『ひよっこ』のボンネットバスが「旧上岡小学校」茨城・大子町にやってくる!

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

『ひよっこ』のボンネットバスが「旧上岡小学校」茨城・大子町にやってくる!

『ひよっこ』のボンネットバスが「旧上岡小学校」茨城・大子町にやってくる!

更新日:2017/07/21 09:57

スノードロップのプロフィール写真 スノードロップ フリーライター

2017年度上半期放送、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』。物語の舞台は、茨城県から始まりました。有村架純さん演じる谷田部みね子が、初々しいセーラー服姿で通学していたシーンを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?あのレトロ感満載のボンネットバスが「『気になるイバラキ』夏期観光キャンペーン2017」の一環として、『花子とアン』『おひさま』のロケ地としても有名な旧上岡小学校にやってきます!

- PR -

『ひよっこ』のボンネットバスが旧上岡小学校に!

『ひよっこ』のボンネットバスが旧上岡小学校に!

写真:スノードロップ

地図を見る

茨城県・JR東日本水戸支社・(一社)茨城県観光物産協会が主体となり、2017年7月1日から9月30日まで開催される「『気になるイバラキ』夏期観光キャンペーン2017」。テーマは、茨城が誇る「食・酒」「自然・絶景」「歴史・文化」に加え、夏ならではの「アクティビティ」です。その一環として、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に登場したボンネットバスが展示・運行されます。

展示日は、2017年7/29(土)、8/19(土)、27(日)、9/17(日)、23(土)。展示場所は、旧上岡小学校校庭です。詳しくは、下記関連MEMO欄「観光いばらき」をご参照ください。

『ひよっこ』のボンネットバスが旧上岡小学校に!

写真:スノードロップ

地図を見る

NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』序盤に度々登場する、懐かしい形をしたボンネットバス。赤と薄いピンク色の2トンカラーがとても可愛らしく、松尾論さん演じる車掌さんと共にいい味を出していましたよね?物語の舞台、奥茨城村から町に出る唯一の手段がこのバス。様々な出会いや別れがあり、印象的なシーンが数多く放送されました。

『ひよっこ』のボンネットバスが旧上岡小学校に!

写真:スノードロップ

地図を見る

展示されるボンネットバスには、乗車することも可能です。みね子や佐久間由衣さん演じる助川時子、泉澤祐希さん演じる角谷三男が、時に楽しそうに笑いながら、悩みながら、泣きながら座っていたあの場所!車内の雰囲気はそのままですので、感慨もひとしおです。

『花子とアン』『おひさま』のロケ地・旧上岡小学校!

『花子とアン』『おひさま』のロケ地・旧上岡小学校!

写真:スノードロップ

地図を見る

レトロ感いっぱいのボンネットバスが展示されるのは、同じくNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』『おひさま』のロケ地としても有名な旧上岡小学校です。『花子とアン』では、主演の吉高由里子さんが演じるヒロイン・安東はなの母校で赴任先でもある阿母尋常小学校として。『おひさま』では、主演の井上真央さんが演じるヒロイン・須藤陽子の母校で赴任先でもある有明山国民学校(有明山尋常小学校)という設定で撮影に使用されました。

『花子とアン』『おひさま』のロケ地・旧上岡小学校!

写真:スノードロップ

地図を見る

旧上岡小学校は、明治時代に建てられた木造校舎です。平成13年3月31日に廃校となり、古き良き時代の懐かしい雰囲気が今も大切に守られています。見学可能日は、土・日・祝日の9:00〜16:00。夏休み期間中(7月24日(月)〜8月31日(木))は、毎日開校!見学料は無料です。

『花子とアン』『おひさま』のロケ地・旧上岡小学校!

写真:スノードロップ

地図を見る

ノスタルジックな雰囲気が漂う階段のある廊下。窓ガラスは全て昔のガラスなので、外を眺めると少し歪んで見える里山の風景が。教員室や音楽室、講堂などの備品もそのまま残されていますので、タイムスリップしたような気分が楽しめます。

そのままの気分でdaigo cafe(ダイゴカフェ)へ

そのままの気分でdaigo cafe(ダイゴカフェ)へ

写真:スノードロップ

地図を見る

ボンネットバスが展示される旧上岡小学校から、車で約5分。常陸大子駅近くの「daigo cafe(ダイゴカフェ)」は、築100年を超える古商家をリノベーションした、どこか懐かしさの漂うカフェです。

店内中央にある柱時計は、11:55で止まったまま。「もう少しでお昼休みだ〜とウキウキする時間です。時間を忘れ、しばし時間旅行をお楽しみください」というオーナーの粋なメッセージが込められています。

そのままの気分でdaigo cafe(ダイゴカフェ)へ

写真:スノードロップ

地図を見る

大子町は、県内有数のりんご産地。町内にはたくさんのりんご園があり、秋の収穫シーズンになると直売やりんご狩りで賑わいます。daigo cafeのアップルパイは、りんごがゴロッと入っていて、甘すぎない大人のデザート。食せる花びらとフルーツの美しいプレートは、SNSウケもバッチリです!

残念ながら、daigo cafeには駐車場がありません。車で訪問の際には、近くの公共施設「まいん(大子町文化福祉会館)」への駐車をおすすめします。

『ひよっこ』のボンネットバスが走る!

『ひよっこ』のボンネットバスは、期間限定で旧上岡小学校校庭に15:00〜15:20展示予定です。天候等により変更されることもありますので、お出かけ前に下記関連MEMO欄「茨城県観光物産課」宣伝誘客グループにお問い合わせください。

また、2017年8月19日(土)・20日(日)「風っこ奥久慈清流ライン号」の常陸大子駅到着(11:50着)に合わせ、ボンネットバスが運行する予定です。走るボンネットバスに興味のある方はぜひ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ