まあるい隠岐こそ一周でしょ!隠岐の島観光ドライブベストルート

| 島根県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まあるい隠岐こそ一周でしょ!隠岐の島観光ドライブベストルート

まあるい隠岐こそ一周でしょ!隠岐の島観光ドライブベストルート

更新日:2017/07/16 18:00

風祭 哲哉のプロフィール写真 風祭 哲哉 トラベルプランナー、観光プランナー、旅ブロガー

古くから絶海の孤島として知られ、今なお美しい自然と文化を残す隠岐。その隠岐観光のハイライトのひとつで、私たちが普段「隠岐の島」と呼ぶ隠岐諸島最大の島・島後は、きれいなまんまるで、地図を見ているだけでも一周してみたくなる不思議な形。そう、このまあるい隠岐こそ一周ドライブに最適!
今回は、海と山、青と緑、絶景ありパワースポットありの隠岐・島後の見どころを一気にまわるおススメドライブコースを紹介します!

- PR -

隠岐の島一周ドライブは約90キロ、でも1泊2日がおススメ

隠岐の島一周ドライブは約90キロ、でも1泊2日がおススメ

写真:風祭 哲哉

地図を見る

隠岐・島後(どうご)には、まるい形の島の外周に沿ってぐるっと一周できる道があり、その距離は約90キロと言われています。90キロと聞くとほんの数時間で周りきってしまうようにも思えるのですが、数多くの見どころがあり、途中、島の中央部まで切り込んでいくような寄り道も必要なため、実際の走行距離はもっとずっと多く、島後の魅力を十分に楽しむためには、想像よりも多くの時間が必要です。

隠岐に行くには本土からフェリーもしくは航空機を利用しなければならないため、その移動時間も考えると、日帰りで朝から夕方まで、という日程も困難です。また、後述するように、隠岐に泊まらなければ見ることのできない「ローソク島の夕日」などもあるため、1日目の昼に島後に入って観光後宿泊し、2日目の昼または夕刻に隠岐を出発、という1泊2日のスケジューリングがおススメです。

そこで今回は隠岐・島後の海の玄関口、西郷港から発着する1泊2日コースを紹介します。西郷港付近は隠岐群島の中で最大の市街地なのでレンタカー会社も何社かあり、フェリーターミナルからすぐにアクセスすることができます。

隠岐の島一周ドライブは約90キロ、でも1泊2日がおススメ

写真:風祭 哲哉

地図を見る

さて、西郷を出発。隠岐・島後の一周は時計回りでも反時計回りでも行けるのですが、初日の出発が昼であれば、時計回り(西回り)だと海は逆光、反時計回り(東回り)だと順光となりますので、反時計回りの方がおススメです。

どちらをまわっても、西郷の市街地を抜けるとすぐに海。しかもこの隠岐の海岸は険しい断崖絶壁が続いているため、海辺に沿った道路とはいえ、全島にわたって容赦なくアップダウンが続きます。もちろんそのぶん景色は素晴らしいのですが。

東のハイライトは佐々木家住宅、トカゲ岩、白島崎展望台

東のハイライトは佐々木家住宅、トカゲ岩、白島崎展望台

写真:風祭 哲哉

地図を見る

西郷港を出発して約15分ほどで「佐々木家住宅」へ。ここは代々この地区の庄屋だった佐々木家の杉皮葺き石置き屋根の木造住宅で、国指定重要文化財。隠岐造りと呼ばれる隠岐独特の建築様式で、島の暮らしを伝える古民家の代表的なものです。

東のハイライトは佐々木家住宅、トカゲ岩、白島崎展望台

写真:風祭 哲哉

地図を見る

隠岐の東海岸を北上し、時計の針の2時のあたりから島の中央部に向かって山道を5キロほど登ったところにある奇岩が「トカゲ岩」。駐車場から深い森の中を数分歩いたところから反対側を振り返ると、急峻な崖の途中に何か奇妙なもの張り付いています。長さ26m、国内で最も高濃度のアルカリ岩によってできている奇岩がその姿かたちから「トカゲ岩」と呼ばれているのです。

また、このトカゲ岩とは別のルートとなりますが、やはり島の中央部に近い場所にあり、その姿から岩倉の乳房杉と呼ばれるパワースポットも有名です。

東のハイライトは佐々木家住宅、トカゲ岩、白島崎展望台

写真:風祭 哲哉

地図を見る

島後のほぼ北端にあるのが白島崎展望台。国内では珍しいアルカリ流紋岩による白い岩肌をした松島・沖ノ島・白島といった島々が特異な風景美を作りだしているのが望めます。

また、この展望台には「竹島まで161km」という案内板があり、竹島もまた、隠岐と同様、島根県の絶海の孤島であることを再認識することができます。

隠岐の島一周ドライブの中間点は絶景のローソク島

隠岐の島一周ドライブの中間点は絶景のローソク島

写真:風祭 哲哉

地図を見る

隠岐に来たらぜひ体験してほしいのが、ローソク島の夕日。真っ赤に染まりながら日本海に沈む夕日が、沖合にそびえる奇岩の上に差し掛かると、あたかもローソクに火が灯ったように見えることから名付けられました。

このローソク島の絶景を鑑賞する遊覧船が発着するのは、島後の北西部にある福浦港。ちょうど西郷の港からスタートして半周したあたりにあります。遊覧船は毎日、日没の時間に合わせて運航されていますので、ぜひここに夕暮れの少し前に到着するようスケジューリングしてください(船便によっては港が変わる場合もあります)。

隠岐の島一周ドライブの中間点は絶景のローソク島

写真:風祭 哲哉

地図を見る

この遊覧船では、ローソク島以外にも隠岐の厳しい自然によって造形された、迫力満点の海岸美が楽しめます。まるでローソク島が燃えさかっているかのような自然の最高傑作を見られるに越したことはありませんが、万一、運悪く天候条件が揃わなくても船上から海の絶景を楽しむことができます。

ローソク島遊覧が終わったらこの日のドライブはここで終了。福浦港付近にはリゾートホテルや民宿もありますので、ここで宿泊してもよし、島の中心部を貫通する道を行けば30分強の西郷までいったん戻って宿泊することも可能です。

隠岐の島一周、西のパワースポットは油井の池、壇鏡の滝

隠岐の島一周、西のパワースポットは油井の池、壇鏡の滝

写真:風祭 哲哉

地図を見る

福浦港からは隠岐・島後の西海岸を進み、ほどなく到着するのが「油井の池」。一見何もないように見える森の中の湿地帯ですが、ここは貴重な動植物が生息するサンクチュアリ。海抜は50mほどですが、周りを囲む山々が深く険しいので、高原の中の湿原のようにも感じます。

この場所がすごいのは、人間の出す人工の音が一切しないこと。野鳥のさえずり、カエルの鳴き声、水鳥の羽ばたきはもちろんのこと、虫の羽音、野草の呼吸まで聞こえてくるかのよう。まさに自然からパワーを吸収できるスポットと言えます。

隠岐の島一周、西のパワースポットは油井の池、壇鏡の滝

写真:風祭 哲哉

地図を見る

島後の西海岸から島の中央へ10分ほどの場所にあるのが「日本の滝百選」に選ばれている「壇鏡の滝」。隠岐の深い森の中を進み、長い階段を登りきると、目の前に壇鏡神社の社殿と霧のようにやわらかな滝が現れます。壇鏡神社脇の屏風のような岩壁の中央から流れ落ちる高さ40mの滝は裏見の滝としても知られていて、社殿の横から滝の後ろにまわることもできます。

静謐で厳かな雰囲気は、隠岐を代表するパワースポットと言っても過言ではありません。

まだまだあるぞ、那久岬、屋那の船小屋、玉若酢命神社

まだまだあるぞ、那久岬、屋那の船小屋、玉若酢命神社

写真:風祭 哲哉

地図を見る

隠岐・島後のほぼ西端にある那久岬(なぐさき)。ここは隠岐・島前諸島を目の前に見渡せる場所で、正面の垂直な崖は、西ノ島にある摩天崖(まてんがい)。ほぼ垂直に切り立った断崖は海抜257mで日本有数の大絶壁です。

ここから見ると島前の島々も近くに見えますが、直線距離で約20キロ、フェリーだと西郷から1時間以上かかります。

まだまだあるぞ、那久岬、屋那の船小屋、玉若酢命神社

写真:風祭 哲哉

地図を見る

島後の南端近くまで下ったところ、美しい海辺の集落にあるのが屋那の松原の舟小屋群。一見、京都の丹後半島にある伊根の舟屋のような風景ですが、伊根の舟屋は民家の1階部分が船小屋になっているのに対し、ここは20棟の船小屋が単独でずらっとならんでいる点が異なります。

かつて山岳信仰の場所であった高田山を背後にしたその風景は「未来に残したい漁業・漁村の歴史文化財産百選」に選定されています。

まだまだあるぞ、那久岬、屋那の船小屋、玉若酢命神社

写真:風祭 哲哉

地図を見る

西郷の港に入る少し手前をやや内陸に進むとあるのが玉若酢命神社(たまわかすみことじんじゃ)。本殿は、隠岐にある神社の最古のものと言われる由緒ある神社ですが、ここで有名なのは境内にある八百杉。樹高30m、根元の周囲は約20mあり、樹齢は2,000年を超える県下一の杉の大木です。ここも隠岐を代表するパワースポットとして有名ですので押さえておきましょう。

また、後醍醐天皇行在所跡でもある隠岐国分寺もこの近くにあります。このあたりまで来ると、ゴールの西郷の港へはもうすぐです。

隠岐の島・島後一周観光ドライブは見どころ沢山

一周約90キロの隠岐・島後ですが、その中には見どころがたくさん。ぐるっと一周すると、メインとなる観光スポットのほとんどを効率よくまわれることがおわかりになったでしょうか?

まるで、どうぞ私を一周してっ!と言っているようなまあるい形の隠岐・島後。ここは素直にそのお誘いに乗って一周ドライブしてみましょう。隠岐の魅力をたっぷり知っちゃうと、一周だけじゃ帰れなくなってしまうかもしれませんが。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/02−2017/05/03 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ