幸福地蔵さんと笑えて勉強になる説法が聞ける京都の鈴虫寺は要チェック

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

幸福地蔵さんと笑えて勉強になる説法が聞ける京都の鈴虫寺は要チェック

幸福地蔵さんと笑えて勉強になる説法が聞ける京都の鈴虫寺は要チェック

更新日:2017/07/16 23:43

Masahiro Tokitoのプロフィール写真 Masahiro Tokito 旅好きブロガー

日本の歴史がつまった人気観光地・京都。こちらには世界遺産にも認定されるほどの寺社仏閣がたくさんあります。その中で今回ご紹介させていただくのが「華厳寺(けごんじ)」です。通称「鈴虫寺」こちらの方が聞きなれている方も多いかと思います。こちらにある幸福地蔵さんが願いを叶えに来てくれるというご利益のあるお地蔵様として大変に有名なのです。「鈴虫寺」の魅力について今回はお話します。

- PR -

通称「鈴虫寺」、改め「華厳寺(けごんじ)」

通称「鈴虫寺」、改め「華厳寺(けごんじ)」

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

鈴虫寺は正式な名称は「妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」。1723年、鳳潭によって創建されました。現在は臨済宗に属する禅寺となっています。ご本尊は大日如来。そのほかに地蔵菩薩も安置しています。開運・良縁祈願の方々をはじめ、多くの方が祈願に列をなしており、芸能人の中にもファンが多く、リピーターとなって何度も足を運ぶ人も少なくないです。

鈴虫寺では温度管理の試行錯誤の末、一年中鈴虫を飼育することに成功し、大広間では鈴虫の鳴く音が聞こえるのが特徴。それゆえ通称の「鈴虫寺」で多くの人々から慕われています。

鈴虫寺の名物・「鈴虫説法」

鈴虫寺の名物・「鈴虫説法」

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

大広間で「鈴虫説法」が聞けます。しかし、参拝客が多いためある一定数で区切られますので自分たちが通されるまではお堂から入り口まで列をなし、ある程度待つ必要があります。

鈴虫寺の名物・「鈴虫説法」

提供元:鈴虫寺

http://www.suzutera.or.jp/

鈴虫の飼育は先代住職が鈴虫の音色に禅の悟りの境地を感じて開始しされたそうで、現在では年中、鈴虫の音色が聞けるように管理・飼育されています。

大広間で鈴虫の音色を聞きながら住職さんの説法が聞けるのですが、禅宗の教えの一つである「茶礼」に基づきお茶とお茶菓子もいただけます。説法を聞くといっても難しい仏教の教えを教わるようなスタイルではありません。関西のお寺の住職さんということもあり、大変に面白く、ユニークに現代のことを踏まえてお話しくださります。ボケやオチのつけ方はもはや落語?と思えるほどの面白さ。大広間から溢れるくらいの笑いが起きます。絶対に退屈とは思いません。説法を聞き終わったあとには心の持ちようが改められる感じです。また明日からは新しい心の持ちで生きていこうと思えます。これは他のお寺ではなかなか味わえない鈴虫寺ならではのものかと思います。

鈴虫寺のもう一つの目玉。幸福地蔵さん。

鈴虫寺のもう一つの目玉。幸福地蔵さん。

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

実はお寺の入り口に既いらっしゃるのが「幸福地蔵」さま。正式には、「幸福地蔵菩薩」です。

そもそも、お地蔵様というのはお釈迦様の入滅後、5億7600万年後か56億7000万年後に弥勒菩薩が出現するまでの間、現世に仏様が不在となってしまうため、その間、六道すべての世界(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)に現れて衆生を救う菩薩様なのです。そのためお寺に限らず日本全国あらゆる道端に安置されていたりする身近な菩薩様とも言えます。

鈴虫寺のもう一つの目玉。幸福地蔵さん。

写真:Masahiro Tokito

地図を見る

この、「幸福地蔵」さんは普通のお地蔵様とは違う部分があります。というのも日本全国にあるお地蔵様の中でもレアな「わらじ」を履いているお地蔵様なのです。是非、足元をチェックしてみてください。ちゃんと「わらじ」を履いておられます。
お地蔵様がお願い事をした方の所まで願いを叶えに、救いの手をさしのべるために訪ねて来てくださる珍しいお地蔵さまです。

ただし、「お願い事」の正しい手順があります。それは鈴虫説法の中で住職さんが丁寧にご説明くださります。しっかりと鈴虫説法を聞いた上で、帰り際、幸福地蔵さんにお願い事をしていきましょう。

おわりに

鈴虫寺はいかがでしたでしょうか。なかなか他のお寺には見られないユニークさがあると思います。それでも、現代社会での悩み事とも言える人間関係や心の在り方についてわかりやすくメスを入れ、明日からはこうしてみようと思わせるようなわかりやすい説法はすごく魅力的です。是非、「一度は聞いてみてください」と心からオススメしたくなるお寺です。
リピーターが多いというのは幸福地蔵さんが願いを叶えてくれて、そのお礼参りと新しいお願いごとをされる方が多いということ。それだけ、ご利益があるという証ともいえます。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ