祇園に誕生!「京都グランベルホテル」が描く新しい日本らしさ

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

祇園に誕生!「京都グランベルホテル」が描く新しい日本らしさ

祇園に誕生!「京都グランベルホテル」が描く新しい日本らしさ

更新日:2017/08/01 14:34

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

デザイナーズホテルを日本に流行らせた「グランベルホテル」。2017年7月14(金)、関西初となる「京都グランベルホテル」がオープンしました。
京都は、古い町家を改修したり整備してオープンするホテルが多く、京都らしいのが当たり前。そんな和モダン激戦区の京都で、「半歩先を行く日本らしさ」を追求したのが、このホテル。…あらゆる面で常識破り!カップルや友達同士で、新しい日本らしさを楽しむならココです!

- PR -

新しい祇園と出会える「京都グランベルホテル」

新しい祇園と出会える「京都グランベルホテル」

提供元:京都グランベルホテル

http://www.granbellhotel.jp/kyoto/地図を見る

渋谷・新宿・赤坂に続き、京都・祇園にも4店舗目の「グランベルホテル」がオープンしました。常に観光客でごった返す四条通りから、一筋入った大和大路通へ。京都の町家をヒントにした重厚感溢れる建物が「京都グランベルホテル」です。

新しい祇園と出会える「京都グランベルホテル」

写真:安藤 美紀

地図を見る

自動ドアが開くと、フロント・ラウンジ・レストラン・バーがワンフロアに集まった、巨大なおしゃれ空間が出現。ここは初めて出会ったゲスト同士が気楽にコミュニケーションがとれる、開放的な空間になっています。

ラウンジには、京都で有名な着物デザイナー 斉藤上太郎氏がデザインしたクッションなどのファブリックが置かれ、フォトジェニック。インスタに上げたくなるような写真が撮れますよ!

新しい祇園と出会える「京都グランベルホテル」

写真:安藤 美紀

地図を見る

フロントデスクは一般的なホテルと比べると、かなり個性的。
和箪笥が整然と並び、ヘキサゴン(六角形)の瓦で装飾されたカウンターが置かれています。古き良きものをモダンな感性で活かしたゴージャスな雰囲気!今までに見たことがない“新しい日本らしさ”で溢れています。

足元から広がるアート空間

足元から広がるアート空間

写真:安藤 美紀

地図を見る

さり気なく敷かれた廊下のカーペット、実は既製品ではなく、アーティストはやし まりこ氏がデザインした作品。「祇園の夜」をテーマにしていて、石畳の上に雨に濡れて映る行灯の光をイメージしているそうです。とても素敵なので、ぜひ廊下もチェックしてみてください。

アップルTVも完備!シンプルで機能的な客室

アップルTVも完備!シンプルで機能的な客室

写真:安藤 美紀

地図を見る

フロントやロビーは「おおっ、すごい!」の連続でしたが、客室は、旅慣れた人でも快適に寛げるような最新設備が満載です。

全客室105室すべてにアップルTVが完備され、ユーチューブやTV番組が無料で楽しめます。簡単操作(TVリモコン)で、好きなコンテンツが見られるのは嬉しい限り。しかもサクサク動いてくれるので、ストレスフリー。使ってみると、客室での満足度がグッとあがりますよ。

アップルTVも完備!シンプルで機能的な客室

写真:安藤 美紀

地図を見る

「京都グランベルホテル」の客室は、ほとんどが17平米前後。決して広いとはいえない、どちらかといえばコンパクトなサイズですが、自分だけの空間をつくるにはちょうどいい広さ。

例えばツインルームはベッドの間にソファを設置した、新しいスタイル。友達同士で旅行に行ったとき、スマホを使って調べ物など共同作業をするときは一緒にいたいけど、寝る時は少し距離がほしい…そんなワガママな願いも叶えてくれます。

アップルTVも完備!シンプルで機能的な客室

写真:安藤 美紀

地図を見る

日本の「お重」の考え方にライティングのエンターテイメント性を融合させた、ドリンクコーナー。コーヒーを飲むのが楽しくなります。

窓のない地下室で太陽光を再現した大浴場

窓のない地下室で太陽光を再現した大浴場

写真:安藤 美紀

地図を見る

地下の大浴場は、一歩足を踏み入れると、本物の太陽光が差し込んでいるような空間が広がっています。これは、太陽光を忠実に再現した300wのLEDパネル。光を巧みにコントロールすることで、地球のオゾン層を通した太陽光に限りなく近い光を作り出しました。地下室にいることを忘れてしまうくらい、気持ちのいいお風呂です!

ちなみに、日本初導入のイタリア製の最新照明なので、太陽の疑似体験を楽しめるのは、まだ日本でここだけです。

窓のない地下室で太陽光を再現した大浴場

提供元:京都グランベルホテル

http://www.granbellhotel.jp/kyoto/地図を見る

水面のゆらぎが天井のタイルに反射して、上からも癒しの世界が広がります。※照明は朝と夜の2パターンがあります。

「京都グランベルホテル」流、夜の過ごし方

「京都グランベルホテル」流、夜の過ごし方

写真:安藤 美紀

地図を見る

京都の夜、何をして過ごすそうか迷いますよね。ホテル周辺は京都観光の醍醐味が味わえる場所。どこへ行こうか迷ったら、ホテルから徒歩で約10分の場所にある「八坂神社」がおすすめです。ここは24時間、境内を自由に散策できます。夜はライトアップも行われ、幻想的!本殿だけではなく、摂社・末社も多いので合わせて参拝しましょう。

「京都グランベルホテル」流、夜の過ごし方

写真:安藤 美紀

地図を見る

さて、「京都グランベルホテル」では、夕方6時から深夜3時までバー「KONJIKI 金色」がオープンします。お酒はウイスキーを中心に、京都市上京区にある俳優 佐々木蔵之介さんのご実家「佐々木酒造株式会社」や、京都伏見にある「澤屋まつもと 松本酒造」の日本酒が置かれています。レトロな雰囲気とともに、おいしいお酒をどうぞ。

どっぷり京都を満喫したいなら「京都グランベルホテル」へ

「京都グランベルホテル」は、阪急電鉄京都本線「河原町駅」から歩いて7分、京阪電鉄「祇園四条駅」から歩いて2分という好立地。

夕暮れともなれば軒先に提灯がともる先斗町(ぽんとちょう)や、建仁寺、八坂神社、六角堂、といった観光地名所も徒歩圏内にたくさんあります。また近くを流れる鴨川を、ぶらっとお散歩してみるのもおすすめですよ。ここは京都で夜中まで出歩きたい人に、うってつけのホテル。24時間、京都を遊び尽くしたい人は「京都グランベルホテル」へ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ