40分で結ぶ航路は北海道と本州を結ぶ物流の大動脈です。昼夜問わずフェリーが運航され、深夜にも入出港があるため、ターミナルは24時間営業です。

津軽海峡フェリーは季節、時間を問わずトラックドライバーの利用が多く、また函館ターミナルの近くには大型トラックも駐車出来るコンビニ、函館で有名なラッキーピエロ港北大前店があるため、両店を意識した販売戦略をとっています。

290円弁当にカー用品を販売!24時間営業の売店「SEAちゃん」

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

売店では飲み物、スナック菓子、パン、雑誌、そして津軽海峡フェリーオリジナルグッズが売られていますが、知る人ぞ知る安くて人気なのが290円弁当。から揚げ弁当、鮭弁当などがあり、津軽海峡フェリーをよく利用するトラックドライバーの中には毎回の様に購入する人もいます。

290円弁当にカー用品を販売!24時間営業の売店「SEAちゃん」

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

24時間営業の売店で最も驚くのは、カー用品が売られている事です。全国のフェリーターミナルを探しても、カー用品が売られている所はそうないでしょう。トラック用ランプ、ウォッシャー液、ハンドルなどトラックパーツが売られています。全国を走るトラックドライバーがカー用品店で購入する時間がない場合には助かります。

また同じく日本全国昼夜問わず移動するトラックドライバー向けの売り物として、財布やベルトがあります。このほかフェリーにドッグスペースを先んじて導入してきた津軽海峡フェリーらしく、ペット用品も売られています。

平日は日替り定食、土日祝は特製ピザを販売!レストラン「海峡日和」

平日は日替り定食、土日祝は特製ピザを販売!レストラン「海峡日和」

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

朝から夕方まで営業のレストラン「海峡日和」は、ラーメン、カレー、デザートなどのレギュラーメニューも食べる事が出来ますが、平日の昼には日替わり定食がなんと500円で提供されます。また土日祝には焼きたてピザが販売。ピザの原材料には瀬棚・村上牧場、八雲チーズ工房のチーズ、駒ヶ岳ファーム大久保のトマトガーリックソースなど道南の地元食材にこだわった特製ピザです。

平日は日替り定食、土日祝は特製ピザを販売!レストラン「海峡日和」

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

「海峡日和」には、こだわりお勧めメニューもあります。いくら丼、鮭親子丼に加えて、青森県むつ市産の海峡サーモンや福島町産の横綱しいたけを使った海峡定食があります。

でも最も道南産の食材を使用したおススメの定食は写真の道南産天然岩のり定食。米は道南産のふっくりんこ、塩は松前町・吉川商店の釜焚き海水塩、醤油は道南食料の真昆布醤油、エゾマイタケは厚沢部町産、みそも八雲・服部醸造など非常にこだわっています。

記念撮影にも最適!ハートのモニュメントにドッグランも

記念撮影にも最適!ハートのモニュメントにドッグランも

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

函館ターミナルの海側にあるウッドデッキには、鐘を鳴らす事が出来るハートのモニュメントがあります。ターミナルから海側を眺める景色には函館山など函館の街、港で沖待ちしている船、入出港する船、そして上磯、木古内方面の海岸線があります。

またモニュメントの隣にはドッグランがあり、乗船前・下船後などに犬を区画の中で遊ばせる事も出来ます。ウッドデッキには1階レストラン近くの扉から出入りする事が出来ます。

土産店は道南土産が充実!2階は広い待合室で休憩等に最適!

土産店は道南土産が充実!2階は広い待合室で休憩等に最適!

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

1階奥にある昼営業の土産店には、北海道を代表する土産、飲み物、キャラクターグッズ以外に、道南ならでは土産が揃っています。売り場面積、品揃えは北海道にある他のフェリーターミナルよりも充実!駅や空港の土産店を意識したと感じるレイアウトになっています。

土産店は道南土産が充実!2階は広い待合室で休憩等に最適!

写真:ヨッシー 安達

地図を見る

2階は広い待合室が設けられており、写真のキッズコーナーに、電源コンセント付きの机、そして乗船待ちに最適な椅子が置かれています。もちろん無料Wi-Fiが利用可能。乗船者にも見学者にも対応した施設です。

「津軽海峡フェリー函館ターミナル」はフェリー利用客以外も楽しめる施設!

津軽海峡フェリー函館ターミナルは、格安弁当、カー用品、ペット用品が売られる24時間営業の売店、地元食材にこだわったレストラン、記念撮影に最適なモニュメントにドックラン、豊富な種類の土産店と全国のフェリーターミナルで例が見つけにくいほど充実した施設です。フェリー利用客だけでなく、地元客や観光客が立ち寄って楽しめる場所です。函館への旅行者、地元の方共に津軽海峡フェリー函館ターミナルに立ち寄ってみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/15−2017/07/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ