スイス、ルツェルンの朝市で美味しいお土産探しをしよう!

| スイス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

スイス、ルツェルンの朝市で美味しいお土産探しをしよう!

スイス、ルツェルンの朝市で美味しいお土産探しをしよう!

更新日:2017/07/04 19:47

高橋 ヨメコのプロフィール写真 高橋 ヨメコ 旅行ライター

スイスでも最も美しい街の一つとされるルツェルン。この街の旧市街では毎週、火曜日と土曜日に新鮮な野菜や果物、ジャム、はちみつ、手作り菓子、チーズ、パン、精肉、鮮魚、生花などが売られる画期的な朝市が開催されます。特に土曜日は、地元の人がこぞってフレッシュな食材を求めてやってくるので大変賑やかです。そこで今回は、この朝市の様子をみなさんにお届けしたいと思います。

- PR -

朝市の開催場所がとても美しい!

朝市の開催場所がとても美しい!

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

朝市はロイス川を挟んだ両岸のバーンホーフ通り(Bahnhofstrasse)、ラートハウスクアイ(Rathausquai)、ウンテル・デル・エック(Unter der Egg)で開催されます。

背景には、街のランドマークカペル橋や旧市街の美しい建築物、山々、湖が望める最高のロケーションです。そんな素晴らしい場所で新鮮な食物のお買い物ができるなんてなんとも贅沢ですよね。

朝市の開催場所がとても美しい!

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

上の写真と向かい側の岸のマーケット通りです。10時ごろにもなるとこの道も買い物客で一杯になります。

青果類の豊富さが何と言っても魅力

青果類の豊富さが何と言っても魅力

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

ルツェルンのマーケットは何といっても野菜や果物の種類の豊富さが魅力で、様々な種類の青果が所狭し、と美しく陳列されています。キャベツにしても4種類以上はあり、日本とは全く異なる根野菜などもスイスは大変に豊富です。どれも近郊の農家が丁寧に作り上げた自慢の「作品」と言えるでしょう。見たことのない野菜や果物を眺めて歩くだけでも楽しいものです。

青果類の豊富さが何と言っても魅力

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

ニンジンやカブの仲間にもこんなに多くの種類があります。ラディッシュ系は調理しないでそのまま食べるのが一番美味しいので買ってかじってみるのもオススメです!甘みのあるものや辛味のあるもの、それぞれに異なった味がします。

青果類の豊富さが何と言っても魅力

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

アーティチョークは日本では舶来品のスーパーなどで大変高価な野菜として売られているのは見かけますが、一般市場では殆ど売られていない不思議な野菜ですね。アーティチョークにもこんなに様々な種類があるとは驚きです!彫刻作品のような姿をしているので思わず飾り等に買いたくなりませんか?

農家の奥さんの自慢の手作りジャムやシロップ、お菓子

農家の奥さんの自慢の手作りジャムやシロップ、お菓子

写真:高橋 ヨメコ

マーケットには、それぞれの農家が手塩にかけて育てた果物などを使用したジャムやシロップも多く売られています。パンにバターとジャムをつけて食べるのは、スイスの一般的な朝ごはんです。朝一番に甘いお砂糖をとってパワーをつけて、いざ仕事や学校に行きます!

また、シロップはスイスの子供達に大人気!水で溶いて飲みます。ヨーグルトなどに入れて食べるのもとっても美味。

どちらもお土産に最適です。

農家の奥さんの自慢の手作りジャムやシロップ、お菓子

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

果物を使用したパイや焼き菓子なども数多く並びます。農家ならではの素朴なお菓子は、甘すぎず心もお腹もほっこりします。ぜひお試しください!

他にはどんなものが売られているの?

他にはどんなものが売られているの?

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

春先になるとハーブがたくさん並びます。ベランダで育てる人、お庭に直接植える人、様々な人たちがハーブを買いに来ます。春から秋にかけてはハーブをふんだんに使った料理が楽しい季節です。

また料理だけではなくハーブティーにしたり、ハーブウォーターなどにもぴったりです。

ハーブの使い道は様々ですね。

他にはどんなものが売られているの?

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

乾燥肉も忘れてはいけません!スイスのそれぞれの地方には自慢の乾燥肉があります。薄く切ってビールやワインのおつまみに最適です。こちらもお土産にするととても喜ばれる品です。

他にはどんなものが売られているの?

写真:高橋 ヨメコ

地図を見る

さすがはチーズ大国スイス、チーズの屋台もたくさん出ます。実にいろいろな種類のチーズがあるのでお願いして試食させてもらいましょう。ハード系のチーズは日持ちもするのでお土産にも大丈夫!お土産にするから、とバキュームパッキングをお願いしましょう。

終わりに

いかがでしたか?ここでは紹介しきれない様々な屋台が多く並ぶので、ぜひ実際に足を運んで見てください!スイスの台所事情を垣間見ることができて楽しいこと必至です。

毎週火曜日と土曜日の8時〜13時の開催です。おすすめは土曜日のマーケットです。10時ごろ行くと出店も揃い、一番賑やかですよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/05/06 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ